妊娠判定・兆候

妊娠検査薬の陽性反応はいつから?使い方や蒸発線の見分け方|フライングのデメリットって?

更新日:

妊娠検査薬は性行為から何日で反応が出るのか気になりますね。妊娠検査薬や早期妊娠検査薬の種類が増えて、何を使ったらいいのか分からない女性も多いでしょう。この記事では、おすすめの商品を紹介しながら妊娠検査薬の詳細を解説していきます。

妊娠検査薬が反応するメカニズム

妊娠を確かめる方法のひとつとして、広く用いられているのが「妊娠検査薬」です。妊娠検査薬は尿などに反応し、陽性か陰性かを示してくれます。陽性反応が出たら妊娠している確率が非常に高いといえます。

妊娠検査薬は細長いスティック状になっており、「判定窓」にどんな記号が出るかで反応をチェックするのが一般的です。妊娠検査薬は「ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)」という物質に反応する仕組みです。

hCGは胎盤で作られるホルモンであり、妊娠前の女性の体内には存在しません。そのため、hCGの有無は妊娠を見極める大きなポイントとなります。

妊娠検査薬の選び方。フライング検査にも使えるか?

妊娠検査薬を選ぶポイントとしては、まず「正確性」が肝心です。大手メーカーから販売されていて実績のある商品を使うのが無難でしょう。

また、「買いやすさ」も大切な要素です。いざ使用したいときに、薬局で簡単に買えない検査薬だと意味がありません。「値段」にも注意したいところです。妊娠検査薬は定期的に使いたい人もいます。あまりにも高額な検査薬だと毎回の出費がかさんでいくので、手ごろな価格のものがおすすめです。

「フライング検査」をする人は、対応しているかも調べておきましょう。妊娠検査薬は生理予定日1週間後に使用するのが推奨されています。それ以前に「フライング検査」するなら、対応している商品でなければ結果を信用できません。

妊娠するとどうなるの?

女性が妊娠すると、「胸にはりが出る」「吐き気や頭痛が起こる」「眠れなくなるし、疲れやすくなる」などの初期症状が現れます。これらの症状を引き起こす原因が「ホルモンバランスの変化」です。

妊婦は出産に向けて、体を整えていかなくてはいけません。そこで、ホルモンの分泌量が活性化し、体型を変えていきます。妊娠初期は心身ともにホルモンバランスの変化についていけず、体調を崩してしまうこともありますが、時間とともに初期症状はおさまっていきます。

初期症状にあてはまると思ったら、セルフチェックや産婦人科で診断してもらうのがおすすめです。

いつの間にか…妊娠検査薬依存症!?

検査薬は最短で生理予定日3日前に使用可能

妊娠検査薬を使うには、時期の目安があります。受精卵が着床すると、「着床出血」と呼ばれる現象が起きることがあります。しかし、着床出血は生理の出血と混同されやすいため、それだけでは妊娠がはっきりしません。

着床から2週間が経過してから妊娠検査薬を使うと、正確な結果を調べやすくなります。なお、妊娠後のhCG濃度には周期があります。一定の濃度を越えていないと、妊娠しているのに陰性反応が出るケースも珍しくありません。

生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使うのが理想的な時期とされていますが、それよりも早く検査できるのが「早期妊娠検査薬」です。

早期妊娠検査薬は、生理予定日3日前に使用可能です。

日本唯一の早期妊娠検査薬チェックワンファスト

生理予定日3日前に使用可能な早期妊娠検査薬ですが、現在、日本で購入できるものは株式会社アラクスが販売している「チェックワンファスト」のみです。

この商品は、通信販売で買う事ができません。薬剤師さんのいるドラッグストアや薬局で購入するしか方法がありません。

私は、近くのドラッグストアに買いに行ったのですが、そのお店にはなくネットで販売店を探して、別のドラッグストアまで行きました。通常の妊娠検査薬のようにどこでも買えるものではないんですね。

