費用・手当

育児休暇を取得する方法を解説!気になる給与や期間、男性の育児休暇の取り方まで詳しく紹介!

投稿日:

お子さんの誕生を控えた働くパパやママのなかには、育児のためのお休みを取ろうと思っている人もいますよね♡育児のためのお休みには「育児休暇」と「育児休業」がありますがこの2つのお休みにはどんな違いがあるんでしょうか。

それぞれのお休みの内容や取得条件、申請方法、期間について確認しましょう♡育休期間の延長や育休中にもらえるお金に関すること、男性の育休取得についてもぜひチェックしてくださいね★

育児休暇と育児休業の違いは?

「育児のために仕事を休むこと」を指す言葉として「育児休暇」と「育児休業」の2つがあります。よく似ている言葉で「子育てのための休業」というおおまかな意味も同じなので、普通に生活する上ではそれほど気にならないかもしれませんね(;・∀・)

「育児休暇」と「育児休業」の大きな違いは「法律で定められているか、いないか」という点にあります。では、具体的にどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう!

育児休暇は法律で定められたものではない

育児休暇は「子育てのためにお休みをとること」「お休み期間中に育児をすること」という意味がありますが、法律で定められたお休みではありません(´ー`)

法律で定められたお休みではないので、育児休暇に関しては会社ごとに内容が異なります育児休暇をはじめとする特別休暇がある場合、会社の就業規則に記載があるはずですよ♪まずは勤務先に育児休暇という制度があるかどうか確認してみてくださいね♡

育児休暇が設けられている会社の場合、法律で定められた産前・産後休業とは別に産前休暇や産後休暇をもらえることが多いようです★育児休暇についてわからないことがあれば、会社の人事部など労務の担当者に質問してみましょう!

育児休業は法律で定められている

育児休業は「育児・介護休業法」という法律で定められたお休み(法定休暇)です♡会社側は育児休業の取得条件を満たす労働者から請求があれば、必ず育児休業を認めなければなりません。

産前休業や産後休業は実際に出産する立場にある女性に認められているお休みで男性は取得できませんが、育児休業は女性も男性も取得可能です♡「男性は育休を取れない」と思いこまず、産後のママのサポートのためにもぜひ取得を検討してみてください♪

育児休暇を取得する条件と申請方法

育児休暇と育児休業は言葉はよく似ているものの、内容に大きな違いがあるので取得条件や申請方法もそれぞれで違います。育児休暇や育児休業を取得するための条件や申請する方法についてチェックしていきましょう♡

取得条件

法律で定められているわけじゃない育児休暇と、法律で定められている育児休業とでは取得条件も違います。まずは育児休業の取得条件について確認しましょう!

■育児休業の取得条件

1歳未満の子どもを育てる男性労働者・女性労働者のうち、育児休業の申し出をした時点で次の条件を満たす人

  1. 同じ事業主に1年以上継続して雇用されている
  2. 子どもが1歳6か月になるまでの間に雇用契約が更新されないことが明確になっていない

申請時点で1年以上同じ会社に勤めている正社員の場合は、特に心配することなく育児休業が取得できますね♪パートやアルバイトといった非正規雇用の場合でも、取得条件を満たせば育児休業を取得可能です♡パートやアルバイトの人は職場に聞いてみてくださいね★

育児休業の取得条件は法律で明確に定められていますが、育児休暇は会社ごとに取得条件が違います。それぞれの会社の育児休暇制度をチェックすることが大切ですね♡

会社が独自に定める育児休暇は、育児休業を取得できない人をフォローするという役割もあります。育児休暇の取得を考えている人は、職場の就業規則などで休暇の規定について確認してみましょう!

申請方法

育児休暇は会社独自の制度なので、申請の仕方もそれぞれの会社によって違います。就業規則などで育児休暇の内容を確認したうえで、自分の上司や人事・総務といった関係部署の担当者に尋ねてみるとよいでしょう。

育児休業の申請方法

法律で定められた休暇なので、申請書類には申請者が記入するところもありますが、必要な書類は多くの場合会社がまとめてハローワークに提出してくれますよ★

会社側が育児休業の申請をしてくれなかったり、自分で申請したいという人は自分で手続きすることも可能です。

自分で育児休業の申請を行う場合は、ハローワークに問い合わせ、「育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付受給資格確認票」を手に入れましょう。そのほかに必要な書類も案内してもらえるので、勤務先から書類を発行してもらってください。

続いて事業主に受給資格の手続きをしてもらいましょう。書類が準備でき次第、勤務先がある地域を管轄するハローワークに提出すればOKです★

育児休暇の期間はいつまで?育児休暇を延長することはできる?

