妊娠1ヶ月 妊娠2ヶ月 妊娠3ヶ月 妊娠4ヶ月 妊娠初期・超初期

妊娠初期の寒気症状と対策。風邪に似ている妊娠兆候

更新日:

妊娠初期のこの時期は、最もつわりが大変な時期でもありますが、寒気を感じる妊婦さんが多いです。どんな症状なのか、気にすべきポイントなどを確認しましょう。

妊娠初期に寒気を感じるのはなぜ?

妊娠初期とは妊娠4週から15週目、すなわち妊娠2ヶ月から4ヶ月目までの3か月間のことを言います。この時期は最もつわりが大変な時期でもありますが、寒気を感じる妊婦さんが多いです。妊娠初期症状としてあらわれる寒気は、つわりの一種ではないかと考える人もいるほどです。

妊娠初期症状にはいつもとは異なる体の変化があります。寒気もそのためですが、1つの原因ではなく、いくつかの原因が複雑に絡み合うことで起こります。ホルモンバランスの変化によるものや、貧血により血液の量が不足することで寒くなるということも珍しくありません。

女性は男性と比較すると筋肉量が少ないので、血行不良や冷えも原因になります。つわりの症状として単独で原因があるのではなく、貧血とホルモンバランスの変化などが組み合わさることで感じるようになります。

鼻水やほてりはあった?

妊娠初期症状としての寒気は、風邪の引き始めに似ています。ゾクゾクするという表現が多くみられますが、少し寒いというものから厚着をしても震えが止まらないというレベルまで個人差があります。

ただ、風邪と異なるのが、顔や手足だけは寒いのにほてっていると感じる人が多い点です。また、鼻水の症状がないという特徴があります。ほてりと寒く感じるというのは反対なように見えますが、ほてりが出るのは顔や手足といった限られた部位だけです。

妊娠初期症状として考えるのであれば、ほてりや鼻水がないかどうかを確認するようにしましょう。

微熱、頭痛、喉の痛み、風邪に似た症状

妊娠初期の兆候

妊娠初期症状は個人差が大きく、何も感じない人もいれば、様々な症状が出る人もいます。1番多くみられる症状として知られるのが、微熱です。女性ホルモンの影響で高温期が続くためですが、妊娠20週ころには自然におさまります。

このホルモンは血管を拡張する働きがあるので、生理前に頭痛を感じる女性は同じような痛みを感じるでしょう。自律神経の働きがいつもとは変わるので、喉の痛みや寒気など風邪に似た症状もあらわれます。微熱もあるので、風邪だと思い込んでしまう人もいるほどです。

おなかの症状として、便秘になるという女性が20%いるのに対して、下痢になる女性もいます。骨盤内の血流が悪くなるためで、下痢と便秘を繰り返すということもあります。汗をかいたり、腰痛に悩まされたり、むくみやだるさとなってあらわれる女性もいます。

妊娠初期の寒気はいつから?

妊娠初期の寒気はいつから感じるのでしょうか。個人差がありますが、早い人では妊娠3~4週の時点から始まります。この時期は、まだホルモンの関係で妊娠検査薬が反応しません。生理周期が毎月正確に来ている人や基礎体温をつけている人であれば、もしかしたら妊娠したかもしれないと感じられるかもしれませんが、ほとんどの人は妊娠に気づくことが難しい時期です。

そのため、本人は風邪だと思って風邪薬を服用してしまうこともあります。おなかに赤ちゃんがいるとわかっていれば薬に対しても慎重になりますが、わからない時点ではいつも通りに行動してしまうからです。ただ、この時期に2~3日ほど風邪薬を飲んでもそれほど赤ちゃんへの影響はないと言われています。

風邪と見分けるポイントは鼻水とくしゃみ?

微熱や喉の痛み、寒気といった妊娠初期症状は風邪によく似ています。下痢や便秘などおなかの症状もあるので、風邪以外の病気だと感じるかもしれません。そこで、見分けるポイントを知っておきましょう。

そのポイントは、鼻水とくしゃみです。妊娠によってくしゃみが出ることはありません。鼻水が出るのはほとんど風邪だと思っていいのですが、中には透明でさらさらした鼻水が妊娠初期に出ることがあります。自律神経の乱れによるもので、アレルギー性鼻炎のような鼻水です。風邪の場合の鼻水は、菌により黄緑などの色がついていて、ネバネバしているのが特徴です。

妊娠しているかどうかの判断は、鼻水の色や形状をよく確認する必要があるでしょう。

妊娠初期の寒気に対処する方法は?

妊娠初期の寒気が出たときは冷たい飲食は避け、体があたたまるスープなどを飲むようにしましょう。夏など長時間冷房の下にいると、気づかないうちに冷えてしまうこともあります。厚めの靴下をはいたり、羽織るものを用意すると安心です。

入浴もシャワーで済ませるのではなく、湯船につかるようにします。血行不良も寒気の原因になります。過度な運動はできませんが、ウォーキング程度であれば問題ありません。無理のない範囲で行うと気分転換にもなります。

そして、早寝早起きなど生活リズムを正しくしておくと、自律神経が整うので寒気を感じにくくなります。

温かいお茶で体を温めましょう。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠1ヶ月, 妊娠2ヶ月, 妊娠3ヶ月, 妊娠4ヶ月, 妊娠初期・超初期
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.