妊婦の体ケア

気になる妊娠線は産後でも消せる?自宅でできる3つの方法

投稿日:

産後の妊娠線が気になっているけど、赤ちゃんのお世話が始まると妊娠線のケアって難しいと思いがち。でも、今の生活スタイルに取り入れられる方法が見つかれば試してみたいですよね。忙しいけれどキレイでいたいママに向けて、自宅で簡単にできる「保湿」「マッサージ」「生活習慣」の3つのケア方法を徹底解説します。

産後に妊娠線が目立ってしまうメカニズムとは

どうして産後に妊娠線が目立ってしまうのかというと、出産前にはグッと出ていたお腹で見えなかった体の部分が見えるようになって妊娠線に目がいくようになるからです。でも、産後に妊娠線が目立ってしまうメカニズムもあるんです。

肌の構造は大きく分けると3構造。表面から見ると、

  1. 表皮(ひょうひ)
  2. 真皮(しんぴ)
  3. 皮下組織(ひかそしき)

という構造でできています。妊娠線はホルモンバランスや体型の変化が原因で、真皮が断裂を起こしている状態です。

どうして真皮なのかというと、表皮より伸びにくいから。表皮は体に合わせて伸びているからそのまま壊れず、断裂した真皮とその下の皮下組織の血管の色が見えて、妊娠中の妊娠線は赤や紫の色をしているんです。

産後の妊娠線は、真皮の断裂が修復しつつあるからだんだん白っぽくなる人が多いです。妊娠中よりはだいぶ目立たなくなっていくと思いますよ。

保湿で産後の妊娠線をケア

産後の妊娠線をケアするためには保湿が重要!妊娠中ではなく産後だから注意したいポイントを4紹介していきます!

オイルやクリームは続けやすい価格で

妊娠線予防や保湿のための商品はものすごい数が存在していて、価格もいろいろ。高いオイルやクリームのほうが効き目があるかも!と思いがちです。

でも、「毎日欠かさずたっぷり塗る」というのが保湿の基本なんです。

価格によってはそうはいかないですよね…。だから、オイルやクリームを選ぶ時に「約〇か月分」も注目してみてください。妊娠線のケアだけじゃなく全身の乾燥したところにもたっぷり使うなら、「約〇か月分」×何本?という計算になりますよね。

オイルやクリームは、産前産後だけじゃなくずーっと使うかもしれないんです。だから、いつ買い足しても大丈夫な価格の商品を賢く選ぶことはママと妊娠線ケアにとって、とっても重要です。

好きなテクスチャーや香りを選んで

産後の妊娠線ケアのために毎日欠かさず塗ってほしいから、保湿オイルやクリームのテクスチャーってすごく大事。

肌に塗った時のチェックポイント

  • 伸び方
  • べたつき感
  • 乾燥するまでの時間

プラス「好みの香り」を選ぶと、途中で挫折して選びなおし…なんてことを防げます

オイルやクリームを手の平に出してみた時、あまりに液状だとお尻や太股に塗りづらかったり、床や家具に垂れたりすることもあります。商品選びの参考にしてみてくださいね!

低刺激性のものを

産後に低刺激?と思うママもいるかと思います。でも、産後って一時的に女性ホルモンが激減するんです!なぜかというと、妊娠中には体の中にいた赤ちゃんも胎盤も外に出てしまうから。

例えば、妊娠中には止まっていた生理が来るのに約半年~1年かかるのも、女性ホルモンのバランスが元に戻ることと関係しているんです。このホルモンバランスの変化で肌が敏感になるママも少なくないというわけです。

だから、産後のママの肌トラブル予防のためにも、

  • 界面活性剤
  • 石油成分
  • アルコール(エタノール)

などが含まれている保湿剤はなるべく避けて、低刺激性のものを選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんも使えるものを

産後はママはもちろん、赤ちゃんにも保湿が必要。ママと同じオイルやクリームを使えれば無駄も少なくすみますよね。どうして赤ちゃんにも保湿が必要かというと、赤ちゃんの肌は大人の肌に比べて、