育児休暇や育児休業を取るときは「休みの期間」も気になるんじゃないでしょうか。「どのタイミングで復帰すればよいのか」「保育園に入れなかったらどうなるのか」というポイントは今後のキャリアにも影響するのでしっかりチェックしておきたいですよね★

育児休暇や育児休業の期間はいつまでなんでしょうか?そして延長はできるんでしょうか?育児休暇と育児休業のそれぞれについて確認していきましょう♡

育児休暇期間は会社によって異なる

育児休暇は会社が独自に設ける制度なので、期間も会社によって違います。でも、法律で定められている6週間の産前休業と8週間の産後休業を考慮した期間を想定している会社が多いようです。

これらの産前休業と産後休業は女性労働者であれば誰でも取得できます。育児休業の取得条件を満たさない人でも、この14週間にプラスして育児のための休みを取れるようにしているということですね(´ー`*)

ほかにも「最大3年間の育児休暇を取得できる」など企業によってさまざまな育児休暇制度があります。勤務先の育児休暇の期間は、就業規則や労務管理を行っている部署に聞いてみてくださいね♡

育児休業期間は最大2年まで延長可能

育児休業の期間は「子どもが1歳の誕生日を迎える前日まで」というのが一般的ですが、育児休業が取得できる期間は厳密にいうと男女で少し違いがあります。

  • 女性の場合:産後休業終了日(出産日から8週間後)の翌日から1歳の誕生日の前日まで
  • 男性の場合:子どもが生まれた日(配偶者の出産日)当日から1歳の誕生日の前日まで

女性には産前産後休業があるので、その分育児休業開始日が男性とズレてしまうんですね♪でも、育児休業を取得できる期間は、基本的には男女ともに「子どもが1歳になるまで」と条件は同じですよ★

ですが保育園の待機児童問題を見ていると「1歳までに保育園に入れるかな?」と不安になる人もいますよね(・_・;)

育児休業は「1歳まで」が基本ですが、「1歳の誕生日までに保育園に入園できなかった」などの理由があれば、子どもが1歳6か月になるまで育児休業を延長できます!

さらに1歳6か月のタイミングでも保育園への入園ができなかった場合は、最長で子どもが2歳になるまで延長可能なんです♡1歳までに入園できなかったからといって仕事を辞める必要はありませんよ♪

ただし延長する際には申請が必要です。忘れないように手続きしてくださいね♡

育児休暇中に給与や手当をもらうことはできる?計算方法を紹介!

育児休暇や育児休業といった制度は、出産後も育児をしながら働き続けたいパパやママにとって心強い味方ですよね♡でも、「仕事をお休みすると収入が大きく減ってしまうんじゃ……」と心配している人も多いんじゃないでしょうか。

育児休暇や育児休業の取得を考えるときには、経済的な面もしっかり検討しておきたいですね♪では、育児休暇中や育児休業中のお金の話について確認していきましょう♡

育児休暇中の給与や手当は会社によって異なる

育児休暇は会社ごとに制度が違うので、給与や手当も会社によって違いがあります。給与の何割かを支給する会社や育児休暇手当など特別な手当を支給する会社もありますが、基本的には無給となるケースが多いようです。

育児休暇中のお金に関することも、就業規則を読んだり労務管理の担当者に質問したりして確認してみてくださいね★

育児休暇中に収入がなくなるのは経済的に厳しいかもしれません。でも、退職じゃなく育児休暇制度の利用を選択すれば、出産後も同じ職場に復帰して働き続けることができるというメリットがあります。

特に育児休業の取得条件を満たさない人で、出産後も現在の職場で働き続けたい場合は、会社の育児休暇制度の利用を前向きに考えることをおすすめします♪

育児休業中にもらえるお金

育児休業中は基本的には会社から給与を支給されることはありませんでも、育児休業中のお金の心配を減らせるように、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されるんです♡また、申請すれば育児休業中は社会保険料を免除してもらえますよ★

ここでは「育児休業給付金」と「社会保険料の免除」の2つの制度について詳しくチェックしましょう!

育児休業給付金

育児休業給付金とは、育児休業取得中にもらえる給付金のことです。会社からじゃなく雇用保険から支給されるお金なので、雇用保険に加入していることが条件になりますよ★

育児休業給付金の受給可能期間は育児休業の取得可能期間と同様に、子どもが1歳になるまでとなっています。1歳の誕生日を迎える前に育児休業を切り上げて復職した場合は、育児休業給付金の支給も育児休業終了にあわせてストップするので注意してくださいね★

また、保育園に入園できなかったなどの理由で育児休業期間を延長した場合、育児休業給付金もそれにあわせて延長できますよ♡育児休業と同様に最大2歳になるまで延長可能なので、ぜひ活用してくださいね★

