費用・手当

里帰り出産のメリットデメリット産院予約例や住民票について

更新日:

出産の前後で実家に戻り、ママや赤ちゃんのお世話をしてもらえる里帰り出産。「育児経験のある人の力を借りられる」などのメリットがある一方で、「里帰りして後悔」という意見もあるため「里帰り出産をするか迷う…」という人も多いのではないでしょうか。

里帰り出産にはよい面も悪い面もあります。今回は里帰り出産のメリットやデメリット、注意点などについて解説していきます。里帰り出産を考える際の参考にしてくださいね♡

里帰り出産のメリットデメリット

産前産後の過ごし方として選択する人も多い里帰り出産ですが、さまざまな理由から里帰り出産をするかどうか迷っている人も多いと思います。

そんなときに役立つのは先輩ママたちの意見!里帰り出産のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

里帰り出産の大きなメリットとして挙げられるのが「産前産後の体をしっかり休められること」でしょう。

里帰りすると家事などの身の回りのことをほかの人に任せられるので、自分のケアや赤ちゃんのお世話に集中できます。離れて暮らすことになるので、旦那さんの生活の面倒を見る必要もありません。

さらに実家で産前産後を過ごすことで、経験者である自分の親に育児のことを頼れるというメリットもあります。初めての妊娠・出産の場合は特に心強く感じるでしょう。

デメリット

メリットの多い里帰り出産ですが、残念ながらデメリットもあります。

遠方に里帰りする場合、パパは毎日赤ちゃんに会えるというわけではありません。そのため「親になった実感がわかない」というパパも少なからずいます。

また、里帰り出産は親にサポートしてもらいながら産前産後を過ごせますが、行き過ぎると親に頼ることに慣れてしまう恐れも…。

夫婦でその後の育児を乗り越えられなくなることもあるので「自分たち夫婦が主体となって子育てする」という認識をきちんと持ちましょう。

実家が遠方だと移動にお金がかかるので、パパが何度も里帰り先に来るたびにコストが発生することに注意しましょう。

里帰りしてよかったエピソード

「メリットやデメリットを知っても里帰り出産をするか決めきれない!」という人は、実際に里帰り出産を経験した先輩ママたちの具体的なエピソードを参考にしましょう☆

まずは「里帰りしてよかった」と感じてる先輩ママたちのエピソードをご紹介します♡

“家事を母に任せていたので、新生児をじっくり堪能できました。そのおかげか、母乳の出は良かったです!”

引用:井戸端会議/お嫁さんな日々

“おそらく1番助かったのは、母がそばにいていつでも話を聞いて励ましてくれたことです。

母乳を全然飲んでもらえなくてうちひしがれている私に、母乳外来を探して連れていってくれたり、母乳のトレーニングが辛いときには私の好きなパン屋さんに行っておいしいパンを買ってきてくれたり…

たくさんたくさん救われました!!”

引用:しのくろ育児録

“当初は主人と2人で迎えであげたいと強く思っていましたが、いま振り返ると、里帰り出産したことで親孝行もでき、親族みんなに祝福してもらうことができてとてもよかったなぁと思います。

その頃のビデオや写真を見ると、みんなの笑顔に囲まれた娘がたくさん写っています。周囲の力があってこその子育てだと初めに思った瞬間でした。”

引用:nanapi.jp

やはり、育児経験のある大人がそばにいるという安心感は里帰り出産ならではのメリットですね!孫の貴重な新生児期を見せることが親孝行につながるというポイントも盲点だったのではないでしょうか。

ちなみに私には2人子どもがいますが、上の子の出産の際に里帰りしました。育児経験のある両親が赤ちゃんのお世話を手伝ってくれたり、料理や洗濯などの家事をすべてやってくれたりと本当に助かりましたよ♡

久しぶりに実家で過ごせたことも嬉しかったポイントです。3ヶ月ほどの里帰りでしたが、これほど長く実家に滞在したのは約10年ぶり。結婚後では初めての長期滞在です。

両親との時間もしっかりとることができ「もっと一緒に過ごせばよかった…」と後悔しない過ごし方ができたと思っています☆

里帰りしなければよかった後悔エピソード

納得のいく里帰り出産をするためにも、どのようなことに後悔したのか参考にしてみてくださいね。

“私の場合は産後、父母から色々言われてお互いイライラしてました。初めての子で色々考えながら育児してるのに、母はたくさん子供を育ててきた自信があり、私の意思とは関係なしに、育児を手伝ってくれてました。

今思えば、私をゆっくりさせてあげたい、育児の先輩としてお手本を見せたいって気持ちがあったのかな...と思ってます。”

