妊婦の体ケア

妊娠線クリームっていつから使うの?選び方のポイントやクリームとオイルの違いまで丸っとご紹介!

更新日:

妊娠すると心配なのが妊娠線。妊娠線を作らないためには妊娠線クリームなどを使うのがいいんですが、いろいろありすぎて迷ってしまいますよね…

妊娠線のメカニズムがわかれば、自分に合った妊娠線クリームを見つけることができるはず!クリームだけでなく妊娠線ケアにはオイルもおすすめ。クリームとオイル、それぞれのメリットやデメリットと併せて、上手な選び方も伝授しちゃいます♪

妊娠線ってどうしてできるの?

実は私も妊娠して実際にお腹が大きくなるまでは知りませんでした…メカニズムを知れば、妊娠線クリームの必要性もよくわかると思います♪予防法にもつながるはずなので、妊娠線のメカニズムをチェックしておきましょう。

皮膚の伸びから

妊娠5ヶ月頃になると、お腹が少しずつ目立ち始めます。ようやく妊娠したことを実感し始めるのもこのころ。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹の皮膚もどんどん伸びて広がります。風船を大きく膨らませた時のことをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

お腹が大きくなってくると、引っ張られるような感じで皮膚が伸びていき薄くなります。お腹が大きくなるスピードに皮膚の伸びが追い付かないと亀裂ができてしまいます。これが妊娠線となるんですね。

皮膚が乾燥しがちで固い人は妊娠線ができやすい、といわれています。

妊娠中は肌のハリが失われる

妊娠中は何かと体の変化がみられるものです。そのひとつが肌質の変化。これも妊娠によるホルモンバランスの乱れが影響しています。

妊娠すると『ステロイドホルモン』というホルモンの分泌が活発になり、コラーゲンが失われやすくなるそうです。そうすると肌の保水力が落ち、乾燥が気になるように。肌が乾燥すると肌表面のハリが失われ、大きくなるお腹の伸びに耐えられず亀裂が入りやすくなるというわけ。

もともと乾燥肌の人は特に注意が必要ですが、妊娠してから乾燥が気になるようになったという人も多いので、しっかりケアをしたいところです。

急激な体型の変化

妊娠中は体型の変化もつきもの。体重が増え、全体的に丸みを帯びるのは赤ちゃんを守るためにも必要な変化なんですよ。

でも、急激な体重の増加や体型の変化は、妊娠線ができやすくなります。少しずつ体重が増えるのはいいんですが、2週間で5kgも増加するなど、急激に体重が増えた時には要注意!

妊娠線は『肉割れ』とか『ストレッチマーク』などと呼ばれることもあり、妊婦さん以外にも急に太った人にもできることがあるんですよ。妊娠中の体重の管理は、妊娠線を予防するためにも大切なことなんですね。

妊娠線クリームはいつからいつまで使う?

妊娠線予防に妊娠線クリームを使う人は多いですが、実際のところ『いつからいつまで』使えばいいのかわからないですよね。

妊娠線クリームは、お腹が大きくなり始める5ヶ月頃から産後まで使い続けるのがおすすめなんです。お腹だけでなく全身に妊娠線クリームを使うと、お腹以外に妊娠線ができるのも防げるんですよ!

妊娠5ヶ月ごろからできる人もいる

『妊娠線ができるのはお腹が大きくなってから』と思っている人は多いですよね。確かにお腹が大きくなってからのほうが妊娠線ができるリスクは高め。でも、お腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月ころからできてしまう人も少なくありません。

妊娠線クリームを使い始めるベストな時期は、妊娠がわかってすぐ!お腹が大きくなり始めると、想像を超えるスピードで大きくなるんですよ。なので、お腹が大きくなる前に皮膚を柔らかく保つために、妊娠線クリームを使ってケアを始めてみてくださいね♪

私も妊娠がわかったと同時に妊娠線クリームを使い始めました。おかげで妊娠線は2、3個のみ!どんなに遅くても妊娠5ヶ月には妊娠線クリームを使ったケアを始めるのがおすすめです。

胸やお尻などにできる人もいる

体型の変化はお腹周りだけだと思ったら大間違い!妊娠するとお腹は大きくなりますし、腰回りやお尻、二の腕も丸みを帯びてふっくらとします。さらに驚きの変化をするのがバスト!

