妊娠初期・超初期

妊娠初期症状がない人もいる?症状や現れる時期までを詳しく紹介!

投稿日:

妊娠すると初期症状が出る、なんて言われていますよね。『どんな症状なんだろう』『自分にはどんな症状が出ているかな』といろいろ調べる人もいると思います。

妊娠初期症状が全くなくて心配している人もいるかもしれませんね。妊娠初期症状がないと赤ちゃんに何か影響があるかも、と思っている人のために、『こんなパターンもあるよ!』ということを紹介していきます!

妊娠初期症状が全くなし!これって大丈夫?

妊娠初期症状について調べてみるといろいろな症状がヒットします。妊娠初期症状が出ることが当たり前みたいになっていますが、実は個人差が大きいんです。妊娠初期症状は人それぞれ。症状も程度もかなり個人差があります。全く症状が出ないという人だっているんですよ!

個人差が大きい

妊娠初期症状といわれるものはたくさんあって、はっきり『これが妊娠の影響で出ている症状だよ!』とは言えないんです。症状にも個人差があるということですね。

いろんな症状を同じ時期に感じる人もいますし、どの症状も全くなかったという人もたくさんいるんですよ。妊娠初期症状を感じなかっただけでなく、むしろいつもより調子が良かった!なんて人も♪

妊娠初期症状の感じ方は個人差が大きく、症状を感じても感じなくても妊娠していることに変わりはありません。症状がないからといって赤ちゃんに影響がある、なんてこともないんですよ。

妊娠初期症状を気づかない人もいる

妊娠初期症状は日常生活でも感じやすいものが多いです。ちょっと風邪をひいたり疲れがたまっていたり…そんな時でも感じるような不調ですよね。

なので、妊娠初期症状がわずかにあったとしても、ほとんど気づかないという人も。『なんとなく調子が悪いな』と感じてもそれを妊娠初期症状だと思わないこともあるんです。

上の子がいたり今まで通り仕事を続けていたり、毎日忙しくしている人は気づかないこともあるかもしれないですね!普段から体調が崩れがちな人も、妊娠初期症状に気づかずに妊娠中期に突入!なんてことも。

陽性反応が出た後に妊娠初期症状が現れる時期は?

妊娠初期症状はいつごろから感じ始めるのか、気になるところですよね~。すぐに症状が出始めるのかそれともしばらく経ってからなのか…これも個人差があり、はっきりいつからというのは言えないんです。

早い人だと妊娠4週ころから妊娠初期症状を感じる人もいます。でも、一番多いのは妊娠5週を過ぎたころから妊娠6週くらいのころに感じる人が多いんですよ。このころからつわりも始まるので、つわりの症状と併せて妊娠初期症状を感じやすくなるのかも。

私も妊娠初期症状を感じたのは、妊娠が確定してしばらくした妊娠6週ころから。とにかく眠いのと、食べても食べてもお腹がすく、というのが一番変わったことでした。

代表的な妊娠初期の10症状

妊娠初期症状は本当にたくさん!普段感じているようなものも妊娠初期症状といえちゃうんです。この症状が妊娠によるものなのか、ただの不調なのか、見分けるのはちょっと難しいですよね。

いくつか代表的な妊娠初期症状を紹介するので、こんな症状がないかチェックしてみてくださいね♪

症状1:眠気に襲われる

たくさん寝たのに眠い、午前中から眠気に襲われる、ついうとうとしてしまう、妊娠初期症状にはこんな眠気を感じることがあるそう。ポイントとしては、『寝不足ではないのにとにかく眠い』ということ。

これは妊娠初期に増える『プロゲステロン』というホルモンが影響しているといわれているんです。ホルモンが安定し始めれば、眠気もだんだん落ち着いていく人がほとんどだそう。

私も妊娠初期には眠気がすごくて、午前中はほとんど寝て過ごす日もあったくらいです。

症状2:体が熱っぽくだるい

基礎体温を付けている人は知っていると思いますが、女性の体温は生理周期に合わせて上がったり下がったりしています。排卵すると『高温期』となって、生理がくると体温が戻ります。

妊娠すると高温期が続きます。体は36℃台後半から37℃台前半をキープ。人によっては微熱が続いているのと同じような状態になっちゃうんです。

高温期が続くので体が熱っぽくなんだかだるい、という症状を感じてしまうんですね。風邪と間違えてしまうこともありますが、ほかに風邪の症状がなければ妊娠初期症状かも。

症状3:喉の痛みがある

のどの痛みは風邪と間違えてしまいそうですね~でもこれも妊娠初期症状のひとつなんです。

のどの奥がチクチクと痛んだり、のどの乾燥が気になってピリピリと痛んだり…のどの痛みの感じ方も人それぞれです。声がかすれてしまう人や、鼻水・咳の症状も出る人もいますよ。

