妊娠初期・超初期

【妊娠検査の病院の選び方】初診のタイミングや費用・検査内容は?

更新日:

妊娠すると多くの人が体がだるい、熱っぽい、など体調の変化を覚えます。

妊娠した?と気付くのは多くの人にとって喜びであると同時に初めての妊娠だと、いつ病院に行くべきなのか、病院はどのくらい費用がかかるのか、など不安も多く感じますよね。

そこで、ここでは初めて妊娠した方の不安を取り除くために、初診のタイミングやその時に気をつけておくべきこと、また病院でかかる費用などについてご紹介します。 

妊娠検査薬で陽性反応!

生理が定期的に来ていた人であれば、いつも通りに生理が来ない、もしかして妊娠したのでは?と思ったときに、多くの人が市販されている妊娠検査薬の使用を考えますよね。

妊娠検査薬はドラッグストアで500円~1,000円くらいで販売されています。

妊娠検査薬は妊娠した直後すぐに陽性反応が出るわけではありません。妊娠検査薬の注意事項にも記載されていますが、生理予定日から1週間ほどたった後に使うようにしましょう。

くっきりと陽性反応が出ればいいけれど、もしもうっすらとしか反応が出ていない場合は、1週間ほど時間を置いてから再検査してみましょう。

産婦人科へはいつごろいけば良い?早いと無駄足になることも

 妊娠検査薬で陽性が出た場合、気になるのは「いつ病院に行けばよいのか」ですよね。

妊娠検査薬で陽性が出たからすぐに病院に行かなくてはいけない、と思う方もいるかもしれません。でも、病院で妊娠を判断されるのは「胎嚢」と胎児の「心拍」が確認される必要があります。

生理の周期によって個人差はありますが、

  • 胎嚢が確認できる:妊娠5週目頃
  • 胎児の心拍が確認できる:妊娠6週目頃

になります。

これより早い時期に病院に行って胎嚢と胎児の心拍が確認できなければ、確認できるまで数回病院に通わなければいけません。そうなるとその分病院の費用がかかってしまいますよね。

妊娠6~7週目は生理予定日から6~7週目のことを指しますので、その頃を目安に受診してください。

これって妊娠?症状リスト

妊娠すると体に不調が起きることがあります。個人差があるので、妊娠しても何の症状も無いこともあります。

どんな症状があるのでしょうか?

・生理が来ない

妊娠した症状の代表的な症状ですね。自分の生理周期をカレンダーにつけるなどして把握しておくようにするとよいでしょう。

・少量の出血がある

生理は大量の出血が起きるものですが、妊娠したときは「着床出血」といって、受精卵が子宮内膜に入るときに少量の出血が起きることがあります。

出血量が拭いたら付く程度の量のため、生理と違うなとわかると思います。

・吐き気がある

吐き気があったり実際に嘔吐する、と言う症状はつわりで良く見られる症状です。

・食欲や味覚、臭覚の変化

妊娠初期に食欲が無くなったり、逆に食欲が増すことがあります。

また、今まで平気だった食べ物のにおいが受け付けなくなることも…。

・頻尿になる

妊娠すると体の中の水分が増えて腎臓の機能が活発になるので、頻尿になることがあります。

・眠気やだるさがある

妊娠すると女性ホルモンが急増します。なので眠気があったり、疲れやすかったりだるくなったりしやすくなることがあります。

・微熱がある

妊娠初期は体温が高温期のまま続くので微熱が続いていきます。この微熱はずっと続くわけではなく、妊娠15週目あたりで低温期に落ち着きます。

・感情の変化が激しい

妊娠すると神経が過敏になることがあります。イライラしたり気分が落ち込む人もいれば、明るくハイになる人もいます。

・頭痛がする

女性ホルモンが急増した影響により頭痛が起こることがあります。症状がひどい場合は病院に相談をするようにしましょう。

・胸が張ったり痛みがある

女性ホルモンの影響で胸が張って痛くなったり、乳首が痛くなったりすることがあります。

・おりものが増える

女性ホルモンが増えることでおりものが増えることがあります。一般的なおりものとは違い、水っぽいおりものが増えるので妊娠したと判断しやすいかもしれませんね。

・めまいがする

妊娠すると血管の働きを司る神経が不安定になってしまうことで血液の循環が悪くなり、めまいや立ちくらみがおきやすくなることがあります。

・便秘になる

妊娠すると腸の働きを司る神経も不安定になってしまうので、便秘になることがあります。

・胃痛がある

腸と同様に消化器官の動きも不安定になり、胃痛や胃もたれなどが起きることがあります。

・むくみがある

妊娠して女性ホルモンが増えると体内に水分を溜め込みやすくなり、その結果むくみやすくなることがあります。

病院へ行く前に知っておきたいこと 

初めて産婦人科を受診する場合、どんな準備をする必要があるのでしょうか?

