妊娠初期・超初期

妊娠初期の飛行機搭乗に問題は?知っておきたい妊娠中の搭乗ポイント 

更新日:

出産前の旅行や帰省などで、飛行機に乗ることを考えている妊婦さんもいるでしょう。そんな時「妊娠中に飛行機に乗ったら赤ちゃんに影響が出るのでは?」と心配になってしまいますよね。今回は、飛行機搭乗による赤ちゃんへの影響や搭乗の際に気を付けるポイントなどをご紹介します!

妊娠初期の飛行機搭乗、胎児の発育に問題はない? 

機内は気圧の変化が激しく、天候によっては激しく揺れる場合もあります。飛行機に乗る予定のある妊婦さんや妊娠に気付かずに飛行機に乗ってしまった妊婦さんは、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。飛行機搭乗による赤ちゃんへの影響を詳しく紹介します。

胎児奇形の原因になる可能性は?

今のところ、飛行機搭乗が胎児奇形の原因になり得るという研究結果は発表されていません。

しかし、妊娠超初期を含む妊娠初期は細胞分裂が盛んに行われていることに加え、胎盤がまだ不安定な状態です。飛行機搭乗が思わぬトラブルを引き起こす可能性も否定できません。

飛行機に乗る予定のある妊婦さんは念のため、医師に相談しておくと良いでしょう。すでに飛行機に乗ってしまった場合も同様です。

これから飛行機に乗る予定がある人は、航空チケット購入時や登場の際に、妊娠初期であることを航空会社のスタッフに伝えておくと安心ですよ(^^)

妊娠初期の飛行機搭乗、不安材料は「つわり」と「エコノミー症候群」 

飛行機搭乗による胎児への影響は今のところ報告されていませんが、妊娠中の飛行機搭乗の際はつわりとエコノミー症候群に注意が必要です。

つわり

妊娠初期はつわりがきつい時期でもあります。気圧の変化や風通しの悪い環境によって、つわりが悪化する場合もあるので、念のためつわり対策をしておくと良いでしょう。

エチケット袋を多めに用意したり、トイレの近く・通路側の座席をとるなど、万が一の場合に対応できるようにしておくと安心ですよ(^^)楽な服装で搭乗することも大切です。

また客室乗務員にも妊娠中であることを伝えておくと、急な体調不良の際もサポートしてもらえます。

エコノミー症候群

狭いスペースで同じ体勢をとり続けることによって引き起こされるエコノミー症候群にも気を付ける必要があります。

エコノミー症候群になると血栓ができるだけではなく、できた血栓が他の血管を詰まらせ、危険な状態に陥る可能性があります。妊娠中でなくてもなり得るものですが、妊娠中は分娩に備えて血液が固まりやすくなっているので特に注意が必要です。

フライト中では水分補給をこまめにしたり、時々体勢を変えるなど、エコノミー症候群にならないよう気を付けながら過ごすようにしましょう。

気圧の変化による影響は?その他に気をつけたいポイント

妊娠中の飛行機搭乗では、気圧の変化による影響も気になるところです。気圧の変化の他にも気をつけたいポイントがありますので、飛行機に乗る予定のある妊婦さんは参考にしてみてください。

耳鳴りや息苦しさなどの体調不良を感じることも

フライト中は気圧が変化することによって耳鳴りがしたり、息苦しさを感じる場合があります。

基本的に気圧の変化が母体や胎児の発育に影響を及ぼすことはないとされていますが、体調不良を感じる可能性があることは頭に入れておきましょう。

万が一、体調に変化が起きた場合は無理をせず、客室乗務員に相談するようにしてくださいね。あらかじめ妊娠していることを伝えておくことが大切です。

風邪やインフルエンザなどのウィルス感染に注意 

飛行機の中では窓を開けて空気の入れ替えをすることができません。閉ざされた空間の中に大勢の人がいるので、風邪やインフルエンザなどのウィルス感染には十分注意が必要です。風邪やインフルエンザなどによる高熱は胎児奇形へ繋がる可能性もあります。

飛行機に乗る予定のある場合はあらかじめ予防接種を受けるようにし、当日はマスクを着用するなど感染の予防に努めましょう。

妊娠8カ月だけど大丈夫?妊婦優先搭乗やキャンセル料について

妊娠初期はもちろんのこと、妊娠後期であっても飛行機の搭乗は心配になってしまいますよね。妊娠後期での飛行機の搭乗条件や優先搭乗サービス、そして搭乗予定便をキャンセルすることになった場合の料金について詳しく紹介します。

妊娠中、飛行機には何回、いつまで乗れる?