妊娠することで変化しやすい部位

  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • バスト
  • 二の腕

妊娠することで変化しやすい部位=妊娠線もできやすい部位といえるんです!

お腹にだけ妊娠線クリームを塗っていたら、腰やお尻にできていたという人も少なくありません。実際私もケアをしきれなかったバストの側面に妊娠線が1本できていました…

特に自分からは見えにくい場所にできてしまうんですよね~ぬかりなくチェックしてしっかりケアをしたいところです。

産後は胸の張りで胸に授乳線ができることも

妊娠線クリームは妊娠中だけ使ったという人も多いですよね。私も妊娠線クリームは出産と同時に卒業しました。でも、産後もまだ油断はできないんです!

産後は赤ちゃんにおっぱいをあげるので、妊娠中よりもバストが大きくなるという人も少なくありません。バストが大きくなると、バスト周りに『授乳線』と呼ばれる妊娠線とよく似た皮膚の亀裂ができてしまうことも。

産後もまだまだホルモンバランスは整ってないから、肌は乾燥したり荒れたりしやすい時期。出産したからといって油断せず、バストの大きさが安定するまでは妊娠線クリームでスキンケアを続けましょう。

妊娠線クリームとオイルのメリット・デメリット

妊娠線を予防するには、妊娠線クリームと妊娠線オイルの2種類を上手に使ってケアする方法が一般的。それぞれ特徴が違うので、使いやすいほうを選ぶことが大切です。

特徴を理解して、自分に合ったアイテムを選ぶようにしてくださいね♪

妊娠線クリームのメリット

肌馴染みが良い

妊娠線クリームは水分がたっぷりで、スーッと肌になじむのが最大のメリット。肌なじみがいいのでべたつきをほとんど感じないこともうれしいポイントですよね。

保湿力と保水力のバランスがいいので、肌に水分を与えつつ保湿や保護をしてくれます。乾燥肌の人には妊娠線クリームのほうが使い心地がいいと感じるかもしれませんね。

赤ちゃんと一緒に使えるものもある

肌に優しい成分を使っている妊娠線クリームも多く、妊娠中は妊娠線予防のために使い、産後は赤ちゃんと一緒に使えるというアイテムも増えています。赤ちゃんにも使えるアイテムは、敏感な肌へも安心して使えますね!

香りが少なかったり余計なものが入っていなかったりと、低刺激ということも大きなメリット。

妊娠線クリームのデメリット

保湿力がオイルより劣る

保湿力と保水力のバランスがいいものの、オイルと比べると保湿力はやや劣ります。妊娠線クリームはこってりしたテクスチャのものが多いですが、やはり持続性を考えるとマイナスポイント

クリームによってはしっかり保湿してくれるものもあるので、自分の肌で使用感を試してみるのがおすすめですよ。

敏感肌に合わないこともある

妊娠線クリームはしっかり保湿するために様々な成分が配合されています。どんなアイテムでもいえることですが、肌が乾燥しすぎたり敏感になっていたりすると、なにかの成分が肌に刺激となって、ピリピリしてしまうことも。

香料や保存料などの添加物ができるだけ少ないものを選んだり、実際に使っている人の意見を参考にしたりして、刺激の少ないものを選びましょう♪

妊娠線オイルのメリット

保湿力が高い

クリームに比べると肌のしっとり感が持続し、1日1回塗るだけでも夜まで肌をふっくらさせてくれるんですよ♪オイルの滑らかさがそのまま肌に移ったような、ごわつきのない肌にしてくれます。

