妊娠4ヶ月 妊娠初期・超初期

妊娠15週目(妊娠4ヶ月目) 体重やお腹の出かたは?張り腹痛は流産の可能性あり?

更新日:

妊娠15週目はお腹が少しずつ大きくなり、妊娠している実感が湧いてくる時期です。しかし、妊婦さん特有のトラブルが発生し始める時期でもあります。

今回は、妊娠15週目のお腹はどんな状態なのか?発生するトラブルはどんな症状があるのか?等の妊婦さんが参考にできる情報を紹介します。

妊娠15週目のお腹の大きさ

妊娠15週目になるとママの子宮の大きさはグレープフルーツ程度のサイズになります。そして、お腹の大きさは服の上からでもわかるようになるので、お腹の締め付けを避けるようなゆったりとした服装(マタニティウエアやマタニティブラ等)を着るようにしましょう。

妊娠15週目のママの体重

この時期には赤ちゃんと子宮が急速に大きくなります。そのため、妊娠15週以降は一週間あたり、体重は0.3~0.5kg程増加していきます。妊娠前の体重と比較すると、15周目時点では2kg未満の体重増加です。

油断して一気に増やしすぎない

妊娠15週目は子宮内の胎盤が完成し始める頃です。すると、母体のホルモンバランスが安定し始め、つわりや吐き気といった症状が治まりやすくなります。これらの症状が改善することで食欲が増し、食べ過ぎる妊婦さんがいます。しかし、体重が急激に増加すると産道に脂肪が付き、出産時の負担につながる恐れがあるので注意が必要です。

妊娠15週の赤ちゃんの成長は?

お腹にいる赤ちゃんは妊娠15週目になると、筋肉・骨が成長し、身体の細部が形成されます。さらに、皮膚に厚みが出始め、産毛や髪の毛が生えてきます。

赤ちゃんの大きさは約15センチ

妊娠15週目では赤ちゃんの身長が約15ⅽm、体重は約100gに成長し、羊水の中で動き始めます。

これらの成長具合はあくまで目安となっており、個人差があります。もし、このような成長をしていなかったとしても、定期検診にて経過が問題なければ心配する必要はありません。

吸啜反射・探索反射・嚥下反射をするように

吸啜反射とは赤ちゃんが自身の親指に吸い付いたり、舐めるといった行動を起こす反射です。エコー検査で見られることがあります。そして、探索反射は唇に触れたものの方向を向く行為で、出産後にママの乳首を探す反射となっています。次に、嚥下反射は飲み込む反射のことで、乳首に吸い付いた後、飲み込むといった行動につながる行為です。

これらの反射は妊娠15週目を迎えると起こるようになります。

赤ちゃんの性別は?

赤ちゃんの性別は受精した時点で決まっていますが、どの赤ちゃんも初めは女の子の身体に見えている、と言われています。妊娠15週目の成長具合では検診により性別を確認することは難しいです。早い場合では妊娠18~20週目で確認できるようになります。

妊娠15週目のお腹の中の様子

お腹の中は妊娠15週目になり、胎盤が完成すると、赤ちゃんへ酸素や栄養がへその緒を通して直接送られます。さらに、ママの感情も赤ちゃんへ伝わるとされているので、ストレスを溜めないように、リラックスした状態を意識することが大切です。

妊娠15週目の出血

妊娠15週目に現れる症状として、出血があります。この出血には様々な原因が考えられますが、場合によっては妊娠を続けられなくなるケースも存在します。そのため、症状が現れた時にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

お腹の張りが頻発する、切迫流産・切迫早産

切迫流産とは、流産が起こる可能性がある状態を意味します。そして、下腹部の痛みや出血といった症状は切迫流産の兆候となっています。また、切迫早産は妊娠22~36週目に子宮収縮や子宮が開くといった状態になり、早産する可能性を示す症状です。この兆候として、お腹の張りや出血、下腹部の痛みが挙げられます。

これらの症状が現れた場合は流産・早産へつながる可能性があるため、早急に産婦人科へ相談し医師の指示に従って体に負担をかけないことが大切です。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは子宮の出口となっている子宮頸管にポリープができている状態を指します。妊娠の継続に問題はありませんが、内診や性行為等によって出血を起こすケースがあります。