妊娠中の飛行機搭乗について回数制限はありません。また、妊娠中の飛行機搭乗についても、基本的に制限はないとされていますが、妊娠週数によっては条件を設けている航空会社もあります。

各航空会社によって条件などは異なりますので、搭乗前にかならず利用予定の航空会社について調べておきましょう。「どうしても体調や赤ちゃんが心配」という場合は、安定期の搭乗が1番安心ですよ(^^)

日本航空(JAL)の搭乗条件

【 JAL国内線】

出産予定日を含む28~8日前までの搭乗は医師の診断書が必要となります。なお、この診断書は搭乗の7日以内に作成されたものと指定されているので、あらかじめ準備をしておきましょう。

また、出産予定日を含む7日以内の搭乗については診断書に加え、産科医師の同伴が必要となります。

【JAL国際線】

・出産予定日を含む4週間以内の搭乗

・予定日が定まっていない

・多胎妊娠

・早産の経験がある

上記4つのいずれかに当てはまる場合は、7日以内に作成された医師の診断書の提出が必要となります。なお、出産予定日を含む14日以内の搭乗には診断書の提出に加え、産科医師の同伴が必要です。

全日空(ANA)の搭乗条件

【ANA国内線】

出産予定日を含む28~8日前までの搭乗は、7日以内に作成された医師の診断書が必要となります。また、出産予定日を含む7日以内の搭乗については、診断書に加え産科医師の同伴が必要です。

【ANA国際線】

JALのような詳しい条件はありません。しかし、出産予定日を含む28~15日以内の搭乗の場合、7日以内に作成された医師の診断書が必要となります。

なお、出産予定日を含む14日以内の搭乗の場合は診断書に加え、産科医の同伴が必要となりますので、妊娠後期に飛行機搭乗の予定がある妊婦さんはあらかじめ準備をするようにしましょう。

スカイマークの搭乗条件

スカイマークでは出産予定日を含む28日以内の搭乗は医師の診断書が必要とされています。

なお、国際線では出産予定日を含む14日以内国内線では出産予定日を含む7日以内の搭乗は産科医の同伴が必要です。

復路がある場合、診断書は往路出発の7日以内に作成されたものが必要となります。往復で飛行機を利用する場合は、診断書の作成日に気を付けるようにしましょう。

妊婦優先搭乗って?

妊婦さんは飛行機の優先搭乗を利用することができます。JALやANAでは事前改札サービスと呼ばれており、妊婦さんは座席に関わらず優先的に搭乗をさせてもらえるサービスです。

余裕を持って搭乗することができるので、お腹の大きい妊娠後期での搭乗では特に嬉しいサービスですね。

利用の際は、搭乗口の係員に妊娠中であることを伝えれば大丈夫です。私も里帰り出産で飛行機に乗った時はANAの事前改札サービスを利用しました(^^)

人も少なく、焦る必要がないのでとても助かりましたよ♪

急な体調不良!キャンセル料金について 

万が一、急な体調不良で搭乗をキャンセルする場合、航空会社によって手数料などが異なることも知っておきましょう。

なお、キャンセルと言っても航空会社には払い戻し予約取り消しがあります。搭乗自体を取りやめる場合は払い戻しを行い、日付や便を変更する場合は予約取り消しとなりますので間違えないようにしてくださいね。

日本航空(JAL)のキャンセル料

JALの航空券の払い戻しを行う場合、手数料が440円かかります。なお、予約取り消しの場合、一般的な搭乗予定便の出発前であれば無料でキャンセルが可能ですが、出発後のキャンセルは搭乗料の90%相当の手数料がかかります。

当日の交通状況や急な体調不良で予定便の搭乗をキャンセルする場合、出発時間の前にキャンセル手続きを済ませるようにしましょう。

なお、搭乗券の種類によってはキャンセルが不可のものもあります。

全日空(ANA)のキャンセル料

ANAの航空券の払い戻しを行う場合、JALと同じく440円の手数料がかかります。ただしANAの場合、予約取り消しの際の料金がJALとは異なるので注意が必要です。

ANAの搭乗取り消しは、出発時刻の前でも最大で搭乗料の60%相当の手数料がかかります。予定便の出発後だと100%の搭乗料が手数料としてかかりますので、キャンセルをする際はできるだけ早めに行うのが良いでしょう。

ANAもJALと同じく、搭乗券によってはキャンセルが不可なものもあります。

スカイマークのキャンセル料

スカイマークの場合、払い戻し手数料は500円となっています。また、搭乗取り消しは、出発前までは無料で手続きを行うことができますが、出発後の取り消しは手数料が5,000円かかります。

スカイマークの場合についても普通運賃とセールなど特別運賃では各手数料などが異なってきますので、キャンセルをする場合は自身の航空券の種類と手数料の確認を行うようにしましょう。

双子妊娠の場合 

双子妊娠の場合、航空会社によっては妊娠36週以前でも医師の診断書が必要な場合があります。ANAやスカイマークには多胎妊娠についての記載はありませんが、JALのHPには「双子以上の場合は医師の診断書が必要」と記載されています。

双子妊娠の場合は、念のため問い合わせ窓口に電話をして聞いておくとより安心ですよ(^^)

まとめ

妊娠初期での飛行機搭乗の際は体調の変化に気を付けましょう。妊娠後期での搭乗予定で早産や前置胎盤と診断されている人は、医師の診断を受けてから搭乗するようにしてくださいね。

また、国際線と国内線で搭乗条件が異なるので、飛行機搭乗を考えている妊婦さんは早めに調べておくと良いでしょう。体調や赤ちゃんへの影響がどうしても心配な人は、安定期に搭乗するのが1番安心でしょう(^^)

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.