妊娠1ヶ月 妊娠初期・超初期

【妊娠3週目】初期症状や妊娠兆候は現れる?妊娠検査薬で判定可能?

更新日:

妊娠に気が付かない人も多い妊娠3週目。体や体調にはどのような変化が現れるのでしょうか。今回は、妊娠3週目に多く見られる症状と気をつけておきたい生活習慣について紹介していきます。大切な赤ちゃんを守るために、現在とこれからの体の変化について詳しく知っておきましょう。

妊娠3週目はいつから?

妊娠〇週〇日という数え方をしますが、それは妊娠する前の最後の生理のあった週から数え始めます。そのため、妊娠3週目といえば生理が終わってから2週間が過ぎた頃で、排卵日に受精していれば、妊娠が成立するかどうか決まる大事な時期です。

通常、排卵前後から基礎体温は高温期に突入し、生理が来る頃には低温期に戻ります。生理が28日周期の人であれば3週目は高温期の状態で、生理が来る4週目あたりに高温期が続くかどうかが妊娠しているかのひとつの基準となります。

妊娠3週目で受精卵が着床 妊娠の成立

妊娠3週目は、ちょうど受精卵が子宮内膜に着床する頃です。妊娠が成立する時期なので、体内のホルモンバランスが急速に変化し、人によっては妊娠の兆候が見られる場合があります。

妊娠3週目の妊娠超初期症状(兆候)って?

着床していればプロゲステロンやエストロゲンといったホルモンの分泌量が増加するため、体のなかでさまざまな変化が起こりはじめます。ここでは、妊娠3週目に見られる妊娠超初期症状を紹介します。

吐き気

妊娠超初期症状としてもっとも多くの人が感じるといわれているのが吐き気です。食べ過ぎたわけでもないのに気持ち悪い、生理開始予定日を過ぎても吐き気が続くという場合はつわりが起きている可能性が高いです。

妊娠3週目になくても、妊娠初期の4週目につわりを感じはじめる人も多くいます。
つわりにはさまざまな種類があり、一般的に広く知られている「吐きつわり」のほか、自分の唾液で吐き気を感じてしまう「よだれつわり」、空腹になると気持ち悪くなる「食べつわり」、特定の匂いを嗅ぐと吐き気をもよおす「匂いつわり」などがあります。

頭痛

妊娠すると血管を拡張する作用のあるエストロゲンの分泌量が増加するため、全身の血管が広がり頭痛を感じやすくなります。特に、片方のこめかみが痛む偏頭痛を起こす場合が多く、痛みの度合いによって吐き気や嘔吐といった症状を併発する人もいます。

寒気

高温期の状態では、プロゲステロンの分泌量が増加して通常よりも基礎体温が上昇しています。体は体温を維持しようとして血管を収縮させるため、妊娠超初期に寒気や悪寒を感じるケースが多くあります。

腰痛

妊娠超初期に腰痛を感じるのは、リラキシンというホルモンが影響しています。リラキシンは骨盤まわりの関節をゆるめ出産時に赤ちゃんを通り抜けやすくする重要な役割を持っていますが、骨盤を支える靭帯もゆるませてしまうため、腰に負担がかかり腰痛が発生することがあるのです。

腹痛

ホルモンバランスが変化したことで、腹痛や下腹部痛といった妊娠兆候が現れることがあります。子宮がチクチクと痛む、下腹部が引っ張られるような痛みを感じたら妊娠超初期症状かもしれません。生理予定日前に症状が出ている場合は、PMS(月経前症候群)の可能性も考えられます。

味覚嗅覚が変化

妊娠すると味覚や嗅覚が変わるという話をよく耳にします。これまで大好きだった食べ物が食べられなくなった、これまで気にならなかった匂いが気になるようになったといった症状が一般的です。

妊娠3週目にあたる時期に味や匂いに敏感になったら、体内でホルモンバランスが変化しているのかもしれません。

眠気

妊娠超初期では、体のだるさや眠気といった生理前にも見られる症状が現れやすくなります。これは高温期が長く続くことが原因です。体のほてりに加え、だるい、眠い、やる気が出ないといった症状が出ているときは、妊娠によって体内のホルモンバランスが変化している可能性が高いです。

胸が張る

排卵直後や生理前などに起こりやすい胸の張りや痛みは、妊娠超初期でもよく見られる症状です。生理開始予定日を1週間ほど過ぎても症状が続いている場合には妊娠の兆候を疑ってみましょう。

おりものの変化

妊娠すると体にはさまざまな変化が訪れます。おりものもそのひとつです。生理前のおりものは通常であれば量も少なくサラサラとしていますが、妊娠していると量が増えより水っぽく変化します。おりものに変化が見られたら、妊娠初期症状の可能性があります。

妊娠3週目の腹痛は着床痛?着床出血も現れる?

