妊娠初期・超初期

妊娠初期症状の頭痛とは?妊娠の予兆と普段の頭痛はどう違う?

投稿日:

 「生理予定日を過ぎちゃったけどまだ来てない。でも頭が痛い……。」そんな風に感じたことはありませんか?

その頭痛、もしかしたら妊娠初期症状かもしれません。PMS(月経前症候群)の症状とも似ているため、判断に迷って不安になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は妊娠初期症状の頭痛についてご紹介します。症状が出るのはいつ頃からなのか、PMSとの違いはあるのか、頭痛が出てきたときはどうしたらいいのか、その疑問にお答えします!

妊娠初期症状で頭痛がみられるのはいつから? 

それでは妊娠初期症状はいつごろから現れるのでしょうか。ここではPMSとの違いも合わせてご紹介します。

月経前症候群(PMS)と妊娠初期症状はどう違う?

PMSと妊娠初期の症状はとても似ています。それもそのはず、この2つの症状はどちらも「プロゲステロン(黄体ホルモン)」「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という2つのホルモンが関係しているのです。

生理3~10日ほど前になるとプロゲステロンというホルモンが増加し、反対にエストロゲンというホルモンが減少します。このホルモンバランスの変化により、頭痛や腹痛、イライラなどのPMS症状が出てきてしまうのです。

「じゃあ妊娠初期症状とPMSに違いはないんじゃない?」と思う人もいますよね。この2つの違いは症状が続く期間にあります。

PMSの場合は生理が始まると症状が減少したり治ったり、状況がかなり改善してきます。これはプロゲステロンの増加がストップし、正常のホルモンバランスに戻るためです。

しかし妊娠するとプロゲステロンは増加し続け、合わせてエストロゲンも増加します。これはお腹の赤ちゃんにとって必要ことなのですが、このホルモンの大量分泌によって頭痛などの症状が継続してしまうのです。

PMSと妊娠初期症状は、頭痛などの症状が現れる期間に差があります。しかし症状自体はとてもよく似ているので、個人で妊娠したかどうかを判断するのは難しいようです。

妊娠の予兆はいつから見られる?

受精卵は1週間ぐらいかけて子宮内膜に着床します。この着床が完了するとプロゲステロンやエストロゲンの増加が開始されます。さらに妊娠検査薬の判定に重要となってくるhCGというホルモンも増加を開始し、ママの体内は多くのホルモンで満たされることになります。

そのような状態になると少しずつ症状が現れるのですが、これがだいたい前回の生理開始4~5週間後ぐらいです。つまり次の生理予定日付近ということですね。

メカニズムは少し違いますが、やはり症状が現れる時期としてはPMSとよく似ています。

頭痛だけじゃない!腹痛、腰痛、寒気、喉の痛み…これって妊娠初期症状? 

妊娠初期症状として現れるのは頭痛だけではありません。腹痛や腰痛、さらに微熱や喉の痛みなど風邪とも間違えそうな症状まであるのです。

ここでは頭痛以外の妊娠初期症状をご紹介していきます。

腹痛が起きるのは妊娠初期症状?生理前の症状? 

生理前になるとPMSや生理痛でお腹が痛くなってしまう人も多いのではないでしょうか。そんな症状が妊娠初期にも現れます。

しかし妊娠初期では生理前と少し違った痛みを感じることもあります。赤ちゃんを育てるための子宮が大きくなることにより、チクチクした痛みや引っ張られるような痛み、なんとなくお腹に違和感を感じる痛みが出てくるのです。これを 「着床痛」と呼ぶ人もいます。

ただしこれらの痛みには個人差があり、「痛みが無いからやっぱり妊娠してないかも……」と心配する必要もありません。生理痛も、痛みがある人と無い人で個人差がありますよね?それと同じです。

痛みが無くても妊娠している可能性は十分ありますから、生理が遅れてしばらく経ったら妊娠検査薬で確かめてみると良いかもしれませんね。我慢のできない激しい痛みや、生理以上の出血を伴う痛みは異常妊娠などの危険もあるためすぐに病院を受診してくださいね

妊娠していると腰痛がある? 

