妊娠初期・超初期 妊婦の体ケア 妊婦の病気・お腹の張り・痛み

右腰は要注意!妊娠初期に腰が激痛…原因や緩和対策について

更新日:

妊娠初期症状で腰の痛みを感じやすくなりますが、妊娠初期に腰痛になるのはなぜか、妊娠をした人にとっては不安を解消したい疑問です。特に右側だけの場合は注意が必要なこともありますので、詳しく見ていきましょう。

妊娠初期に腰痛になるのはなぜ?

これまで腰に痛みを経験したことのなかった人でも、年代なども関係なく、妊娠初期には腰痛を感じやすくなります。胎児が成長をしたことで姿勢が変化したことによる腰の痛みが出てきますが、ホルモンのリラキシンの作用も影響をしているためです。

靭帯や背骨関節にゆるみが生じるので、女性の骨盤は不安定な状態となります。おなかが大きくなるにつれて腰をそらせた状態になりますし、姿勢の矯正や維持も難しくなるのも原因です。

運動不足による血行不良

妊娠初期症状で感じる腰痛の原因の一つは、運動不足による血行不良も腰の痛みに深くかかわっています。子供を宿した喜びは大きい半面で、妊娠初期には吐き気やつわりの症状も出てきやすく、具合の悪さから思うように行動をすることができません。

起き上がっているのもつらいことがあるので、妊娠前のように体を動かすのが大変になり、慢性的な運動不足に陥りやすいです。運動や歩く機会が減るので、全身の血液の巡りは悪くなりますし、倦怠感もプラスされてしまうので、余計に腰回りのつらさを感じやすくなります。

つわりのときには無理に動くことはないですが、運動が足りなさすぎると血流は悪くなるばかりです。

足の付け根の痛み

妊娠すると体調に様々な変化を感じ始めますが、妊娠初期症状として足の付け根に痛みを感じるケースもあります。足の付け根に感じる痛みの引き金の一つは、女性ホルモンの黄体ホルモンであり、骨盤の関節を緩ませたり、子宮の筋肉を緩ませたりしますが、これはすべて赤ちゃんを守るためです。

また出産で赤ちゃんが産道をできるだけ通りやすくするように、リラキシンは恥骨結合を緩ませるなど、主産の準備のために動いてくれます。リラキシンや黄体ホルモンは、妊娠により関節を緩ませたり、筋肉の緊張を促すので、足の付け根に痛みを生じやすいです。

女性の子宮は内側の円靱帯により支えられているものの、胎児が成長をすると、靱帯も比例して張りが出てくるので、円靱帯のつれが引き金になることもあります。

いつから腰痛が発生した?

いつから腰痛は発生するのかどうか、これは妊娠初期症状の一つなので、対策をするためにも知っておくべき情報です。

大体妊娠して3ヵ月頃からは、ホルモンのリラキシンの分泌が盛んになるころであり、この時期からは腰痛を経験する時期になります。赤ちゃんがスムーズに出産できるように、リラキシンのホルモンは靭帯を緩めたり関節を緩めたりするため、負担がかかるのは腰やおしりです。骨盤を支える力の負担が腰にかかるので、腰痛を意識しやすくなります。

妊娠前から腰痛を感じることがあった人であっても、いつもと違う腰痛は妊娠超初期のサインかもしれません。妊娠初期には卵巣ホルモンが分泌をされるので、骨盤は緩まり不安定になるので、妊婦の腰痛は起こりやすいです。安定できない骨盤をサポートするのは、周囲の筋肉だけが頼りになる増すので、骨盤周辺の筋肉にはやがて大きな負担がかかります。

特に腰から骨盤周辺には、鈍い痛みを感じることはありますし、背中まで痛みを経験する人もいるくらいです。

腰痛が片側だけに起こる

腰の痛みは妊娠初期症状で多くの人が経験をしやすいことですが、腰痛が片側だけに起こることもあります。妊娠をすると次第に体重は増加をしていくので、姿勢も気が付かないうちに変化をしますが、この時に大きな負担がかかるのが腰です。

腰椎や骨盤は妊娠により前の方向へと傾くようになるので、今までとは重心が変わって、前方に重心がかかり始めます。

そのまま前方に重心が掛かれば倒れるので、支えるためにも後方に背中の筋肉が支えるので、背中の張った状態が続くことで腰痛は起こりますし、片方だけ負担がよりかかることも少なくはありません。