妊娠3週目に腹痛を感じる原因としてあげられるのが着床痛です。着床痛とはどのようなものなのか、着床出血についても紹介していきます。

着床痛

着床痛とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる腹痛のことです。着床痛を感じるという人は、生理予定日の1週間前から直前までに感じることが多く、子宮がチクチク痛んだりお腹全体が痛んだりなど症状は人によってさまざまです。

着床痛には医学的な根拠はなく一般的に痛みを感じない人の方が多いため、着床痛がなくても心配する必要はありません。

着床出血

妊娠3週目の着床時期に出血が見られた場合は、着床出血の可能性があります。着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに絨毛が子宮壁を傷つけることで起こる不正出血のことです。量は微量でおりものと混ざって出てくるため、ドロッとしていて色は茶色、もしくはピンク色をしていることが多いです。

人によっては生理と変わらないくらいの量が出たり、鮮血だったりする場合もあります。着床出血の期間は一般的には1~3日程度といわれていますが、なかには1週間ほど続くなど個人差が激しいのが着床出血の特徴です。

着床出血は着床痛同様、起こらない人の方が多いです。出血がないからといって必ず妊娠していないというわけではないため、それのみで不安に陥る必要はありません。

妊娠3週目で妊娠検査薬やエコー(超音波検査)は反応するの?

妊娠3週目は生理予定日前なので、妊活している人であれば妊娠しているかどうか気になってそわそわする時期でしょう。妊娠検査薬を使おうかどうしようか迷うという人も多いのではないでしょうか。ここでは、妊娠3週目で妊娠検査薬やエコーが反応するのかについて説明していきます。

妊娠検査薬

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌量が増加するhCGホルモンに反応して妊娠の有無が分かるようになっています。多く販売されている妊娠検査薬はhCG値50mlU/mL以上で反応するため、妊娠検査薬を使える時期は生理開始予定日の1週間後以降と書かれています。

薬局などで購入できる早期妊娠検査薬の場合は、判定できるhCG値が25mlU/mLです。そのため、生理開始予定日の5日前もしくは生理開始予定日から使用することができますが、早く検査すればするほど正確性は落ちます。

確実な結果を得るためにも、生理開始予定日の1週間後以降に検査を行うと良いでしょう。

エコー(超音波検査)

妊娠3週目では胎のうは確認できずエコーでも見えません。たとえ、妊娠検査薬で陽性反応が出ていても、エコーで胎のうが見えないこともあるため注意しましょう。

妊娠3週目の赤ちゃんの状態は?

3週目では赤ちゃんの細胞はまだまだ小さい状態にあります。胎のうや心音が確認できるのは一体いつからなのか見ていきましょう。

胎のう心音が確認できるのは5〜6週目

晴れて赤ちゃんの胎のうと心音が確認できるようになるのは、5~6週目といわれています。生理周期が28日の人であれば、妊娠4週目は生理予定日頃となりますので、妊娠5週目は生理予定日1週間後です。

そのため、28日周期の人ですとちょうど妊娠検査薬を使える時期にエコーで胎のうを確認することができます。妊娠検査薬で陽性反応が出たのに胎のうが確認できないという場合は、早期妊娠検査薬を使っている人がほとんどです。

早期妊娠検査薬を使っている人は不正出血など異常な症状が見られない場合を除いて、胎のうが確認できる5~6週目まで待って病院を受診すると良いでしょう。

妊娠3週目の生活で、気をつけることは?

妊娠3週目は、基本的には普段通りの生活を続けても問題はありません。ただ、着床時期でもありますので気をつけなければいけないことはいくつかあります。妊娠3週目に気をつけたいポイントを見ていきましょう。

貧血

妊娠が分かったら貧血に注意する必要があります。これは妊娠3週目に限ったことではありません。赤ちゃんの成長にはたくさんの鉄分が必要ですし、母親の体にある鉄分は優先的に赤ちゃんへ届けられます。

妊娠中は特に貧血になりやすいです。元気な赤ちゃんを育むためにも、鉄分を意識的に摂取するようにしましょう。

体を冷やさない

冷えによる血行不良は、子宮環境悪化につながります。受精卵を順調に育てるためにも、冷え性の人は特に体を冷やさないように注意しましょう。風邪を引いてしまった場合も赤ちゃんに影響が出る可能性があるため、妊娠中は体調管理に気を配ることが大事です。

