妊婦の病気・お腹の張り・痛み

妊娠初期の風邪と薬。知っておきたい重要ポイント 

投稿日:

妊娠すると体の免疫システムが低くなって、普段よりも風邪をひきやすくなる可能性があります。普段なら風邪薬を飲むところだけどお腹の赤ちゃんに影響があるかもしれない、風邪は赤ちゃんに悪影響があるのか、など悩むママは多いんじゃないでしょうか。

そこでここでは、風邪の要注意な症状や気をつけるポイントをわかりやすくご紹介します。薬の影響する時期や、喉や咳が出たときに薬を飲まないでできる対処方法もありますので、ぜひやってみてくださいね。

妊娠初期の風邪は障害や流産の原因になる?

妊娠初期に風邪をひくと、気になるのは赤ちゃんへ影響ですよね。ママが風邪をひくと赤ちゃんに何かしらの影響を及ぼすんでしょうか?

38度以上の発熱が続くと胎児の発育に影響が?流産の可能性は?

風邪自体が赤ちゃんに悪影響を与えるのは非常に稀なので、必要以上に心配する必要はありません。熱が37度くらいの微熱なら、しばらく安静にしていれば自然に風邪の症状も治まるでしょう。

でも、38度以上の熱があると普通の風邪じゃなく、インフルエンザなどの感染症にかかっている可能性があります。また、ママが高熱を出すとお腹の中の赤ちゃんも発熱した状態になります。熱が高いと心拍数が上がりますよね。

赤ちゃんの心臓も同じように心拍数が上がります。赤ちゃんの心臓はできたばかりなので、大人よりも大きな負担をかけることになってしまいます。ウイルスや高熱が赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性は0ではありません。流産の可能性が高くなるという研究もあります。

高熱や微熱が長期間続く場合は、できるだけ早く病院で適切な処置をしてもらったほうが良いでしょう。

妊娠初期の風邪薬は飲んでも大丈夫?赤ちゃんが薬の影響を受けやすい時期とは

ママが薬を飲むと赤ちゃんに悪影響があるから飲まないほうがよい、という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?風邪をひくと市販の風邪薬を飲む人は多いかと思いますが、妊娠すると薬が赤ちゃんに悪影響を及ぼすのか気になってしまいますよね。

妊娠中の薬は種類や量だけでなく、妊娠時期によって影響が変わってきます。

妊娠初期

妊娠初期は一般的に妊娠1~4ヶ月を指します。この時期は赤ちゃんの内臓や神経、体のパーツなどさまざまな重要器官がつくられます。

この時期は薬の影響を受けやすいため、自分の考えだけで安易に薬を飲んではいけません。持病などどうしても薬を飲まなくてはいけない場合は、早急に主治医に相談をするようにしましょう。

【ほとんど影響なし】1ヶ月・0週〜3週

妊娠してもママに自覚症状がほとんどないこの時期に薬を飲んで、心配になるママは多いんではないでしょうか?

この時期に薬を飲んでいても、赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどありません。この先赤ちゃんが順調に育っていれば、この時期の薬の影響があとあと出てくる可能性は低いでしょう。

不安な場合は主治医に相談してみることをおすすめします。

【影響を最も受けやすい】2ヶ月・4週〜7週末

この時期の赤ちゃんは脳や神経、心臓や胃腸、手足など体を作る中でも最も大事な時期です。この時期に薬を飲むと赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性が高いので、気軽に薬を飲んではいけません。

どうしても薬を飲まなくてはいけないような状態になった場合は、早めに医師に相談をするようにしましょう。

【慎重な使用が必要】2ヶ月〜4ヶ月・8週〜15週末

この時期の赤ちゃんは性器ができあがるころです。体の重要な器官が作られることはありませんが、まだ薬の影響を受ける時期です。薬を飲む場合は慎重な判断が必要になりますので、医師に相談してからにしたほうがよいでしょう。

【薬によっては赤ちゃんに影響が】5ヶ月〜10ヶ月・16週〜39週末

この時期になると赤ちゃんの体の器官の形成はほぼ終わっていて、あとは大きく成長するのを待つころになります。この時期に薬を飲むと赤ちゃんが奇形になるといった影響を及ぼすことはほとんどないでしょう。

でも、薬の種類や量によっては赤ちゃんの体に影響を及ぼす可能性があります。できるだけ医師の判断を得た上で薬を飲むようにしたほうがよいでしょう。

妊娠初期の咳や喉の痛み。予防や対処法は?

咳や喉が痛くなる風邪の初期症状は普段なら市販の薬などを飲んで対処しますが、妊娠初期だとそうもいきませんよね。特に妊娠がわかったころ(妊娠4〜7週末)の薬は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

でも、喉が痛いのはどうにか治したいですよね。どのように対処すればいいんでしょうか?予防法や、薬を使わずに痛みを緩和させる方法を紹介しますのでぜひ試してみてくださいね。

部屋を加湿する

ウイルスは乾燥した空気にのって他の人に感染することがあります。部屋の湿度を60~80%ほどに保つと喉の乾燥を防げるので、普段よりも少し強めの加湿を心掛けましょう。

エアコンなど暖房機器を使うと空気がより乾燥しやすい状態になるので、加湿器は部屋の大きさに対して少し広めの部屋に対応しているものを選ぶことをおすすめします。加湿器がない場合はコップに水を入れた状態で放置したり、カーテンを霧吹きでぬらしたりすることでも加湿効果があります。

濡れマスク

濡れマスクはつけているだけで鼻や喉を潤すことができるため、ウイルスの増殖をふせぐことができます。特に風邪は夜寝ている間に悪化しやすいので、寝ているときもつけることをおすすめします。