引用:WOMEN'S PARK

“私は家から実家までは遠くはありませんが、出産後実家に二週間ほど居ました。ウチに来なさいと母が言うので仕方なく。。

元々はもっと居る予定でしたが、物だらけ、ゴミだらけ、ぐちゃぐちゃの家で、とてもじゃないですが精神的に落ち着く環境ではありませんでした…

私の子は夜中も30分起きに泣くような大変な子でしたが、それでも落ち着いた環境の自分の家で育てた方が、はるかに良かったです。”

引用:Yahoo!知恵袋

“父も母も、自分達は可愛がるだけで、泣いたりオムツ替えの時は何の役にも立ちませんでした。

私が作って冷ましたミルクを、横から奪い取って子供に飲ませたり、子供の機嫌のいい時だけ抱っこしたり。

私がシャワーを浴びる間、子供の面倒を見ててとお願いしたのに、ギャン泣きの我が子をほったらかしてテレビを見ていました。

元々両親とは気が合わなかったですし、産後のイライラも相まって大喧嘩になりました。

産後里帰りした事を今でも後悔しています。”

引用:発言小町

育児にうるさく口を出されたり、ママがしようとしている赤ちゃんのお世話をさせてもらえなかったりと、育児に関することで衝突しストレスを感じたというママが多いようです。

反対に、赤ちゃんのお世話やママの身の回りのことをまったく手伝ってくれなかったというケースも見られました。ママや赤ちゃんが快適に過ごせるとはいえない環境だったという人も少なからずいます。

親やきょうだいなどと気が合わない人や、実家やその周辺の環境では産前産後を過ごすのが不安という人は、里帰り出産を本当にすべきかどうかよく考えたほうがよさそうですね。

里帰り出産はいつ帰る?

里帰り先で出産する場合は出産前に実家に移動します。臨月に入るといつ生まれてもおかしくない状態になるので、遅くとも妊娠34~35週までには里帰り先での生活をスタートしましょう。

「産前は大丈夫だけど産後は実家のサポートがほしい!」というママは産後に赤ちゃんと一緒に実家に帰るのもアリです。

でも、産後すぐのママの体は思っている以上にボロボロ。赤ちゃんも新生児の間は長時間外に出るのはよくありません。体調のことを考えて慎重に行うようにしましょう。

里帰り期間はいつからいつまで?

産前産後を実家で過ごす場合、一般的に妊娠34週ごろから産後の1ヶ月検診を終えるころまでの約2~3ヶ月を里帰り期間とする人が多いようですが、家庭の事情によって期間の長さはさまざまです。

旦那さんが激務で育児への協力が難しかったり、ママや赤ちゃんの体調が思わしくなかったりする場合は里帰りを延長する人も多くいます。

里帰り出産の期間は決まっているわけではないので、パパやご両親、医師などの意見を聞きながら事情に合わせて里帰りしてくださいね♡

里帰り出産をしない場合の乗り切り方

「里帰り出産したいけど実家と都合がつかない」「今回は夫婦だけで頑張ってみるのもいいかも」と里帰りせずに出産しようと考えているママもいるでしょう。体力的には大変ですが、工夫をすれば夫婦2人でも産前産後を乗り切れます。

里帰りせず自宅周辺の病院・産院で出産する場合は、旦那さんの協力がとても重要です。可能であれば育休をとってもらい、退院後の家事や育児に協力してもらいましょう☆

育休がとれない場合は勤務時間の調整をしてもらい、できるだけ家にいてもらえるようにしておくと安心ですね♡

育休も勤務時間の調整も難しいという場合は、シッターさんやファミリーサポートを利用するのも1つの手です。早めに探して登録しておきましょう☆

里帰りしないとこんなメリットも

パパとママだけで産前産後を乗り切るのは大変ですが、この大変な時期に夫婦2人で育児をスタートできることで生まれるメリットもあります。

産後のママはほとんど寝る暇がありませんが、パパがいればパパに協力してもらえます。パパもママの大変さをそばにいて実感することができるでしょう。

お互いをいたわる心も生まれますね♡このように夫婦の絆が深まったという意見も多く聞かれます♪

また、二度とない新生児期の赤ちゃんとパパが毎日のようにふれ合えるのも嬉しいポイントです。子どもとパパとのつながりも強くなるでしょう。

里帰り中の旦那のこと

ママが里帰りする場合、パパは自宅に残されることになります。家のことはもちろん、1人で過ごす旦那さんの精神的な面も気になりますね。ママが里帰りしている間のパパはどのように感じるのでしょうか。

妻が家にいないと夫は寂しい?