育児休業給付金の気になる支給額は、次のような式で算出されます。

<育休開始後6か月間>

育児休業がスタートしたときの賃金日額×支給日数(通常30日)×67%

<育休開始後6か月以降>

育児休業がスタートしたときの賃金日額×支給日数(通常30日)×50%

育児休業スタート時の賃金日額は、育児休業開始前6か月間の賃金を180で割った額です。

例えば育児休業開始前6か月間の平均月収が30万円だった場合、育休スタート時の賃金日額は「30万円×6か月÷180=1万円」となります。

これをもとに育児休業給付金の支給額を計算すると、育休開始後6か月間は1か月あたり約20万円、それ以降は1か月あたり約15万円の育児休業給付金が受給できることになるんです♡

育児休業給付金は2か月ごとに申請が必要です。初回の申請は出産して間もない時期にすることになるので、出産予定日の1~2か月前には書類の準備をしておくとよいですね★

社会保険料の免除

産前産後休業中や育児休業中には社会保険料の納付も免除してもらえます♡

社会保険料とは厚生年金や健康保険の保険料を指します。一般的には会社が給与から天引きしているので、支払っている感覚はあまりないかもしれません。でも、毎月の納付額は意外と多いので、免除されると経済的に助かりますよ★

社会保険料が免除される期間は、産前産後休業や育児休業を開始した月から終了する月の前月までの間と定められています。保険料は納付しませんが、免除期間中も厚生年金の納付記録は残りますし、健康保険も問題なく使えますよ♡

社会保険料を免除してもらうには、会社を通して申請する必要があります。届出を忘れないようにしてくださいね♡

育児休暇を男性が取ることはできる?

これまでの日本社会では、女性が主に育児を担当するという考え方が強く、育児休暇や育児休業を取得するのも主に助成でした。ですが、本来育児はママ1人でするものではありません。女性の社会進出が進んだ現在では、パパの積極的な育児参加が必要でしょう。

男性の育児休暇と育児休業の取得について詳しく見ていきましょう♡

男性の育児休暇は会社によって異なる

育児休暇は会社独自の制度なので、取得条件は会社によって違います。会社によっては「男性が育児休暇をとった前例がない」というケースも考えられるので、就業規則だけでなく、人事や総務など労務管理を担当している部署に問い合わせてみましょう!

男性も育児休業を取得することができる!

育児休業は取得条件を満たせば男性でも取得可能です♡取得条件は女性と同じですよ★女性の場合、産後休業終了後に育児休業を取得することになりますが、男性の場合は配偶者の出産日(子どもが誕生した日)の当日から育児休業を取得できます。

もし子どもが保育園に入園できなかった場合は、女性と同様に最大2年まで延長ができるんです♡

また、男性が2回育児休業を取得できる「パパ休暇」も整備されています。1回目を配偶者の産後休業期間中に取得した場合は、もう一度育児休業を取得できるんですよ!

1回目はママの産後ケアのために、2回目はママの職場復帰のサポートのために使うなど、パパとママで話し合って取得時期を決めてくださいね♡

日本と比較!世界の育児休暇情報!

日本では男女ともに取得可能な育児休業が法律で定められていて、育児休暇を独自に整備している会社も多いことをご紹介してきました。

では世界の育児休暇事情はどうなっているのでしょうか。日本と世界の育児休暇事情を比べてみましょう!

日本は比較的法整備は進んでいる

セーブ・ザ・チルドレン「お母さんにやさしい国ランキング」によると、ママが最も子育てをしやすい国の第1位としてノルウェーが挙げられています。ノルウェーには産前産後休業も育児休業もありますが、育児休業中にお金がもらえるのは最長で42週間(約300日)なので、日本よりも育児休業期間は短いかもしれません。

また、経済的には一番の先進国であるアメリカでは、育児休業は年間で最大12週間しか取得ができません。育児休業中は無給で給付金などの制度もないので、出産後すぐに働く女性が多いのが現状です。

このように、世界一子育てをしやすい国や世界一の経済大国と比べても、日本の育児休業制度は進んでいるといえるでしょう。

でも、日本では出産を機に退職する人も多く、男性の育児休業取得率は女性に比べて大幅に低いという現状があります。制度は整っていても残念ながら子育てがしやすい国とは言い切れないんですね( ノД`)

子どもは未来の社会の担い手です。明るい将来をつくっていくためにも、国や社会全体で子育てしやすい環境が整っていくとよいですね♡

育児休暇や育児休業は働くパパ・ママの強い味方!上手に使ってスムーズな出産・育児を目指そう♡

育児休暇は企業独自の制度なので会社に確認する必要がありますが、育児休業は取得条件を満たせば誰でも取得可能なお休みです★育児休業中は育児休業給付金の支給などの経済面でのサポートもあります!出産後も働き続けたい人は制度を上手に活用しましょう♡

パパも育児休業を取得できるので、子どもとの貴重な時間を過ごすためにも、ママの産後ケアや復職サポートをするためにも、ぜひ取得を検討してくださいね♡

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-費用・手当
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.