妊娠初期・超初期

妊娠初期に見られるおりものの特徴や気を付けるべき点・病気まで徹底解説!

更新日:

妊娠すると、おりものに変化がみられる場合があります。いつもと違うおりものが出てくると、「病気かも?」とか「赤ちゃんに何かあったかも......」と不安になることもありますね。

妊娠初期のおりものの特徴やおりものからわかる病気を知り、妊娠初期の不安を軽くしましょう!

妊娠初期のおりものの特徴

妊娠初期に起こりがちなおりものの変化についてまとめました。

排卵期を過ぎても量が減らない・または増える

妊娠すると、排卵期を過ぎてもおりものが減らない、または増えたと感じる場合があるでしょう。通常おりものは、排卵期に向かって少しずつ増えていき排卵期でピークをむかえます。しかし排卵が終わればおりものは減少します。

妊娠していると女性ホルモンの分泌量が減らないため、おりものも減らず、逆に増えることもあるでしょう。しかしおりものにも個人差があるため、「明らかに増えた!」と感じるママもいれば「普段と大して変わらないかも?」感じるママもいますよ。

ピンクや茶色のものもある

おりものは通常透明か白色ですが、時々ピンクや茶色のものが出ることもあるんです。これは受精卵が着床した時にでる着床出血が混ざって色がついたと考えられます。

着床出血はすべてのママに起こるわけではなく、普通の生理や排卵出血と見分るのが難しいケースもあるので、着床出血の特徴もまとめておきますね。

  • 起こる期間は生理予定日の1週間前から予定日の間
  • 量は少ない
  • 基礎体温が高温期のまま

生理や着床出血とは違う感じがする場合は、子宮外妊娠や流産、子宮系の疾患の可能性もあります。気になったら早めに産婦人科を受診しましょうね。

卵白状のおりものがでる

卵白ようなおりものが増えるのも妊娠した時に起こる特徴の一つです。実はおりものは、膣内に細菌が入ってくるのを防いだり、受精をサポートしたりする役割を持っているのですが、受精したことでおりものの分泌が一層盛んになるため、おりものが塊のようになって出てくる場合があるのです。

妊娠初期のおりもので気を付けるべき症状

おりものは、女性の体の変化を知らせくれる重要な手がかりになるんです。妊娠初期のおりもので、以下のような状態のものが出るようなら産婦人科を受診しましょう。

カッテージチーズのような白いかたまりが出る

おりものに粘りが無くボロボロしている場合、腟カンジダ症かもしれませんね。正常なおりものなら粘性があるので、乾燥しているような感じがするなら産婦人科で診てもらいましょう。

おりものの量が急激に増える

妊娠するとおりものの量が急激に増えることもあるでしょう。おりものが急激に増えたら、下着は通気性の良いものを身につけるように心がけ、汚れたらこまめに取り替えてくださいね。

汚れると陰部をたくさん洗いたくなってしまうかもしれませんが、石けんなどを使用しての洗いすぎには要注意です。石けんを使用して洗いすぎてしまうと、本来必要な常在菌なども流してしまうため、かえって細菌感染のリスクが上がってしまうんですって!

石けんを使って洗うのは1日1回くらいにしておき、それ以外でどうしても気になる場合は、石けんを使わずに軽くお湯で洗い流す程度にしておきましょう。

色の変化がみられる

おりものの色の変化から、様々な症状を読み取れます。色の変化から考えられる症状を見ていきましょう。

赤っぽい色

赤っぽい色は、何らかの理由で出血があったと考えられます。着床出血なら問題ありませんが、切迫流産や緊急性の高いトラブルである可能性もあるので早めに産婦人科へ行きましょう。

黄色っぽい色

おりものが黄色っぽい場合に考えられるトラブルは膣トリコモナス症、クラミジア感染症、淋菌感染症などです。これらの性感染症は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるので早めに受診してくださいね。

緑色っぽい色

緑色のおりものは膣トリコモナス症やクラミジア感染症で見られる色です。黄色いおりものに血が混ざって緑に見えている場合もあるため、これらの感染症にかかった場合のおりものの色は黄色または緑、黄緑の可能性が高いでしょう。

おりものの色は個人差があるため断定はできませんが、「いつもと違う色だ」と感じるなら受診することをおすすめします。

臭いの変化がある

おりものの臭いの変化からわかることもたくさんあります。おりものの臭いについて知りましょう。

酸っぱい臭い

酸っぱい臭いは、通常のおりものの臭いです。女性の膣内は酸性なので、おりものもお酢に似たような臭いがしますよ。

生臭い臭い

魚が腐ったような臭いなど、生臭い感じがしたらトリコモナス膣炎などの性感染症にかかっているかもしれません。臭いの感じ方には個人差があるので、断定できない部分もあるのですが、いつもと違う臭いがする場合は産婦人科を受診しましょうね。

色が濃く粘り気が強い

おりものは通常透明か白ですが、白血球や雑菌が多く混入すると色が付いて濃くなっていきます。「おりものの色がいつもと違う......。」と感じたら早めに受診しましょう。