蒸発線と妊娠判定線の見分け方

妊娠検査薬の左側の窓が判定窓、右側の小さい窓が終了窓です。尿をかけて、約1分で終了窓まで到達するので終了線が現れる仕組みです。

妊娠していない場合、判定窓には線がでず終了線だけが現れることになるのですが、たまに判定窓にうっすらとした線が現れることがあります。これが蒸発線です。

蒸発線という言葉は検査薬のパッケージ等には書いていないのですが、妊活中の方にはおなじみのワードのようです。

妊娠を希望していたら、「これは正式な妊娠反応なの?ただの蒸発線なの?」と不安になりますよね。

見分け方のコツは、検査してから数時間経過しているかどうかです。時間が経つうちに、水分が蒸発し成分が濃縮されるとうっすらと線が出ることがあるのです。数時間経過して線が出た場合は、残念ながら妊娠していない可能性の方が高いです。

妊娠が成立している場合は、尿をかけてから即座に反応がでることがほとんどです。

何回分検査できるのか確認する

妊娠検査薬は、「1回分」として販売されているものから、2回以上の検査を想定して販売されているものもあります。1回の検査なら結果を信じきれないため、絶対に2回以上検査したい人もいるでしょう。

実際、妊娠検査薬は完璧に正しい反応を示すとは限りませんし、生理直前のフライング検査であれば妊娠していても陰性を出しやすくなります。また、妊娠の心当たりがない人でも、月1回ほどのペースで検査を習慣づけている女性も珍しくありません。

繰り返し検査をする予定があるなら、2回以上の検査薬が入っている商品をまとめ買いするのが得です。

妊娠検査薬の種類

妊娠検査薬にはさまざまな種類があります。それぞれ、「使いやすさ」「使うタイミング」などが異なるので、自分の理想に合った検査薬を購入するようにしましょう。

基本的には「生理予定日の1週間後に使用」「判定窓の記号表示で結果を確認」などの特徴は変わりません。しかし、それ以外の性能を求める女性のために、特別な商品も開発されています。

早期妊娠検査薬

早期妊娠検査薬とは、いわゆる「フライング検査」に対応している検査薬のことです。多くの検査薬は、生理予定日の1週間後に使用するのが推奨されていますが
妊娠の疑いがある女性は、それだけの長い時間を待つのがストレスになりがちです。

そこで、早期妊娠検査薬によって早くセルフチェックを行うと、不安から解放されますよね。

早期妊娠検査薬は生理予定日の3日前から使用可能です。ただし、精度そのものは通常の検査薬よりも落ちる傾向があります。反応を100パーセント信じるのではなく、あわせて産婦人科などの専門家に診断してもらいましょう。

電子妊娠検査薬

電子妊娠検査薬も需要が高まってきたアイテムです。電子妊娠検査薬は99パーセントを超える正確性が魅力です。これまで、妊娠検査薬で陽性反応が出ても産婦人科で判定が覆るケースは珍しくなく、女性たちのストレスとなっていました。

電子妊娠検査薬では、こうしたトラブルを未然に防げます。また、電子妊娠検査薬は記号でなくはっきりと「陽性」「陰性」と画面に表示されるため、結果を間違える確率も大幅に減りました。

結果だけでなく、反応が出るまでのプロセスをチェックできるのも電子妊娠検査薬ならではの特徴です。フライング検査にも対応しており、欧米では電子妊娠検査薬がスタンダードになりつつあります。

妊娠検査薬のおすすめ7選!

