妊娠初期・超初期

妊娠初期におこる便秘の原因は?赤ちゃんへの影響や便秘解消法を解説!

投稿日:

妊娠が発覚したばかりのママ、便秘症状に悩まされていませんか?妊娠初期に便秘になるママは少なくありません。つわりがある上にお腹が苦しいのはつらいですよね.......。今回は少しでも便秘を楽にできるよう、原因や解消法を詳しくご紹介します!

妊娠初期の便秘になるのはなぜ? 

妊娠初期の便秘はよくあることとご紹介しましたが、なぜ妊娠をすると便秘になりやすいのでしょうか?妊娠初期に便秘になりやすい原因をご紹介します。

妊娠によるホルモンバランスの変化 

妊娠をするとホルモンバランスが変化します。そして、そのホルモンの働きによって便秘が引き起こされるのです。妊娠によって分泌が盛んになる女性ホルモンの中に黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンがあります。この黄体ホルモンには腸の蠕動運動を低下させる働きがあります。

また、この黄体ホルモンには体に水分を溜めようとする働きも。便から水分が奪われて便が硬くなり、出にくくなるため便秘になりやすいのです

自律神経の乱れ 

腸の動きには自律神経系が大きく関わっているため、自律神経が乱れることによって便秘になりやすくなります。妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れますが、自律神経と女性ホルモンの分泌調整を行っている部分は同じであるため、一緒に自律神経まで乱れてしまうのです。

運動量の減少 

妊娠をすると運動量の多い動きをすることができなくなりますよね(><)運動は腸の動きを活発にするため、運動量の減少によって便秘の原因になってしまうのです。

それだけでなく、運動量が減少することにより腹筋などの筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ると踏ん張る力が弱くなるため、便が上手く排泄できすに便秘を引き起こしやすくなります。

水分補給や食事の変化 

妊娠初期はまだつわりの真っ最中であることがほとんどです。つわり中は食の好みが変化することが多く、人によっては特定のものしか摂取できなかったり、口に物を入れことすら嫌になる人もいます。

不規則な食事や栄養バランスの整っていない食事は便秘を引き起こしやすくなります。また、水分を摂るのも難しいという人は便が硬くなるため、より便秘になりやすい状態に。

子宮が大きくなる 

子宮が大きくなってくると、便の通り道である腸を圧迫してしまいます。腸が圧迫されるとスムーズに便が肛門へ移動しなくなるので、便秘となってしまうのです。子宮はどんどん大きくなるため、妊娠初期には便秘の症状がなくても妊娠中期・後期あたりから便秘がちになったというママもいます。

「おなかの赤ちゃんは大丈夫?」便秘による赤ちゃんへの影響 

妊娠中に便秘になると「赤ちゃんへ悪い影響があるのでは?」とママは心配になってしまいますよね。便秘による赤ちゃんへの影響についてご紹介します。

毒素が赤ちゃんに届く?

便が溜まることによってママの体内に毒素が溜まっていることになりますが、その毒素が赤ちゃんへ届く心配はないと言われています。

赤ちゃんのいる子宮内は羊水で満たされていて無菌状態なので安心です。また、赤ちゃんは必要な栄養だけをへその緒から吸収しているので、便秘になったからと赤ちゃんへの影響を心配しすぎる必要はありませんよ(^^)

便が溜まると赤ちゃんが苦しくなる?

便によって赤ちゃんが圧迫されるのでは?と思うママもいるでしょう。基本的に内蔵は柔らかく、形が変わるので赤ちゃんが押しつぶされてしまう心配はありません。子宮内では羊水に赤ちゃんが浮かんでいる形になっています。便が溜まったからといって、赤ちゃんが窮屈になることはないので、安心して大丈夫ですよ(^^)

妊娠初期の便秘でいきむのはアリ?ナシ?