妊娠後期になるとお腹が大きくなってくるので腰痛気味になってくることは想像しやすいですよね。でも妊娠初期にも腰痛になることがあるのです。

原因はやっぱりホルモン!出産しやすい身体にしてくれる「リラキシン」というホルモンが増加し、骨盤の関節やじん帯を緩めてしまうのです。ママはまだあまり自覚のない時期でも、身体はしっかり出産に向けた準備を進めているのですね。

腰が痛くて辛いときは腹帯や骨盤ベルトをつけて、腰を支えてあげると楽になります。また湯船にしっかりと浸かって温まるのも効果的です。

湿布を張りたくなる人もいるかもしれませんが、その場合には一度お医者さんに相談してみてください。湿布の中にはママや赤ちゃんにとってあまり良くない成分が含まれている場合があります。

家事や仕事を頑張っているママには辛いかもしれませんが、夜はしっかりお風呂でリラックスするなどして乗り越えていきましょう。 

寒気や喉の痛みも妊娠初期症状?

妊娠初期症状には頭痛の他にも微熱や寒気、喉の痛み、鼻水など風邪にもよく似た症状が出てくることがあります。これはホルモンバランスの乱れや、妊娠により基礎体温が上がったままであることが原因とされています。

実はこれ、わたし自身も経験があります。頭痛と鼻水、喉の痛みがあったので完全に風邪を引いたと思っていました。

しかし生理も遅れていたので、しばらくしてから妊娠検査薬を試してみたら……なんと陽性反応!そろそろ子どもが欲しいと思っていた頃だったのでとても嬉しかったのを覚えています。

わたしのように「風邪かと思っていたら実は妊娠初期症状だった!」ということもありえます。ただし、妊娠初期症状では激しい炎症症状は起きません。喉の痛みが激しいようであれば普通の風邪やなんらかの別の病気の可能性もあります。その場合は普通に病院を受診した方が良いかもしれません。

妊娠初期の頭痛は流産と関係がある? 

妊娠すると気になってしまうのが「流産の危険性」。ちょっとでもいつもと違うと「もしかして……」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。特に妊娠初期はホルモンバランスの乱れで精神状態も落ち着かないこともあります。そのため、些細な事でも余計に心配になってしまうのです。

実は病院を受診する約15%のママは流産を経験しています。その多くが妊娠初期なのですが、この原因は染色体異常です。

染色体異常とは赤ちゃん側のなんらかの理由で妊娠継続ができなくなってしまい、結果流産となってしまうことです。

一度流産を経験してしまうとショックが大きく、自分を責めてしまうママも多くいます。しかしこの頃の流産はママに何の非もなく、またどうやっても止められなかったものです。

いつもは無かった頭痛が続くと「もしかして流産?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、流産と頭痛はまったく関係がありません。心配しないでくださいね。

ただし我慢できないほどの激しい痛みや、長く継続する痛みの場合は妊娠に関係のない他の病気の可能性もあります。その場合は無理をせず早めに病院を受診してくださいね。

妊娠初期症状の頭痛対策!頭痛薬は飲んでいい? 

どうしても頭が痛くて耐えられないとき、思わず常備してある頭痛薬を飲みたくなってしまいますよね。特に片頭痛持ちの人などはつい癖になってしまっていることもあるかもしれません。

そんなときは要注意!市販されている薬の中には、お腹の赤ちゃんの成長に良くない成分が含まれている場合があります妊娠中は市販の薬を使わずに、病院で処方された薬を使うようにしましょう。

もちろん、産婦人科以外の病院を受診するときは妊娠しているということをきちんと伝えてくださいね。「妊娠だと気付かないで薬を飲んでしまった!」そんな風に思っているそこのあなた、心配ありませんよ!

わたしも妊娠に気付かず、風邪だと思って市販の薬を飲んでしまっていた時期があります。さらにお酒が大好きなので普通に飲んでしまっていました。

しかし後日看護師さんに確認したところ、妊娠超初期の赤ちゃんはまだ小さすぎて、薬やアルコールなどの影響はほとんどないそうです。妊娠に気付いてから気を付けるようにしても遅くありません。

妊娠初期症状の頭痛や腹痛が辛いときは病院で相談し、妊婦さんでも安心して飲める薬を処方してもらいましょう。

妊娠の予兆を感じたら、注意して生活しよう!

妊娠は、待ち望んでいた2人にとってとても嬉しいことではありますが、様々な症状が出てくるととても辛いですよね。頭痛などの妊娠初期症状が辛いときは無理をせずにしっかり休むことも大切です。パートナーとよく話し合い、協力し合っていけると良いですね。

頭痛や腹痛などが辛くなるとつい薬を使いたくなってしまいますが、妊娠が分かったら市販の薬を使わないようにしましょう。病院で相談すればきちんと妊婦さんでも飲める薬を処方してもらえます。お腹の赤ちゃんのためにもきちんと病院を受診してくださいね。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.