我慢できないほどのかゆみが起こる

膣の周辺がかゆい理由は下着などによるかぶれか、性感染症のどちらかですが、度を超えてかゆい場合は性感染症の疑いがありますよ。

ただの下着かぶれならば、陰部が蒸れないような下着を身につけたり、肌に優しい素材の下着を身につけたりすることである程度解決しますが、性感染症の場合は産婦人科で薬を処方してもらって解決するのが一番早いです。

また、かゆいからといってかきむしってしまうと膣周辺が赤くなったり、腫れ上がったり、別の細菌に感染してしまう可能性もあるので、なるべくかかないようにして解決できるようにしてくださいね。

痛みがある

性交や排尿の際に痛みがある場合も何らかの感染症にかかった可能性があります。また子宮筋腫などの婦人科系疾患である場合もあるので、気になるようなら痛みがあることを主治医に話して診てもらいましょう。

おりものの変化でわかる妊娠中の病気

おりものの変化で、妊娠中の病気がわかります。おりものの変化でわかる病気について詳しく見ていきましょう。

外陰腟カンジダ症

膣カンジダは、膣内にいるカンジダ菌が繁殖することに起こる病気でおりものの変化や強いかゆみを伴います。

「かゆみとカッテージチーズ状のおりもの」というのが膣カンジダの大きな特徴で、再発も起こりやすい病気です。膣カンジダに気がついたら産婦人科を受診してくださいね。また膣カンジダを予防する方法も合わせて覚えましょう。

  • 通気性の良い服装をする
  • 入浴などで濡れた後はよく乾かす
  • ナプキンなどはこまめに交換する
  • ビデの使いすぎに注意する
  • 性交渉は避ける
  • 洗いすぎない

不正性器出血

おりものの色が赤かった場合は、不正出血が考えられます。不正出血から考えられるトラブルは以下の通りです。

  • 切迫流産
  • 稽留流産
  • 不完全流産
  • 子宮外妊娠
  • 頸管無力症
  • 常位胎盤早期剥離

すこし不安な単語が並びましたが、妊娠初期の出血は多くのママが経験することで、その出血が流産に直結することはあまりないので落ち着いてくださいね!

切迫流産は流産しかけている状態のことです。切迫流産と診断されると絶対安静となり、病院から薬が処方されるでしょう。落ち着いていればほとんどのママが乗り切れるはずです!実際私が切迫流産でしたが、無事に出産できましたよ!

初期の流産は受精卵の異常によって起こることがほとんどですので、赤ちゃんが正常に発育していれば、出血があっても流産になる可能性は低いです。

子宮外妊娠は、受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうことです。放っておくとママの体に危険が及んでしまうので、この場合は手術が必要になります。

頸管無力症は、子宮頸管が赤ちゃんを支えるだけの力がなく、開いてしまっている状態のことを指します。子宮頸管無力症だと診断されると、場合によっては入院するかもしれません。また子宮頸管をしばる手術を行う場合もあるでしょう。

常位胎盤早期剥離とは、胎盤が何らかの理由で剥がれてしまうことです。この場合は緊急手術が必要になります。いつもよりも明らかに出血が多い、激しい腹痛などがあるなら至急産婦人科を受診しましょうね。

クラミジア感染症

おりものの色が緑や黄色だった場合はクラミジア感染症が考えられます。おりものの変化以外に起こる症状は以下の通りです。

  • 排尿の際に痛みを感じる
  • 性交の時に痛みを感じる

クラミジア感染症は最も多い性感染症です。オーラルセックスで感染する場合も多く、男性にも症状があらわれます。クラミジアが赤ちゃんに感染すると新生児結膜炎や肺炎を引き起こす場合があります。また切迫早産や前期破水の原因ともなるので心当たりがあるなら早めに産婦人科に行きましょう。

腟トリコモナス症

膣トリコモナス症は小さな虫が性器に入り込んで炎症を起こす病気です。性交渉で感染します。自覚症状は無い場合もありますが、主な症状は以下のようになります。

  • おりものが悪臭を放つ
  • おりものが泡のようになっている
  • おりものが黄色や黄緑
  • 膣が非常にかゆい
  • 膣内が熱く感じる
  • 排尿の際に痛みがある

症状に気づかずに放っておくと炎症が拡大し、流産や早産のリスクを高めてしまうのでこまめに検査を受けてくださいね。

淋菌感染症

淋菌感染症は、淋菌によって引き起こされる性感染症です。女性がかかっても自覚症状が無い場合がほとんどですが、おりものが増えたり、膿のような黄色いおりものが出たりすることもありますよ。

妊娠している時に淋菌感染症にかかると赤ちゃんの眼に感染してしまう可能性があるので、新生児はまず眼の治療を受けるんです。性感染症の症状は個人差があります。少しでもおかしいと感じたら早めに産婦人科へ行きましょう!

おりものは人それぞれ。いつもと違ったら早めに受診を!

おりものは、一見何の意味もないように感じられますが、実は女性の健康に大きく貢献しているんです。おりものの悩みは人に相談しづらいものなので、一人で悩みがちですね。

しかし、おりものの悩みは決して恥ずかしいものではありませんよ!

妊娠中は皆何らかの不安を抱えているものです。不安な思いを隠したまま放っておくと後で大きなトラブルになりかねないので、気になることがあったら早めに受診してくださいね。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-, , , , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.