飲酒しない

妊娠したらアルコールの摂取は控えるようにと病院でいわれたことがある人も多いのではないでしょうか。なぜかというと、高濃度のアルコールを摂取すると赤ちゃんに先天障害のリスクが高まるといわれているからです。

また、アルコールを摂取すると妊娠初期に重要といわれている葉酸を大量に消費します。可能な限り飲酒は控えた方が良いでしょう。

喫煙しない

妊娠が発覚したら真っ先に行いたいのが禁煙です。妊娠中に喫煙すると、切迫早産、妊娠高血圧症候群、胎盤早期剥離といった妊娠合併症を引き起こす確率が高まるとされています。

また、喫煙によるビタミンCの大量消費で葉酸の利用効率が悪くなることも指摘されているため、赤ちゃんの成長を考えるなら喫煙は避けるべきです。

カフェインの過剰摂取を控える

妊娠したらカフェインを控えるようにというのもよく耳にします。これは、カフェインの過剰摂取によって赤ちゃんの発育に影響が出る可能性が高まるといわれているからです。

また、カフェインは貧血予防に効果的な鉄の吸収を阻害してしまうため、貧血を予防するためにもカフェインの摂り過ぎには注意した方が良いです。紅茶やウーロン茶などにもカフェインは含まれるので飲み過ぎは禁物です。

薬の摂取について

受精前から妊娠3週末までを無影響期と言います。この期間は薬の影響は受けにくいとされていますが、妊娠4週目からは絶対過敏期に突入し、薬の服用に注意しなければならない時期に入ります。妊娠3週目が無影響期であっても、薬の摂取には気を使った方が良いでしょう。

さらにいえば、妊活をはじめた時点から極力薬の服用は控えた方が良いです。妊娠中の薬(医薬品)の服用は、薬の種類によっては奇形など胎児に悪影響を及ぼすという説があるからです。抗生物質や解熱鎮痛剤などを服用するときは、念のため医師の判断の下服用するようにしてください。

今すぐ葉酸を摂取しよう

葉酸とは妊活〜授乳期のママが特に摂取しなければならない栄養素の1つ。

厚生労働省では、妊娠する1カ月以上前から葉酸を摂取することを推奨しています。

妊娠超初期から葉酸を積極的に摂取することで、赤ちゃんの二分脊椎といった先天障害のリスクを下げることに期待が持てるとされているからです。

二分脊椎患者数は年々増加傾向にあるため、注意喚起の意味も込めて、母子手帳に葉酸摂取についての記載があります。

厚生労働省で推奨されている1日の葉酸の量は、640μgです。そのうち400μgはサプリメントでの摂取でも良いとされているので、食事で補えない分は無理をせずにサプリメントを活用しましょう。

妊娠3週目で性行為をしてもいいの?

この頃妊娠に気づかず性行為をしてしまったという人も多いですが、不安に感じることでしょう。基本的に、妊娠3週目に性行為をすることは特に問題はないとされています。

3週目以降の妊娠初期段階でも、性行為を避ける必要はありません。ただし、妊娠中はホルモンバランスの変化で体調を

崩しやすいため、無理をしないことが第一です。頭痛や吐き気などいつもと違う症状を感じたら自分の体調を一番に考えてあげてください。

もちろん、不正出血や下腹部痛といった症状がある場合には性行為は避けるようにしましょう。

妊娠3週目で流産(化学流産)することはあるの?

着床しても順調に育たない受精卵もあるため、妊娠3週目で流産してしまうケースはあります。この場合、通常の流産ではなく化学流産となります。化学流産は妊娠検査薬で陽性反応が出たものの、エコーで胎のうが確認できない場合に使われます。

妊活をしていない人であれば生理が遅れていると勘違いして化学流産に気付かない場合がほとんどです。

しかし、早期妊娠検査薬などを使うと胎のうが確認できる妊娠5~6週未満で陽性反応が分かってしまうため、その後の検査や生理などで化学流産に気付くという人が増えてきています。化学流産の原因ははっきりとは解明されていません。

未然に防げるものではないため、化学流産を気にし過ぎないようにすることが大切です。

妊娠3週目は変化の時期!生活習慣に注意しよう

妊娠3週目は、着床であったりホルモンバランスが大きく変化したりと、赤ちゃんを育てるための準備が着々と進められる大事な時期です。初期症状や生活習慣に注意して、赤ちゃんがすくすくと育つ環境を万全の状態に整えてあげるようにしましょう。

こちらもチェック♡

妊娠兆候チェックの記事はコチラ<<
 

4週目の記事はコチラ<<

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠1ヶ月, 妊娠初期・超初期
-, , , , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.