便を出そうとつい強く踏ん張ってしまいがちですが、妊娠中はできるだけ必要以上にいきまないようにしましょう。基本的に便を出すときの踏ん張りが赤ちゃんに影響することはないとされていますが、場合によっては切迫早産に繋がるケースもあります。

出産でいきむタイミングの時に「便を出すような感じで!」と言われるほど、便を出すときの力の入れ方といきみ方は似ています。便を出すことにこだわりすぎて、強すぎる力で踏ん張るのは避けるようにしてくださいね。

とはいえ、「踏ん張るのが怖いから……」と力を抜きすぎても便が出ず、便秘となってしまいます。いきみ過ぎなければ問題ありませんので、”普段通り”を意識すればトラブルに繋がることもないでしょう。

妊娠初期の便秘の解消法 

妊娠初期の便秘はよくあることとはいえ、いつまでも便でお腹が張って苦しいのはつらいですよね(><)ここでは妊娠初期の便秘を少しでも楽に乗り切れるよう、さまざまな便秘の解消法をご紹介します。妊娠してから便秘に悩んでいるママはぜひ実践してみてくださいね!

マッサージ 

妊娠中に便秘になったらマッサージをしてみましょう。お腹を”の”の字を書くようにマッサーシすることで、腸に刺激を与えることができます。ただし、便を出すことを考えすぎて、力を入れすぎないよう注意をしてくださいね。

水分補給をする 

水分不足も便秘の原因になってしまうため、水分補給をこまめにしましょう。妊娠中はホルモンの影響で便の水分が奪われやすくなっています。水分が不足していると便は硬くなり、排泄がスムーズにできずに便秘になりやすくなってしまうのです。

酷いつわりで水分補給さえ難しいという妊婦さんもいるでしょう。ジュースでも大丈夫なので、飲めるものを選んで水分補給はしっかりするようにしてくださいね。つわり中は炭酸水を飲んだり氷を口に含むのもおすすめです(^^)

食物繊維をとる 

便秘に食物繊維の摂取が効果的なのは知っている人も多いはず(^^)食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類あります。

水溶性食物繊維は便に溶け、便を柔らかくします。便が柔らかくなると、腸の中を通りやすくなるため便秘解消に効果的です。水溶性食物繊維は果物や海藻に多く含まれていますので、普段の食事にプラスしてみましょう!

一方、不溶性食物繊維は便に溶けませんが、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活性化する働きがあります。妊娠中は腸の蠕動運動の低下によって便秘になりがちです。

妊娠中に便秘気味かもと感じたら、不溶性食物繊維を多く含む根菜類やきのこ類を積極的に食事に取り入れてみてくださいね!

乳酸菌を摂取する 

便秘になっている時の腸内は悪玉菌が増えやすい環境になっています。悪玉菌が増えるとガスも発生し、お腹が張っている状態になってしまいます。便秘がちになったら、乳酸菌など善玉菌を積極的に取り入れられるよう意識してみましょう。腸内の善玉菌が増えると、腸内環境が整った状態になり、腸の蠕動運動も活性化します。

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれています。乳酸菌は食後に摂るのが良いと言われていますので、デザートとしてヨーグルトを食べてみるなどしてみてくださいね(^^)バナナなどを加えると、より乳酸菌を効率的に摂取することができるので、アレンジをしてみるのもおすすめ♪

病院で薬をもらう 

どうしても便秘でつらい場合は病院で薬を処方してもらいましょう。市販の便秘薬もありますが、腸の蠕動運動を活性化する薬は子宮の収縮も誘発してしまう可能性があります。「便秘薬くらいなら.......」と自己判断することは決してしないようにしてくださいね。

妊婦さんには酸化マグネシウムが処方されることが多く、私ももらって飲んでいました(^^)酸化マグネシウムは強力な下剤ではないため、クセになりにくいのが特徴です。また、体内にほとんど吸収されないので、赤ちゃんへの影響も心配ないとされています。

マッサージや食事で便秘がなかなか解消されない場合は、医師に相談してみてください。産婦人科以外を受診する場合は、妊娠していることを伝えた上で薬をもらってくださいね。

生活スタイルを改善する

不規則な生活を送っていると腸のリズムも乱れ、便秘になりやすくなります。妊娠初期の妊婦さんは体調不良もあり、なかなかいつも通りの生活を送ることが難しいですよね。無理に生活リズムを整えようとするのではなく、できる範囲で起床時間や就寝時間、食事の時間などを一定にしてみましょう。

また、運動は腸の動きを活性化するので、体調の良い日は散歩に出かけてみたり、ストレッチを行うのも良いですね(^^)体重管理にも繋がるので一石二鳥ですよ♪「生活リズムを整えないと!」と無理をすると体調が悪化する可能性があるだけでなく、ストレスによってかえって便秘を引き起こすことになってしまいます。

あくまでも自分のペースで生活リズムを整えるようにしてみてくださいね(^^)

妊娠初期の症状は便秘だけではない? 