1人暮らしになるので、はじめは好きなものを食べたり好きな場所に行ったりと満喫できるかもしれません。

でも、時間が経つにつれて寂しく感じる旦那さんも多くなるようです。なかには浮気に走るという旦那さんもいるようで…(´・_・`)

里帰り中はお腹や赤ちゃんの写真を送るなど、旦那さんが寂しくないようにこまめに連絡をとりましょう♪旦那さんも仕事に家事に1人で頑張っていることを忘れないであげてくださいね♡

家事や生活面はどうなる?

仕事をしながらでも家事をきちんとこなせるパパもいますが、家事が全然できないパパの場合は里帰り先から自宅に戻ってきたら家が悲惨な状態になっていたという話もよく聞きます。

里帰り前に自分のことは自分でやってもらうよう、しっかり伝えておきましょう。お掃除ロボットや食器洗浄機などを導入するのもオススメです♡(産後のママの心強い味方にもなりますよ!)

里帰りする上で旦那側のメリットデメリット

ママが里帰りしている間、パパはママや赤ちゃんのお世話をする必要がありません。そのため仕事や自分のやりたいことに集中できるというメリットがあります。

一方で、ママや赤ちゃんがそばにいないことで寂しく感じる人も多くいます。また休日はママと過ごすことが多かったというパパにとっては、せっかくの休日も退屈なものになってしまうかもしれません。

里帰り出産では出産に立ち会うことが難しいというデメリットもあります。移動に時間がかかるという点も旦那さんが負担に感じるポイントといえるでしょう。

里帰り出産の病院予約について

遠方に里帰りする場合、里帰り先で出産する病院や産院を探す必要があります。事前に分娩予約をしておかなければならないので、里帰り出産することを決めたらすぐに病院や産院を検討し始めましょう。

里帰り先での病院・産院探しから分娩予約まで、どのように進めていけばよいか具体的に見ていきましょう♡

里帰り先の病院をよく調べ早目に予約する

最近では出産できる病院も減ってきています。「〇〇産婦人科」という名前の病院でも検診のみで分娩は扱っていないというところもあるので、分娩ができる施設かどうかしっかり確認しながら病院や産院を調べましょう。

注意すべきなのは分娩予約のタイミングです。多くの病院や産院では1ヶ月に〇人といったように分娩予約ができる人数が決まっています。早めに予約がうまってしまうので里帰りが決まったらすぐに分娩予約を入れておきましょう。

出産予定日が決まる妊娠9~10週ごろには予約を入れられるように動くと安心です。それ以降はできる限り早めに分娩予約を入れるようにしてくださいね☆

里帰り先の病院が決まったら今の病院にすぐ報告

里帰り先の病院や産院が決まり分娩予約が取れたら、現在通っている病院や産院に検診時にでも報告するようにしましょう。

病院や産院によっては紹介状の作成に日にちがかかることがありますし、ママや赤ちゃんのことで里帰り先の病院や産院に伝えたいことがあるかもしれません。

スムーズに里帰り先の病院に移れるようにするためにも、早めに報告してくださね♡

里帰り出産がキャンセルになる場合も考慮して

里帰り出産をするつもりでいても、何らかの事情で里帰り出産ができなくなる場合もあります。

実家の事情などで間違いなく里帰り出産ができるかどうか不安だという人は、病院や産院に相談し、念のため現在通っている病院と里帰り先の病院との両方の予約をおさえておくというのも1つの方法です。

里帰りするかどうかが正式に決まったら、利用しないほうの病院・産院の分娩予約は忘れないようにキャンセルしてくださいね☆

里帰り出産の交通手段について

里帰り先が遠方の場合、車や飛行機、新幹線を利用する人もいるでしょう。なかには国際線を利用しなければならないという人もいるかもしれませんね。

里帰りの際に長距離移動するときの注意点について確認していきましょう。

飛行機の場合

飛行機の場合は、妊娠34~35週ごろまでには里帰り先につくように計画を立てておくとよいでしょう。経過が順調な場合でも、臨月に入ると搭乗に診断書が必要になるなど手続きに少し手間がかかるケースが多いようです。

また、飛行機に赤ちゃんを乗せる場合にも航空会社によって決まりがあることに注意しましょう。多くの航空会社では生後1ヶ月ほどの赤ちゃんであれば搭乗可能ですが、念のため利用する予定の航空会社に前もって確認しておくと安心です。

国際線は国内線よりも細かい規定があるので、事前に必ず確認しておいてくださいね♡

新幹線や特急の場合

新幹線や特急では、混雑しやすい土日や長期休みをできるだけ避けましょう。

自由席ではなく指定席を予約しておくと必ず座れるので、予約できるようになったらすぐに座席を予約しておくことをオススメします。

里帰り先から赤ちゃんを連れて自宅に戻る際には、移動中のどこで授乳やオムツ替えができるか確認しておくと安心です。各鉄道会社の駅構内図や車両案内をチェックしておきましょう☆