  • 半分以下の厚さ
  • 水分を保つ力も弱い

だから、とってもデリケートなんです。さらに、成長するにつれて少しずつ皮脂の分泌量も減っていくので赤ちゃんの肌は乾燥しやくなっちゃうんです。

ママと一緒に保湿クリームを使ってあげると、

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 細菌

という外から受ける刺激から赤ちゃんの肌を守ることができて、もともと体に備わっている肌のバリア機能も保てるんです!保湿をするためのオイルやクリームを選ぶ時には、成分表をよく読んで「赤ちゃんにも使えます!」と書かれている低刺激の商品を選んでみてくださいね!

マッサージで産後の妊娠線をケア

産後の妊娠線のケアのためにおすすめするマッサージ法を紹介します。

特に妊娠線のできやすい部位

  • お腹
  • バスト
  • お尻と太もも

マッサージの動画も見ながらやってみてください。なお、動画ではオイルを使用しています。もちろん伸びが良いクリームでもOKです^^

妊娠線のケアのためのマッサージをするタイミングは、できれば1日2回の朝晩。特に肌が清潔で柔らかくなっているお風呂上がりに念入りに行うのがおすすめです。

(動画全体の埋め込みコードを一応貼っておきます)

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Wp1oqPlf1JE" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

https://youtu.be/Wp1oqPlf1JE

お腹の妊娠線をケアするマッサージ

(お腹のマッサージの部分の埋め込みコード)

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Wp1oqPlf1JE?start=50&end=142" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

【両手でマッサージ】

  1. 円を描いてお腹全体にオイルやクリームを塗る
  2. お腹の横から恥骨に向けて、小さく円を描きながら斜めにマッサージ
  3. おへその下とお腹の横をゆっくり往復するように滑らせる
  4. お腹の横からミゾオチまで滑らせた両手がぶつかったら下におろし、正面から見るとハートマークを描くようにマッサージ

このマッサージをそれぞれ数回ずつ行います。

バストの妊娠線をケアするマッサージ

(バストのマッサージの部分の埋め込みコード)

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Wp1oqPlf1JEstart=143&end=226"

frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

【右手⇒左のバスト 左手⇒右のバストをマッサージ】 

  1. 片方ずつ円を描くように全体にオイルやクリームを塗る
  2. 両手を使って、バストの下側や脇にもオイルやクリームを塗る
  3. 鎖骨の下に手の平を当てて、片方ずつ外側に向かってマッサージ

このマッサージもそれぞれ数回ずつ行います。でも、産後のバストのはり方や乳腺のトラブルが原因の痛みがあるママは、始めから長時間のマッサージは避けるのがおすすめです。

お尻・太ももの妊娠線をケアするマッサージ

(お尻・太もものマッサージの部分の埋め込みコード)

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Wp1oqPlf1JEstart=231&end=313"

frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

【両手を使ってマッサージ】

  1. お尻は腰から太ももの付け根へ滑らせたら、肌を持ち上げるように円を描いて腰に戻る
  2. 太ももは塗りやすいように片足を少し高さがあるところに乗せて、足の付け根から膝に向けてオイルやクリームを伸ばしていく
  3. 最後に両手で絞るようにしてマッサージ

お尻や太ももは産後の妊娠線はもちろん、セルライトができやすい部分。なるべく念入りにマッサージできるといいですよね!

生活習慣で産後の妊娠線をケア

保湿オイルやクリームと合わせて大切なのが生活習慣。産後の妊娠線をケアするには、体の外側からだけじゃなく内側からのサポートも重要なんです。

生活習慣で気を付けるポイントを6つ紹介します!

成長ホルモンを促すことが大切

成長ホルモンは肌の細胞分裂や再生を助けてくれるから、肌の代謝する力を高めて妊娠線を目立たなくするためには必要なんです。

成長ホルモンの分泌がうまくできないと肌の代謝だけじゃなく、生体リズムも崩れてしまい、免疫力が低下したり自律神経が乱れてしまうことも。産後の妊娠線ケアはもちろんのこと、健康的な生活を送るために重要な働きをしてくれます。

成長ホルモンを促すために必要な栄養素とは

成長ホルモンの分泌を促すためには、食品から吸収する栄養素にも注目しておきましょう。とくに、全ての細胞が作られる時に必須の栄養素でもある、亜鉛を含む食品がおすすめ!