卵巣ホルモンのリラキシン分泌の多さも、腰痛には深くかかわる要因であり、これは妊娠3ヵ月くらいで分泌増加をするホルモンです。

激痛!耐えられないほどの痛み

激痛を感じるくらいの耐えられないほどの痛みは、軽い筋肉痛の痛みをはるかに超えていますから、妊娠初期に感じる腰痛はかなり負担になることです。

立って歩くことのできない激痛を感じたり、チクチクの痛みがズキズキに変化をしたり、継続的なズキズキした痛み、それに出血があるようなら、即効で病院へ行かなければなりません。

耐えられないくらいのレベルの場合は、何かの病気にかかっている可能性もあるので、耐えるのではなく病院で診察をしてもらうことです。

腰から骨盤の周りにかけて痛みが出やすい

腰から骨盤の周りにかけて痛みが出やすいのも、妊娠初期症状のひとつであり、これまでよりも骨盤周りの筋肉に、大きな負担がかかるのが原因です。本来骨盤をサポートするべきものが、出産の準備より緩まる状態ですから、骨盤の周辺に存在をする筋肉が妊娠中の骨盤を助ける役割になります。

胎児の成長とともにおなかも大きくなりますし、ただでさえも骨盤をヘルプする筋肉への負担は大きいですから、腰から骨盤周辺にかけては、特に痛みが強く出やすいです。

腹痛と腰痛が同時に?

これまでになかった体の症状が出始めるのも妊娠初期症状ですが、腹痛と腰痛が同時に起こると不安は大きくなるばかりです。ダブルの痛みが起こる理由の一つは、妊娠によるホルモンバランスの乱れであり、妊娠初期にはあらゆるホルモンが分泌されます。

エストロゲンやプロゲステロン、ヒト絨毛性ゴナドトロピンなどのホルモン分泌は、腸の活躍をこれまでよりも鈍くするので、腸機能が若干下がりますが、これも腰の痛みと腹痛を招く要因です。

右だけ?片側に起こる腰痛

妊娠初期症状が起きてなぜか右だけという、片側に起こる腰痛を感じるときには要注意です。腰痛は全体的に感じやすい症状ですが、もしも右側だけにつらい痛みを感じるようであれば、水腎症を発症している可能性があります。

病気かどうかを判断するには自己判断はできませんので、病院でのエコー検査を受けて医師の指示に従うことです。水腎症は妊娠初期に発症をするケースが多く、放置をすると尿道を子宮が圧迫するので、十分な排泄ができなくなる可能性があります。

妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

妊娠初期症状でほとんどの妊婦が経験をすることですが、妊娠初期の腰痛はいつまで続くのか、早く楽になりたいと考えます。腰の痛みに関しては、妊娠による体系の変化や、ホルモン分泌の増加がかかわるので、一概にいつまでと決めつけることはできません。

ですが、目安としては妊娠をしてから、12週間から15週間くらいには、体内のホルモン分泌が落ち着いてきますので、腰の痛みはだいぶ軽減される時期です。

妊娠後期となる8ヵ月目以降になると、今度は赤ちゃんが一気におなかの中で成長をするので、支えるための負担がかかります。体内ホルモン分泌は穏やかになったとしても、今度は大きくなった胎児を支える筋肉が負担になって、腰の痛みを感じやすくなるので、後半にも痛みは感じやすいです。

腰痛が辛いときは血行改善がおすすめ

妊婦が悩みやすい妊娠初期症状の、腰痛が辛いときは血行改善がおすすめの対処方法です。つわりなどつらい症状も出やすい初期ですから、どうしても体を動かすのも億劫になりがちであり、動かなければ血液の流れは滞るばかりです。

その日の自分の状態とも相談をして、軽く運動をするようにすると、血液の流れはよくなるので、同時に痛みもだいぶ軽減されます。運動をするのがつらい時は、腰を温めることができる、貼るカイロを使うのが良い方法です。

貼るカイロは直接腰に貼ると低温火傷の可能性があるので、下着に張り付けて腰を温めると血液の流れは程よく改善します。仙骨はヒップのすぐ上にあり、貼るカイロは仙骨の部位をポイントに貼ると、より血液の流れはよくなるので、貼る場所にも注意です。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期, 妊婦の体ケア, 妊婦の病気・お腹の張り・痛み
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.