妊娠初期・超初期

妊娠初期の猛烈な眠気!原因と何とかしたい対策方法とは

投稿日:

 待ちに待った妊娠!待望の赤ちゃんに胸を躍らせている人も多いはず!しかし、一方で今まで感じたことのない症状に悩んでいるのではないでしょうか。そのうちのひとつに「眠気」があります。夜更かしせずにしっかり寝ているはずなのに、眠すぎて仕事や家事に支障が出てしまうことも……。

そんな辛い妊娠初期の眠気について、原因と対策についてご紹介していきます。

妊娠初期の眠気の原因は? 

女性の中には生理前や生理中にもひどい眠気を感じる人がもいます。しかし妊娠初期になるとそれ以上に眠気を強く感じることがあるのです。ここではそんな困った眠気の原因についてご紹介していきます。

つわりもいろいろ。眠気の原因「寝つわり」とは

妊娠初期になると「つわり」 の症状に悩まされることがあります。つわりは通常妊娠5~6週目に現れ、12~16週ぐらいになると落ち着いてくると言われています。

もちろんこれには個人差があり、つわりがまったく無かったという人もいれば、出産ぎりぎりまで辛い症状に悩まされたという人もいます。さらに、生活に支障が無い程度の軽い症状の人もいれば、「妊娠悪阻」として病院に入院するほどひどい症状になってしまう人もいます。

つわりのひとつに、ひどい眠気が特徴の「寝つわり」というものがあります。妊娠初期の眠気はつわりの一種と考えている人もいるようです。

個人差が大きいつわりですが、症状の種類にも様々なものがあります。食べ物をほとんど受け付けなくなる「吐きつわり」や、においに敏感になってしまう「においつわり」、何か常に食べていないと気持ち悪くなってしまう「食べつわり」などですね。

つわりの原因は未だ解明されていませんが、妊娠したことによるホルモンバランスの乱れが原因なのではないかと言われています。

赤ちゃんを守る「プロゲステロン」の働きが原因

妊娠初期の眠気の原因となっているのは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンです。このホルモンはPMS(月経前症候群)の原因ともなっています。

プロゲステロンは生理前になると大量分泌され、妊娠するための準備を始めます。これにより基礎体温が上昇したり、精神的に不安定になったりといった生理前の症状が現れます。

ここで妊娠せずに生理が始まるとプロゲステロンはどんどん減少していき、PMSやその他の症状は治まってきます。

しかし無事妊娠が成立するとプロゲステロンは増加し続けます。妊娠を継続するためには必要な事なのですが、 このホルモンバランスの変化が眠気を引き起こす原因となっているのです。

眠気の他に、利尿作用や便秘などの症状も引き起こします。様々な症状が現れるのはとても辛いのですが、ママの身体は赤ちゃんを育てる準備を整えるために必死に頑張っているのですね。

 夜の眠りが浅くなるから

妊娠をすると、それまで不眠で悩んだことが無い人でも夜の寝つきが悪くなることがあります。これにもプロゲステロンが関係しています。プロゲステロンは妊娠を継続するために必要なホルモンですが、これにより基礎体温が上昇しています。この体温の高さが眠りの質を下げてしまっているのです。

さらにプロゲステロンが増加することで精神状態が不安定になってイライラしたり、寝る前にあれこれ悩んでしまったり、利尿作用によってトイレが近くなったり……。何かと眠れない要因が増えてきてしまうのです。

夜きちんと眠れないと日中疲れがたまって眠くなってしまいますよね。妊娠初期はこの夜の眠りの浅さが原因で、「寝ても寝ても寝足りない」といった感覚に襲われてしまいます。

妊娠中の眠気はいつまで続く 

日中の眠気がとれないと家事も仕事も進まなくて困っちゃいますよね。この眠気がいつまで続くのかと途方に暮れている人もいるのではないでしょうか。

妊娠初期の眠気はだいたい12~16週ぐらいになると落ち着くと言われています。この頃になるとちょうどつわりも落ち着いてくる人も多くなります。

しかしこれには個人差があり、出産直前になっても眠気がとれなかったりつわりが辛いままだったりする人もいます。わたしも妊娠8ヵ月ごろまで眠気とつわりの症状に悩まされていました……。

もちろん眠気やつわりが改善しなかったとしてもお腹の赤ちゃんには何の影響もありませんので心配しないでくださいね。

妊初期。仕事中の眠気対策とは 

「いつかは良くなるとわかっていても、今この瞬間なんとかしたい!」そう思っている人も多いでしょう。特にお仕事を続けていたり、上に兄姉となる子どもがいたりする場合は何としても頑張らなければならない場面があるかと思います。

そんな時でも大丈夫!眠気を少しでも吹き飛ばす方法をご紹介していきます。

短時間でも昼寝時間を確保

妊娠初期はまだお腹も大きくなっていませんし胎動なども感じられないので、妊娠の実感があまり無いという人もいるのではないでしょうか。

しかしその眠気があるということは、ママの身体の中では妊娠のための準備が着々と進んでいます。身体が必死に頑張ってくれているということですね。

そんなに頑張っている身体を癒すためにも、やはり眠い時には寝てしまうのが一番かと思います。家にいるときなどはパートナーに理解をしてもらいながら寝たいときに寝ちゃうようにしましょう。

でも会社などで仕事中の時は寝るわけにもいきませんよね。横になるのも気が引けてしまいます……。そんなときは昼休みに少し目を閉じてリラックスするだけでも違います

例えば夜眠れなくて困った時も、よく「目を閉じているだけでも疲れの残り方が全然違う」と言われています。普段お仕事を頑張っていてなかなか昼寝もできない人はぜひ試してみてくださいね。