子宮膣部びらん

子宮膣部びらんは膣部の粘膜がただれている状態を指し、個人差があります。病気ではないものの、症状が重い場合には医師へ相談して、適切な治療を受けるようにしましょう。

前置胎盤

前置胎盤は通常より低い子宮口の近くまで胎盤が下がり、子宮口を塞ぐような形になる状態です。この状態のままでは、赤ちゃんが外へ出られなくなる恐れがあります。帝王切開での出産がほぼ確定する症状です。

常位胎盤早期剥離

胎盤は赤ちゃんが栄養と酸素を受け取る大切な部位ですが、赤ちゃんがお腹にいる状態でこの胎盤が剥がれてくることを常位胎盤早期剥離と呼びます。

常位胎盤早期剥離が起こると子宮壁から出血を起こし、血腫により胎盤が圧迫されます。すると、胎盤の機能が上手く働かなくなり、赤ちゃんに影響が出る可能性があります。妊娠を継続するためにも、医師による治療が必要な症状です。

子宮頸管無力症

子宮頸管無力症は陣痛が来て開くはずの子宮口が、妊娠中期で開いてしまう状態です。目立った兆候のないことが特徴で、エコー検査によって子宮頚管が短くなっている、羊水腔が突き出るといった症状が確認できることで子宮頸管無力症と診断できます。

妊娠15週目のマイナートラブル詳細

妊娠15週目になると、子宮と赤ちゃんが大きくなることにより、腹痛や足のむくみといった様々なトラブルがママの体に起こり始めます。どのようなトラブルが起こるのか、事前に確認しておくとよいでしょう。

腹痛

妊娠15週目を迎えると感じるようになる腹痛。この症状は大きくなった子宮を支える靭帯が痙攣することが原因の一つです。お腹の張りや痛みを感じたときは楽な姿勢をとって、痛みが和らぐのを待ちましょう。

足の付け根部分の痛み

妊娠15週目に感じられる足の付け根部分の痛みは、引っ張られるような感覚やチクチクとした痛みが特徴となっています。原因としては、子宮を支える靭帯が引っ張られていることや、お腹が大きくなることで足の付け根に負荷がかかっているといったことが挙げられます。

この症状に関して、赤ちゃんへの影響はありませんが、あまりに痛みがひどい場合は別の病気である可能性もあるため、医師へ相談してみましょう。

腰痛

妊娠中に感じる腰痛は妊娠初期の段階に分泌されるリラキシン、という女性ホルモンが原因とされています。このホルモンは靭帯を緩くする働きがあるため、腰に負荷がかかると腰痛を感じやすくなります。さらに、お腹が大きくなるにつれて仰け反るような姿勢をとることで腰に負担がかかることも原因の一つです。

改善するには、妊婦さん用に作られた腰へ負担がかからないベルトを装着したり、なるべく腰に負担がかからない姿勢を意識します。

足のむくみ

足のむくみは妊娠15週目を過ぎると感じられるようになる妊婦さんが多くいます。原因として、子宮が大きくなることで血管が圧迫され、足の血液が停滞することで起こります。さらに、塩分の多い食事をすることで、身体の中に水分が溜まりやすくなってくることも原因一つです。手足の指の運動や、足を高い位置において横になる等の対策で症状を和らげやすくなります。

貧血

妊娠中の貧血の原因には身体の循環血液量が増加していることが挙げられます。循環血液量が増えることで赤血球の生成が間に合わなくなり貧血につながっています。また、赤血球の生成を助けるビタミンB1・2や葉酸が不足していることも原因の一つです。貧血は食事による改善方法が効果的となっています。鉄分やタンパク質、ビタミンCといった栄養素が必要です。

鼻血・鼻づまり

妊娠により循環血液量が増加することで、鼻の粘膜が充血しやすくなります。そのため、鼻血が出やすくなったり、鼻の粘膜が腫れたりすることで空気の通り道が狭まり、鼻づまりを感じる妊婦さんもいます。このような症状は妊娠すれば現れるものなので、心配しすぎる必要はありません。

気晴らしもたまには大事

妊娠中は妊娠前に現れなかった様々な症状やトラブルが発生します。しかし、あまり不安になりすぎてもストレスがかかり、より身体へ負担がかかりやすくなってしまうため、適度な気晴らしをしながらリラックスして過ごすことが大切です。

 

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠4ヶ月, 妊娠初期・超初期

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.