自分の生理周期

病院に行く前に、最後の生理はいつだったかを思い出しておきましょう。胎児の成長や出産予定を考えるためにも妊娠何週目かを知っておくことはとても大切で、そのためには最後の生理日を確認する必要があります。

自分の症状 

最終生理日以外にも、体の調子や今までの妊娠や出産、流産や中絶経験などを確認されます。また、アレルギーの有無や持病、喫煙や飲酒などの生活習慣も確認されるので、自分の症状を性格に答えられるようにしておきましょう。

病院選びはどう決めるの? 

病院を受診することを決めたとき、重要なのはどこの病院にするか、ですよね。

産前だけでなく産後もお世話になる病院はどのように選べばよいのでしょうか?

病院のタイプ 

産婦人科は総合病院など大きい病院にもありますし、個人病院もありますよね。また、助産院もあります。

自分はどんな出産をしたいのか、自分の体の調子や胎児の調子などに合わせて考える必要があります。

また、病院が家からどのくらい離れているか、を考えるのも大切です。

各タイプの特徴 

先に病院のタイプについて紹介しましたが、どんな違いがあるのでしょうか?

・総合病院

総合病院は産婦人科以外にもさまざまな診療科があります。医師の数、ベッド数が多く、NICUなどの設備が揃っているところが多いです。

なので、双子以上の出産や高齢出産などリスクがある場合は、緊急時にすぐ適切な対処をしてもらえる総合病院を選ぶほうが無難です。

総合病院のデメリットは同じ先生に診察してもらえなかったり、診療時間が短いことなどがあります。また、病院によっては産科が無く分娩できなかったり、分娩数を制限している場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

・個人病院

設備や医師数などは病院によってさまざまですが、同じ医師に診察してもらえるのがほとんどです。そのため、心配事などを相談しやすいなどコミュニケーションをとることで安心して出産できるというメリットがあります。

その反面、緊急時に対応することが難しく、万が一の場合は総合病院に救急搬送する、といったことが考えられます。

・助産院

個人の助産師が開業している施設です。ケアがきめ細かいことが多く、中には自宅での出産に対応してくれることもあります。

ただし、応急処置以外の医療行為ができないため、望んだ出産ができないこともあります。病院と提携をしていることがほとんどなので、どこの病院と連携しているのか事前に確認をしておきましょう。

初健診でかかる費用や検査内容 

妊娠健診は病気ではないため健康保険の適応外となり、全額負担になります。どんな検査をして、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

主な検査内容 

初回の健診では、問診、内診、身長、体重測定、尿検査、血圧検査、血液検査などが行われます。病院によっては子宮頸がん検診やクラミジア検査などもすることも…。

初診でかかる費用 

検査内容が病院によって違うので一概には言えませんが、5,000~15,000円程度であることが多いです。念のため多めの金額を持っていきましょう。

診察時の服装 

 

内診では下着を脱ぐ必要があるので、スカートをはいて行くことをおすすめします。パンツやパンストなど脱ぎ着しにくいものは避けましょう。

診察時の持ち物 

妊娠健診は健康保険対象外だけど、だからといって健康保険証を提出しなくてよいわけでもありません。必ず健康保険証を持っていくようにしましょう。

また、他の病院にかかっていたり、服用している薬がある場合は、病院の診察券と薬の処方箋なども忘れないようにしてください。

妊娠の兆候があったら気をつけること 

胎児は母親から栄養を取り入れます。なので胎児に悪影響を及ぼさないようにすることがとても大切です。

ではどんなことに気をつければよいのでしょうか?

飲酒・タバコ

タバコはよく「百害あって一利なし」といいます。それは妊婦だけではなく胎児にも該当します。これは妊婦本人の喫煙でなく周辺の人が喫煙したときの副流煙でも同じです。

妊娠中はできるだけタバコの煙を吸わないように気をつけましょう。

妊娠中に飲酒をすると、そのまま胎児もアルコールを摂取することにつながります。

また、出産後に母乳を与える場合は母乳にアルコール成分が含まれてしまい、赤ちゃんが飲酒状態になるので、授乳中もアルコールを摂取しないようにしましょう。

先天性異常の可能性 

喫煙や飲酒は流産や早産になったり、胎児の知能や体の発達に悪影響を及ぼすことが考えられます。妊娠に気付いたら喫煙や飲酒は摂取しないようにしましょう。

葉酸を摂取しよう

葉酸というのはビタミンBの一種で、胎児の細胞分裂に必要な栄養素です。葉酸が不足すると神経管閉鎖障害といって、二分脊椎や無脳症といった先天異常を発祥するリスクを高めてしまいます。

妊婦に推奨されている葉酸摂取量は1日400μgです。400μgを一般的な食事から摂取するのは難しいので、サプリメントなどで補助することが大切です。

予兆があってもまだ2,3週目

なんだか体調が悪い、もしかしたら妊娠したのでは?と気が急いて病院に向かっても、結局「数週間後にきてください」と言われることがよくあります。安静にしていれば大丈夫なようであれば、少し様子を見てから受診するようにしたほうがよいでしょう。

しかし、安静にしてもどうにもならないくらい体調が悪いようなら、無理をせずにすぐに受診をするようにしましょう。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠初期・超初期
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.