妊娠検査薬はメーカーや用途によって特徴が異なります。自分の志向にあった商品を選ぶと、検査もストレスなく行えます。以下、特に人気があって性能を信頼できる商品を7点、紹介していきます。特記していない場合は生理予定日1週間後に使用するタイプです。

※価格は2018年5月25日調査

1.ロート製薬ドゥーテスト

ロート製薬から販売されている「ドゥーテス」は1分ほどで判定できる、スピードチェック向きの妊娠検査薬です。開封後すぐ、スティックに2秒ほど尿をかければ判定可能です。判定窓に確認サインが出たら「陽性反応」となります。

生理予定日の1週間後から使用可能なドゥーテスは、日本でも知名度の高い妊娠検査薬として多くの女性から愛用されています。値段は2本入り700円程度が最安値のようです。

全国の薬局で購入できるほか、大手ショッピングサイトなどでも購入可能です。

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用
707円(税込)

2. ミズホメディーP-チェックS

ミズホメディーP-チェック##Sもまた、有名な妊娠検査薬のひとつです。使用時は、グリップを取り付けたうえで先端に尿をかけます。直接かけるときには5秒、容器にひたすときには10秒を目安にしましょう。

放置して3分が経過したら反応が出ます。判定窓をチェックして、陰性か陽性かを確かめましょう。ミズホメディーP-チェックSは細長いデザインが持ちやすく、採尿中、手などにかかってしまうリスクを抑えられます。

インターネットでも、ドラッグストアでも購入可能です。

【第2類医薬品】P-チェック・S 2回用
560円(税込)

3. オムロンヘルスケアクリアブルー

オムロンから販売されている「クリアブルー」は人気の電子妊娠検査薬です。正確性の高さ、陽性反応の見やすさなどから、世界中に広がっている商品です。クリアブルーを使用するときは、吸水チップを尿で濡らして3分待ちます。

3分経って、画面に「陽性」と出るか「陰性」と出るかで妊娠を判断します。クリアブルーはフライング検査を行いたい女性にもおすすめです。クリアブルーの購入はインターネット経由が中心です。

【第2類医薬品】オムロン クリアブルー 2回用
723円(税込)

4. アラクスチェックワン

アラクスの「チェックワン」は検査の便利さにおいて優れている商品です。チェックワンは吸収部に尿をかけて、判定を待ちます。直接かけるときは3秒、コップなどにひたすときには5秒と時間が短いのがメリットです。

また、判定も1分ほどで出ます。チェックワンは採尿するタイミングも選びません。朝、昼、夜、どの尿でも判定の精度は変わらないので、時間を問わず妊娠を調べたい人にはおすすめです。チェックワンは全国の薬局ほか、インターネットで購入できます。

比較的安い金額で購入できるのもうれしいですね。

【第2類医薬品】アラクス チェックワン 2回用
395円(税込)

5. 不二ラテックスウーマンチェック

不二ラテックスから出ているウーマンチェックも検査のやり方、見方ともに簡単で愛用されている検査薬です。アルミ袋から開封し、5秒程度尿をかけて1分から3分ほど放置すれば、結果が出ます。

陰性の場合は判定窓に変化がありません。陽性の場合は判定窓に印が浮かび上がります。ウーマンチェックは薬局のほか、インターネットのショッピングサイトからも注文可能です。

【第2類医薬品】不二ラテックス ウーマンチェックN 妊娠検査薬 2回用
448円 (税込)

6. アラクスチェックワンデジタル

デジタル画面により、結果をわかりやすくしたのがアラクスの「チェックワンデジタル」です。検査前にリーダーをスティックにセットするのがチェックワンデジタルの特徴です。

尿をかけてから1分程度でスピード審査できるのも大きなメリットです。キャップを平らなところに置いておくと、やがて結果が表示されます。チェックワンデジタルはインターネットなどで購入可能です。価格は3回分で2,210円です。

【第2類医薬品】アラクス チェックワンデジタル 3回用
2,210円(税込)

7. ミズホメディーデジタルP-チェック

ミズホメディーの「デジタル P-チェック」はデジタル画面での妊娠検査を望む女性にぴったりの商品です。デジタル画面のメリットは、「検査の進め方に迷わない」ことでしょう。キャップを外した時点で画面にサインが出るため、「15分以内に検査を開始しなくてはいけない」と分かります。