これもホルモンバランスの影響なんだとか!妊娠初期は急激にホルモンが増えたり減ったりします。普段とは違った体のバランスになるので、体の不調として出てしまうんですね。

症状4:吐き気がある

吐き気はとってもわかりやすい!つわりのひとつの症状ですね。つわりが起こるメカニズムははっきりわかっていないので、人の体って本当に不思議です。

★吐き気の主な症状

  • 胃がムカムカする
  • 吐きたいのに吐けない
  • 何かを食べれば吐き気が治まる
  • よだれがたくさん出て気持ち悪い

吐き気の症状も個人差が大きく、本当に吐いてしまうこともあれば吐き気だけで済んだという人も。つわりなので、これも安定期に入れば落ち着くケースがほとんどですよ。

症状5:寒気がする

『寒気がしたら風邪なんじゃないの?!』と思っちゃいますよね。でも、これも妊娠初期症状のひとつなんです!

原因はいろいろあるようですが、高温期による風邪のような症状だったり、つわりで思うように食事がとれないことによるエネルギー不足だったり…ホルモンバランスの影響もあるとか。

寒気がしても熱が高くなければ、妊娠初期症状の可能性が高いです。高熱があって咳や鼻水も出てつらい場合は、医師の診察を受けてくださいね。

症状6:便秘になる

便秘も妊娠初期になりやすい症状なんですよね~もともと便秘だった人はより便秘がちに、もともと快便だった人はお腹が張って出にくくなる人が多いです。快便だった人のほうが妊娠初期の便秘に気づきやすいとか!妊娠初期の便秘もホルモンバランスが影響しているといわれていますが、はっきりとした原因はわかりません。

妊娠中は妊娠初期だけでなく出産まで便秘に悩まされる人も!妊婦さんでも飲める整腸剤もありますから、便秘がつらいときは主治医に相談してくださいね。

症状7:胸が張る

胸の張りが気になる人もとっても多いんです。私も胸の張りを妊娠初期に感じました。張りといっても痛みを感じるほどのものではなく、生理前に胸が張るのと同じような感じ

妊娠初期も終盤になってくると、乳首まで痛みを感じることも!これもホルモンバランスの影響で、赤ちゃんが産まれてすぐにおっぱいを吸われても大丈夫なように、刺激に強くしているんだとか。

乳輪が大きくなったり乳首の色が濃くなったりするのもその影響なんです。

症状8:お腹が張る

生理前になるとお腹が張って嫌な感じをしたことある人はいませんか?妊娠初期症状のおなかの張りも、まさにそんな感じ。

痛みとまではいかないけど、なんとなくつっぱるような引っ張られているような…そんな張りを感じる人は多いようです。妊娠15週にもなるとお腹も少しずつ大きくなるので、子宮を支えている靭帯が引っ張られて痛みを感じることもあるんだとか!

痛みや張りがすぐに治まればほとんど問題はありません。長時間続くようなら医師に相談を。

症状9:おりものが増える

おりものは普段から体の調子を表しているバロメーターともいえますよね。妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化する時期で、おりものも量が増えたり水っぽくなったりすることがあります。

普段はほとんど織物が気にならないという人も、妊娠初期におりものが急激に増えた人はとっても多いんですよ。下着が汚れて不快に感じることもあるので、おりものシートやパンティーライナーを上手に活用しましょう。

症状10:トイレが頻回になる

トイレが近くなるのも妊娠初期症状のひとつ。早い人は妊娠がわかる前から頻尿を感じることもあるんですよ。トイレの回数が増える以外にも、尿の量が増えると感じる人もいるそう。

頻尿は妊娠中ずっとついてまわるマイナートラブル。安定期に入るころに落ち着くこともありますが、多くの人は出産までトイレの回数が多かったといいます。

お腹が大きくなってくれば、膀胱が圧迫されてさらに頻尿になることも。だからといって水分を控えると体にも赤ちゃんにもよくありません。

妊娠初期症状がなかった先輩ママ体験談!