荷物が多いと移動が大変なので、宅配便で送れるものは事前に送っておきましょう。ただし、母子手帳は必ず携帯してくださいね♡

車の場合

車で移動する場合も混雑しやすい日や時間帯を避けたほうが無難です。高速道路を使う場合は休憩する場所が限られてくるので注意しましょう。

赤ちゃんを乗せて自宅に連れて帰る場合は、ベビーシートを忘れずに。同じ姿勢で長く車に乗っているのは赤ちゃんにとってもツラいことなので、サービスエリアなどでこまめに休憩をとってくださいね♡

移動するルートのどこで授乳やオムツ替えができるのかもチェックしておきましょう♪

里帰り出産の準備品リスト

里帰りの準備と出産の準備の両方をしなければなりませんが、同時にする必要はありません。出産に必要なものは里帰り先で準備するなど、工夫すれば準備するときの負担も少なくなります。

では、里帰りに必要なものと里帰り後に準備すればOKなものをそれぞれチェックしていきましょう♡

【里帰りに必要なもの・持っていくとよいもの】

  • 母子手帳
  • 紹介状
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 購入済みのマタニティグッズ
  • メイク用品やスキンケア用品
  • すでに準備している赤ちゃんの服(50~70くらいのサイズのもの)

【里帰り後に準備すればよいもの】

  • 赤ちゃんの服・肌着
  • 赤ちゃんの布団
  • ベビーバス・ベビー用ボディソープなどの沐浴用品
  • 綿棒や爪切りなどの赤ちゃんのケア用品
  • ベビーシートやチャイルドシート(車で移動する場合)
  • オムツ・おしりふき
  • ミルク・哺乳瓶・哺乳瓶の洗浄や消毒をする用品
  • 母乳パッドなどの消耗品

里帰り期間が長い場合(3ヶ月以上)の注意点

一般的には2~3ヶ月となることが多い里帰り出産ですが、ママと赤ちゃんの体調や家庭の事情などでそれよりも長く実家に滞在する人もいるでしょう。

里帰り期間が3ヶ月以上と長くなる場合は、さらに注意したほうがよい点が出てきます。長期間の里帰り出産で気をつけたほうがよいポイントについて見ていきましょう☆

里帰り先の自治体の妊婦健診票や予防接種問診票がない

妊娠中の検診や1ヶ月検診にかかる費用は、保険が適用されない代わりに自治体から補助券がもらえるので経済的な負担が軽減されます。

でも、自宅と里帰り先の病院・産院とで自治体が異なる場合はその補助券をそのまま使うことができません。後から補助を請求できる自治体もありますが、いったん自費で検診を受けなければならないことに注意しましょう。

ママと赤ちゃんの1ヶ月検診も同様です。また、生後2ヶ月からスタートする予防接種についても自治体が違えば自宅のある自治体の問診票は使えません

これらの問題を解決するために、いったん住民票を移すという人もいます。ママと赤ちゃんの住民票を里帰り先の住所にしておくことで、里帰り先の自治体の補助が受けられます。

ママの住民票を移す場合、移動する14日ほど前から転出届を受け付けてもらえます。里帰りした日の14日以内に、里帰り先の自治体に転入届を提出することを忘れないようにしましょう。

実家だとしても金銭負担は気にしよう

長い間実家にいることになると、ママの身の回りにかかる費用はもちろん、赤ちゃん用品の購入にかかる費用を親に負担してもらう機会も増えます。

里帰りが長期化するとこれらの費用は高額になってきます。実家とはいえ甘え過ぎないようにして気にしておきましょう。

ママと実家との関係にもよりますが、自分たちの生活費くらいは用意し状況を見て渡すことをオススメします。

里帰り期間や病院は体調を優先して無理なく決めよう

里帰り出産は産前産後の大変な時期に「ママや赤ちゃんのお世話を手伝ってもらえる」などといったメリットがたくさんあります。

一方で「育児に口を出されて嫌だった」といったように後悔する人も少なくありません。

里帰り出産のメリットやデメリット、里帰り出産をしたことがある人の経験談などをふまえて、自分は里帰りをしたほうがよいかどうかをじっくり考えましょう☆

里帰り出産することを決めたら、実家に滞在する期間や分娩予約する病院・産院を決めていきましょう。期間や病院はママや赤ちゃんの体調を優先し、決して無理をしないようにしてくださいね♡

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-費用・手当
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.