また、検査結果も「プラス」記号と「マイナス」記号で表示されるため、迷うことがなくなるでしょう。デジタル P-チェックはインターネットなどから簡単に購入できます。値段は1回分で1,348円です。

【第2類医薬品】ミズホメディ デジタルP-チェック 妊娠検査薬 1回用
1,348円(税込)

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬には注意事項があるので、正しく使うようにしましょう。まず、メーカーごとに「使用可能なタイミング」が異なります。

開封後、キャップを外したり、シールを剥がしたりした状態で放置しておくと、検査ができなくなってしまいます。開封したらすぐ使うように心がけましょう。また、採尿の時間も商品によって注釈が記載されています。多くの場合、直接検査薬にかけるよりも、容器などに入った尿につける方が時間が長く必要です。

フライング検査に対応していない検査薬で、生理予定日の前に検査するのも止めましょう。陰性反応が出たとしても、正確性に欠けるからです。

また、検査薬の結果は完璧ではありません。陰性と出たはずなのに妊娠の初期症状がおさまらないなら、検査を間違った恐れがあります。検査の結果は「参考」であり、「確定事項」とは言い切れません。

検査薬の結果は産婦人科医に伝えて、より詳細な診断を受けるようにしましょう。

陽性反応が薄っすら出る場合

妊娠検査薬を使用すると、たまに薄い線が出てくるときがあります。陽性反応のように見えても、線が薄いので自信を持てないケースでは、さまざまな可能性が考えられます。

まず、「陰性反応を示していたのに時間が経ってから薄い線が出た」のは、「蒸発線」だといえるでしょう。蒸発線とは、尿が蒸発したときに検査薬が誤作動を起こして出る線です。判定後、10分ほど経過すると蒸発線が出ることは珍しくありません。

「陽性反応が出ているのに線が薄い」のは、陽性反応に含めてもいいでしょう。ただし、「薄い線が出たのに消えてしまった」のは陰性反応です。採尿してから何らかの成分に検査薬が反応してしまい、すぐにおさまった状態でしょう。

検査薬の反応は完璧ではないため、判定を信じきってしまうのは危険です。特に、検査薬の誤作動は女性にとっての不安になるでしょう。線が薄いときは念のため、検査をやり直すのが賢明です。そして、判定がどうであれ、産婦人科の判断をあおぐようにしましょう。

フライング検査のデメリット

フライング検査によって陽性反応が出た後に化学流産するケースも多く見受けられます。化学流産は私達が気が付かないだけで実は頻繁に発生しているのですが、フライング検査だと化学流産する前に反応することもあるため、変に落ち込んでしまう人もいるようです。

場合によっては、「妊娠しなかったね〜」で済む話なので、早く知りすぎるのも良くない場合があります。

妊娠検査薬の選び方は慎重に

妊娠検査薬は、「妊娠しているかどうか」で悩んでいる女性をサポートしてくれるアイテムです。多くの妊娠検査薬は使い方も簡単ですし、判定が出るまでの時間もかかりません。

正確性も年々高まっており、かなり信頼できます。値段も手ごろなので、近所の薬局ですぐ購入できるケースもあるでしょう。一方で、検査薬にはさまざまな注意点があるため、選び方は慎重になりたいところです。

たとえば、「いつから検査を行いたいか」によって、対応している検査薬は変わります。すべての検査薬がフライング検査可能ではありません。生理予定日の前でも使用できる検査薬を知っておきましょう。

また、採尿時間や放置の時間など、使用時のルールを守らなければ誤作動を起こすこともありえます。間違った判定を信じていると、出産の準備が遅れてしまいます。

何より、妊娠検査薬は完璧なシステムといえません。産婦人科に行くまでのセルフチェックだと自覚し、検査にのぞみましょう。

 

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠判定・兆候
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.