歯を磨く 

朝起きたときに歯を磨くと気分がスッキリしませんか?歯磨き粉のミントの香りと歯への刺激で目が覚めるという人もいるのではないでしょうか。この朝の習慣が日中の眠気にも効果的です。気分を切り替えることもできますし、歯を磨いて心も眠気もスッキリさせるのも良いかと思います。

しかしつわり中で吐き気を催す場合は注意してください。歯磨き粉のにおいや、歯への刺激で気分が悪くなってしまう場合もあります。

わたしもつわり中は歯磨きで吐き気を催してしまって、とても困った覚えがあります。そんな時はこの方法を試すのを控えたほうが良さそうです。眠気を抑える方法はまだまだたくさんあるので心配しないでくださいね。

ガムを噛む

車の運転中などに眠気を感じたとき、ブラックガムを噛むことはありませんか?わたしは車通勤をしていた時には欠かせないアイテムでした。

そこで使った対策が妊娠初期の眠気対策にも役立ちます。眠気を改善するというブラックガムはもちろん、ブラックガムが苦手な人は普通のタイプのガムでも効果的かと思います。

またガムを噛むことで脳に刺激が伝わり、自律神経のスイッチが交感神経に切り替わります。活動モードになるということですね。まさに「やる気スイッチ」です(^^)

会社などでもガム程度なら大丈夫というところもあるかと思いますので、この方法はかなり使えるのではないでしょうか。

体を動かす 

どうしても眠くて作業が進まないとき、ストレッチをして身体を動かすことはありませんか?受験生などが勉強中などによく試す方法かと思います。

この方法も、妊娠初期の眠気対策で使うことができます。首や足首、手首を回したり、伸びをするだけでも身体がリフレッシュしますよ。

会社などでなかなか身体を動かしにくいときはトイレを装って少し立ち歩くのも良い作戦かと思います。用を足しながらついでに数分目を閉じて疲れを癒してくるのも良いかもしれませんね。

ツボを刺激する 

眠い時には身体に刺激を与えることが効果的!ということでツボ押しもおすすめします。ここでは特に眠気に効果的な3つのツボをご紹介しますね。

まずは「清明」です。これは目頭と鼻の付け根にあるくぼみのことで、疲れ目に効果的なツボと言われています。ここを「気持ちいい」と感じるくらいの強さで押してみてください。

次に「風池」です。これは髪の生え際、うなじのへこんだところにあります。後ろ側ですね。このツボも疲れ目に効くと言われています。ここも「気持ちいい」と感じる強さで押してみてください。

3つ目は「太陽」です。これは「清明」と同じく顔にあるツボで、疲れ目に効果的と言われています。目尻と眉尻を結んだ線から少し外側のくぼみにあります。ここをまた「気持ちいい」と感じる強さで押してみてください。

ただし、いずれのツボも押した後に気分が悪くなるなどしたら、すぐに医師にその旨を伝えて相談してくださいね。

手首に冷たい水を流す 

朝起きてから顔を洗うと眠気が飛んでさっぱりしますよね。これは妊娠初期の眠気にも非常に効果的です。しかし会社などで仕事をしているとなかなか顔を洗うことは難しいですよね。せっかくのメイクもとれてしまいます。

そこでおすすめなのが手首に冷たい水を流すということです。手首内側には動脈が通っています。ここを水で冷やすことで眠気を吹き飛ばすことができます。

人は暖かいところにいると心地よくて眠くなってしまいますよね。そんな時は換気をしたり、外の風や冷たい空気を感じたりすると目が覚めることがあります。それと同じ現象です。

運動ついでにトイレに立った時など、手首まで一緒に洗うと目が覚めてスッキリするかもしれませんね。ぜひ試してみてください。

妊娠初期の眠気対策でNGなのは

妊娠前の眠気対策がすべて使えるかというとそうではありません。ドライブ中や仕事中で眠い時、コーヒーなどでリフレッシュしていたという人もいるのではないでしょうか。この方法、実は妊娠中には少し控えたほうが良さそうです

多くの人が知っているとおもいますが、コーヒーにはカフェインという成分が含まれています。カフェインには覚醒作用もあるため、ドライブや仕事には欠かせないという人もいるのではないでしょうか。

しかしこのカフェインがお腹の赤ちゃんにはあまり良くありません。摂りすぎてしまうと赤ちゃんが低体重になってしまったり健康に影響が出てしまったりしてしまう場合があります。

少量であれば問題ないと言われているのですが、妊娠が発覚したら少し控えたほうが良いかもしれませんね。コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶などにも含まれているので注意してください。

今ではカフェインレスのお茶も多く販売されているので、そのような飲み物でリフレッシュしてみてもいいかもしれません。わたしも妊娠中はノンカフェインのローズヒップティーを楽しんでいました。

みなさんもお気に入りの一杯を探してみてくださいね。

 自分なりの方法で妊初期の眠気を吹き飛ばそう!

妊娠初期はお仕事などまだまだ頑張らなければならないこともある上、強い眠気と戦わなければならなくて大変ですよね。家にいるときなど、休めるときには遠慮せずに寝てしまうようにしてくださいね。そうでないときには自分にあった対策で乗り越えていきましょう。

パートナーに理解してもらうことも大切なので、今の状況をきちんと話してみてくださいね。辛いときにはパパの力も借りるようにすると良いでしょう。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.