濡れマスクは市販でもさまざまな種類がありますが、綿のマスクをぬらして軽く絞ったものや使い捨てマスクの内側に濡れたガーゼをはさんでもよいので、自分の使いやすいものを選んでくださいね。

こまめに水分をとる

風邪をひくと熱や汗をかいて体内の水分がいつもより多く出ていくので、普段よりも脱水しやすい状態になります。なので、こまめに水分をとることがとても大切です。

一度にたくさんの水を飲むんじゃなく、少しずつ飲んだり、体に刺激を与えないように常温の水にしたりしましょう。風邪のときに不足しやすいミネラルを補給するために、スポーツドリンクや経口補水液などもおすすめです。

のど飴

喉が痛いときにはのど飴をなめる人は多いですよね。のど飴には医薬品、医薬部外品、食品とさまざまな種類がありますが、医薬品は喉の痛みなどの症状に対する有効効果が認められているのでおすすめです。

医薬部外品ののど飴はドラッグストアなどで買えます。のど飴は舐めることで唾液を出すことができ、喉の炎症を鎮めたり免疫力によって喉の細菌を抑制したりする効果が期待できます。

でも、舐めすぎると糖分を摂りすぎることになって、胃腸の調子を崩す恐れがあるので注意しましょう。

ハチミツレモン

ハチミツレモンが風邪のときによい、というのを聞いたことがありませんか?

ハチミツにはビタミンBやビタミンC、ミネラルなどが豊富に含まれていて、疲労回復や喉の保湿に効果的です。また、殺菌力も強いので風邪の細菌の繁殖を防ぐ効果が期待できます。

1歳未満の子供がハチミツを食べると「乳児ポツリヌス中毒」になる恐れがあるので、誤って食べてしまわないように十分に注意しましょう。

レモンにはクエン酸とビタミンCが豊富に含まれていて、疲労回復や風邪などのウイルスに対して抵抗するための免疫力を上げる効果が期待できます。柑橘系の果物に含まれている「リモネン」という香り成分には、リラックス効果があるとも言われています。

★ハチミツレモンの作り方

マグカップにはちみつを小さじ1/2弱とレモン汁を小さじ1/2程度入れてお湯を注ぎ、混ぜれば完成です。

塩水うがい

塩には殺菌作用があるので、塩を入れた水でうがいをすると喉についている菌を洗い流す効果や、喉の乾燥を潤す効果が期待できます。コーヒーカップに塩を小さじ1~2杯程度入れた、少し濃い目の塩水でうがいをするとよいでしょう。

また、生理食塩水で鼻うがいをするのもおすすめです。ただし、自分で作った生理食塩水で鼻うがいをすると辛く感じることもあるかもしれないので、市販されている鼻うがいを買ってきたほうがよいでしょう。

ジンジャーティー

生姜は殺菌効果や炎症を抑える効果以外にも、体を温めてくれる効果が期待できますし、つわりの症状を軽くする効果もあります。

お湯にすりおろした生姜を小さじ1~2杯程度入れるか、スライスした生姜を4~5枚入れて混ぜてから飲みましょう。飲みにくいと感じる人は、はちみつやレモン汁などを入れてみるとよいでしょう。

妊娠初期の風邪症状。こんな時にはすぐに病院へ

軽い風邪や微熱程度なら、家で安静にしていれば大抵は数日で治ってくるものです。でも、症状が重い場合はお腹の赤ちゃんのためにも、なるべく早いうちに病院を受診するようにしましょう。

咳など風邪の症状の場合、かかりつけの産婦人科じゃなく内科に行く人が多いかと思いますが、そのときには妊婦であることを忘れずに伝えましょう。かかりつけの産婦人科に連絡をして提携している病院を教えてもらうのも◎。

38度以上の高熱

風邪で熱が出るのは体の中のウイルスを退治するための自然治癒の1つなので、基本的には悪いことではありません。でも、発熱が続くとお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすことや風邪以外の病気の可能性もあるので、できるだけ早く病院を受診したほうがよいでしょう。

食事が取れない、眠れないなどの症状が2、3日続いた場合

風邪のときは体力を消耗してしまいますから、おかゆやうどんなど消化のよいものを摂るようにします。

でも、どうしても食べることができなかったり、食べてもすぐに下痢や吐いたりする場合は脱水症状になったり、体力が低下したりする恐れがあるので、2~3日続くようなら病院で点滴など適切な処置をしてもらう必要があります。

また、咳が続いて眠れないなど不眠状態が続いたときは風邪ではなく感染症にかかっている恐れがありますので、なるべく早く病院を受診するようにしましょう。

咳がひどくなった場合

風邪による咳で流産の原因になるなど、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどありません。

加湿など喉のケアをしてもひどい咳が止まらず、色のついた痰がでたり咳をすると胸が痛んだりする状態が続く場合、呼吸器系の感染症である可能性があります。激しい咳が出て胸やお腹に痛みや張りを感じるようなら、内科や呼吸器系など病院で適切な処置をしてもらうほうがよいでしょう。

咳が数日止まらない場合は、肺炎や結核、百日咳など感染症の疑いがあるので、病院を受診してください。

風邪をひいたらまず安静に過ごすようにしよう

妊娠初期の状態で風邪をひくとどうしても焦ってしまいますよね。でも、だいたいの風邪は安静にして栄養を摂っていれば体の持っている免疫力で2~3日のうちに治ります。

まずはベッドに寝て安静にし、消化のよいものを摂ったり、喉や咳のケアをするようにしましょう。高熱が続いたり、咳の状態がひどい場合はなるだけ早く受診をし、適切な処置をしてもらいましょう。

くれぐれも自分の判断で薬を飲んだり、症状を放置しないようにすることが大切です。早く元気になって、健やかな赤ちゃんを産んでくださいね!

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊婦の病気・お腹の張り・痛み
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.