妊娠すると初期症状が絶対に出ると思っている人は多いですよね。逆に何も症状がないと赤ちゃんがちゃんと育っているのか、赤ちゃんに元気がないのではないか、と不安に思ってしまうことも…

実際に妊娠初期症状がなかった、という先輩ママもたくさん!妊婦さんの数だけマタニティライフがあるので、参考にしてみてくださいね。

★先輩ママの体験談

12週目ですが、初めからつわりは殆どありませんでした。

事務の仕事も普段通りやってるし妊娠してることを忘れそうになるくらい元気にしてます(笑) ”

引用:ガールズちゃんねる

この人はつわりなども全くなく、とにかく元気に過ごせたとか!『妊娠=体調が悪い』みたいなイメージがありますが、元気に過ごしている人も多いんですね♪

初期症状的なものが全然ありません。

至って元気で、どちらかというと絶好調です”

引用:Yahoo!知恵袋

絶好調なんてうらやましい!健診で赤ちゃんが元気な様子を見れればより安心ですね。

”私は初期症状全くなかったです。

元々生理不順だったので二人目は5カ月まで気づきませんでした。

友達にも全くない人いましたよ。”

引用:Yahoo!知恵袋

妊娠初期症状がないと気づくのが送れるパターンも。妊娠初期症状があってもなくても、無事に出産している人はたくさんいますよ♪

妊娠初期6つの注意点

妊娠初期は何かと気を付けたいことがたくさん!あれもこれも気にし過ぎると、かえって不安を感じてしまうこともありますよ。最低限気を付けたいことを6つ紹介するので、ちょっとだけ気にして過ごしてみてくださいね!

注意点1:薬の服用を避ける

妊娠初期はまだ妊娠していることすら気づかないこともありますよね。『妊娠していることを知らないで風邪薬を飲んじゃった!』と焦ることもあるかもしれません。妊娠初期は市販薬であればほとんどは心配いらないんですって。だからといって飲んでいいというものではありません!

中には赤ちゃんに影響がある薬もあるので、妊娠がわかったら薬は飲まないように気を付けてくださいね。

注意点2:無理をしすぎない

上の子がいたり仕事を続けたり、妊娠しても楽々過ごすわけにはいかない人もいますよね…『まだお腹が大きくないから』とか『まだ全然動けるし!』という油断が、あとあと響くことも!

特に妊娠初期は体調がコロコロ変わってしまうこともあります。無理をしないラインを見極めるのは難しいですが、疲れを感じない程度に活動するのが大切ですよ。できないことは周りに頼り、その分できることでフォローをすればみんなが気持ちよく過ごせますね♪

注意点3:過度な運動を避ける

ジョギングやウエイトトレーニングなど、激しい運動も妊娠したら避けたいことのひとつ。運動がいけないわけではないのですが、あまりにも激しい運動は体への負担が大きくなります。

運動をするならウォーキングやストレッチなど軽いものにしましょう。マタニティヨガやマタニティスイミングなど、妊婦さん向けのカリキュラムを扱っているところに行ってみてください♪

適度な運動はママにも赤ちゃんにもとってもいい影響になりますよ。

注意点4:飲酒・喫煙は避ける

飲酒や喫煙は絶対にNG!アルコールもタバコも、赤ちゃんにとっていい影響は何もありません。赤ちゃんが大きく育たなかったり、早産や流産のリスクを上げることもわかっています。

特にタバコはパートナーが吸っていることもありますよね。受動喫煙も同じことなので、ぜひ配慮してもらってくださいね。出産後に飲酒を解禁する人もいますが、授乳中はNG。おっぱいにもアルコールの影響が出ちゃうんです。卒乳するまで、もうちょっとだけ我慢しましょうね。

注意点5:カフェインの摂取に気を付ける

カフェインは全くダメというわけではなく、コーヒーや紅茶なら1日1~2杯なら飲んでも大丈夫なんですよ。過剰に摂取してしまうと、赤ちゃんの発育が悪くなって小さく生まれるリスクが高まるようです。生まれてからも肥満のリスクが高まるとか…

最近はノンカフェインのコーヒーもとってもおいしくなっています。代用品を上手に活用するのもいいですよ。

注意点6:生ものの摂取に気を付ける

ちょっと意外なのが生もの。妊娠中は食中毒になりやすいので、食中毒のリスクを防ぐ目的があります。

★注意が必要な食品

  • 生ハム
  • 加熱していないチーズ
  • スモークサーモン
  • 生肉
  • 肉や魚のパテ

この5つには食中毒の原因になるリステリア菌が含まれていることがあるんです。お刺身も気になるところですが、新鮮なものであれば全く避ける必要はありません。でもリスクはゼロじゃない、と考えると避けたほうが安心かもしれませんね。

妊娠初期症状なしでも赤ちゃんは元気♪

妊娠初期症状は何かとつらいものです。周りのプレママが妊娠初期症状がつらいと聞くと、全く感じないママにとっては不安になってしまいますよね。

でも大丈夫!症状がなくたってお腹の中で赤ちゃんは元気いっぱいに育っています。全く同じ症状なんてありませんし、お産だって人それぞれです。自分らしいマタニティライフ、自分らしいお産を目指して過ごしてくださいね。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.