妊娠初期の症状には個人差があり、便秘以外の症状が出ることもあります。妊娠初期にあらわれやすい体調の変化についてご紹介します。

下痢 

妊娠によって自律神経が乱れると、便秘ではなく下痢になる妊婦さんもいます。「妊娠が発覚してから下痢気味……」と感じている妊婦さんは冷たい物を控えたり、消化の良いものを食べるようにすると良いでしょう。

人によっては便秘と下痢を繰り返したという人も。症状がコロコロ変わるのはつらいですが、その時々に適切な対処法を知っておくと、いざ症状が出た時にストレスを溜めずに済みますよ(^^)

腹痛 

妊娠初期の症状として腹痛を経験している妊婦さんは多くいます。お腹が張ったような感じで苦しいという場合は便秘が考えられますが、ギューっとした生理痛のような痛みを感じる場合もあります。

この生理痛のような痛みは子宮が大きくなることによって感じやすい痛みです。子宮は赤ちゃんの成長に合わせて大きくなりますが、引き伸ばされた子宮は反射的に元に戻ろうとして縮みます。この時感じるのが、ギューっと締められたような痛み。

生理痛のような痛みを感じたらまずは安静にしましょう。1時間以上収まらない場合は他の原因が考えられますので、すぐに医師に相談をするようにしてくださいね。

出血 

出血が見られたら思わず驚いてしまいますが、妊娠初期の出血は問題のない場合がほとんどです。受精卵が着床する際、子宮内膜の奥深くまで潜りこみますが、この時に出血することがあります。これを着床出血と呼び、基本的に心配する必要のない生理的な出血です。

出血が鮮血である場合や生理の量よりも多い出血が見られた場合は、子宮でのトラブルも考えられます。出血の状態をよくチェックし、状況に応じて医師に相談しましょう。

つわり 

妊婦さんの半数以上が経験すると言われているつわり。特に妊娠初期で症状が出ることが多いと言われています。つわりの原因は未だに分かっていませんが、妊娠することによって分泌されるホルモンの影響ではないかと言われています。

一言でつわりと言っても、嘔吐をする吐きつわりや食べ物を口にしていないと気分が悪くなってしまう食べつわりなど、その症状はさまざまです。嘔吐をするつわりの場合、バナナやパイナップルに多く含まれるビタミンB6がつわりの軽減に効果的だとされていますよ!ぜひ積極的に摂取をしてみてくださいね!

トイレの回数が増える

妊娠によって子宮が大きくなると膀胱を圧迫し、頻尿になる場合があります。妊娠初期では症状が出なくても、子宮がどんどん大きくなってくる妊娠中期・後期で症状がでる場合も。

また、妊娠中はママの血液量が増えるため、腎臓で処理をする血液量も多くなります。処理をする血液量が増えると、腎臓ではいつもより多く尿が作られ、結果頻尿となってしまうのです。

トイレへ必要以上に行かなくて済むよう、利尿作用があるカフェインの摂取はできるだけ控えると良いでしょう。

妊娠初期の便秘は上手く解消しよう! 

妊娠の有無に関わらず便秘はつらいもの。妊娠中は便秘以外にも体調の変化があることが多く、特につらく感じますよね(><)便秘気味かも……と思ったら、まずはマッサージなど薬を使わない解消法を試してみてくださいね!それでも改善しない場合は、下剤を処方してもらいましょう。

便秘はとてもつらいですが、基本的に赤ちゃんへの影響はないとされていますので安心して大丈夫ですよ(^^)あまりストレスに感じてしまうとかえって便秘となってしまいますので、深く悩まずに自分に合った解消法を探してみてくださいね♪

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.