亜鉛を多く含む食品
  • ココア
  • アーモンド
  • 胡麻
  • 牡蠣
  • 納豆
  • 高野豆腐
  • 豚肉
  • チーズ
  • 小麦など

体のいたるところで必要な亜鉛を意識的に取り入れることは、成長ホルモンの分泌を助け、食卓に出すことで家族の健康作りにもなります。

睡眠の質を高める

成長ホルモンは睡眠中に一番分泌されるホルモン。だから、睡眠自体が足りないと肌の代謝も悪くなりやすいです。産後の妊娠線ケアには睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌を促すこともポイント!リラックスして深い眠りの時間を増やしましょう。

でも、産後は赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがち。赤ちゃんの声はママの耳に届きやすい音域なので「泣く=ママが一番に気づく」となると、なかなか深い眠りって難しいですよね。

家族や友人の手助けを受けられるなら、赤ちゃんを連れて別の部屋にいてもらい1分でも深く眠れる時間を作ってみてください。

適度な運動をする

産後の妊娠線ケアに重要な成長ホルモンは、運動と深い関係にあります。

成長ホルモン=筋肉や臓器の発達、血行促進、脂肪燃焼を助ける

つまり、運動することで成長ホルモンが分泌しやすい状態になるんです。さらに、ストレス発散をすることも成長ホルモンの分泌を助けてくれます。

でも、産後の体の回復と栄養、睡眠をまず優先させて、適度な運動ができる状態になってから、短時間のウォーキングやストレッチから始めてみてくださいね。

コラーゲンの生成を促す栄養と食べ物

コラーゲンは肌の弾力を保つことをサポートしてくれるから、産後の妊娠線のケアにも欠かせない存在です。出産時の女性ホルモンが一時的に激減すると伝えましたが、体内で作られるコラーゲンの量にも影響が出てしまいます。

コラーゲンをうまく作るためにはタンパク質とビタミンCが必須の栄養素!肉類や色の濃い野菜や柑橘系の果物を食べるようにしましょう。

良質なタンパク質
  • 乳製品
  • 鶏の胸肉
  • 大豆
  • 白米など
ビタミンC
  • パプリカ
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • イチゴ
  • アセロラ
  • キウイ

さらにコラーゲンの生成を抑えてしまうものがコチラ。

  • 揚げ物などの高脂肪な食事
  • お菓子や飲み物からの糖分の摂り過ぎ

産後の妊娠線のケアには、タンパク質とビタミンCを意識した食事からコラーゲンの生成を助けるのも重要なポイントです。でも、揚げ物や甘い物の食べ過ぎには注意してみてくださいね。

ストレスはお肌の大敵

出産前と産後では環境もガラッと変わるから、ストレスを感じることも多いはず。ストレスホルモンの分泌は血流や新陳代謝にも影響するから、産後のママの健康を保つためにストレスを減らすことは大切です。

★なぜ「ストレスは肌の大敵」と言われるのか?

  1. ストレスホルモンが分泌される
  2. 活性酸素が体の酸化を進めてしまう
  3. ターンオーバーが乱れて、体だけではなく肌の老化現象が起きる
  4. 特に肌の中の真皮(しんぴ)自体が弱くなる

妊娠線は真皮の断裂が原因だから、「産後の肌のターンオーバーがうまく機能しているかどうか?」は妊娠線のケアにとってすごく重要なんです。ストレスを溜めすぎない工夫を心がけてみてください。

産後の妊娠線ケアは無理なく続けられる方法を選ぶのがベスト

産後の妊娠線のケアがしたいと思った時、かけられる時間や価格はもちろん、「今からできて続けられるか?」がポイント。キレイでいたいと願うママが、無理なく生活スタイルに取り込める方法を探してみてくださいね!

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊婦の体ケア
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.