手のひらで温めてから塗ると、より浸透しやすく保湿力がアップしますよ~

敏感肌の人でも使いやすい

妊娠線オイルは天然成分を100%使った低刺激のものがほとんど。余計なものが一切入っていないオイルを選べば、肌にも優しいですよね♪添加物が気になる人や敏感肌の人は、安心して肌に乗せることができる妊娠線オイルのほうがおすすめです。

でも、オイルも人によって合う合わないがあります。使ってみて肌に合わないと感じたらすぐに使うのをやめてくださいね。

妊娠線オイルのデメリット

香りが強いことも多い

妊娠中はにおいにもかなり過敏になりますよね。妊娠前にはいい匂いと思っていたものが、急にダメになってしまうことも…

妊娠線オイルは香りが強いものが多く、使用感が良くても香りが強すぎて使えなかったという人は少なくありません。香りもしっかりチェックしてから使うことが大切です。

べたつくことがある

オイルの保湿力にもつながる部分なのですが、オイルのべたつきが苦手だという人は多いんです。さらっとしたテクスチャのオイルもありますが、多くはヌルヌル・ベタベタを感じます。

膜を張ったような使用感を感じるものもあり、肌なじみや塗った後の使用感はクリームのほうがいいと感じる人はとっても多いですよ。

妊娠線クリームは市販で代用できる?

妊娠線クリームは意外と高くて、『市販のクリームじゃダメなの?』と思っている人は少なくないはず。使い方によっては市販のクリームで代用することもできますが、『絶対に妊娠線を作りたくない!』という人には、専用の妊娠線クリームを使うのがおすすめなんです。

やはり妊娠中は妊娠線クリームを選ぼう!

普段使いできるボディクリームなども、しっとりと潤う保湿力の高いものも多いですよね。でも、妊娠線クリームの保湿力は市販品とは比べものにならないんです!

★妊娠線クリームとボディクリームの違い

妊娠線クリーム ボディクリーム
  • 保湿力が高い
  • 肌の奥まで浸透しやすい
  • 刺激が少ないものが多い
  • 赤ちゃんも使えるものもある
  • 肌の表面を整える
  • 香りがあるものが多い
  • 保存料などが添加されている
  • 赤ちゃんにはおすすめできない

妊娠線は皮下組織や真皮といった、皮膚表面よりも内側で起こるもの。なので、より浸透力がよく真皮層にしっかりとアプローチできる妊娠線クリームを使うのが理想。

せっかく早くから妊娠線ケアをしていても、保湿力が低いものを使うと妊娠線ができるリスクは高まります。肌の表面を整えて滑らかしながら保湿するのがボディクリーム、真皮層を保湿して肌を柔らかく伸びやすくするのが妊娠線クリームと覚えておきましょう!

産後や授乳中は市販の物でも代用可能

妊娠中はより浸透力や保湿力、保護力の高い妊娠線クリームを使っている人が多いですが、産後は市販のものを使うという人も多いんですよ。産後も引き続きスキンケアをすることが好ましいですが、コスト面を考えると妊娠線クリームを使い続けるのが難しいこともありますよね。

妊娠中に使っている専用クリームがなくなったら市販品にシフトするのもおすすめです。でも、産後も肌は敏感になりがち。肌荒れなどが気になる場合は妊娠中のものを続けて使うと安心ですよ♪

私も産後は使っていた妊娠線クリームがなくなったら、市販のボディクリームに戻しました♪産後はにおいも全く気にならなくなるので、好きな香りのものを選ぶのもいいかもしれませんね。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線クリームをどのように選べばいいかわからないという人は、次の3つの項目から選んでみてはいかがでしょう。

  • 価格
  • 成分
  • オーガニック

続けやすい価格や肌に優しい成分など、自分が一番重視したいポイントから選ぶのがおすすめですよ~♪

価格

一番気になることといえば価格ですよね。私も始めは人気の妊娠線クリームを使っていましたが、やっぱり高い!

妊娠線クリームは1度買えばいいというものではなく、続けて使わなければ意味がないもの。妊娠初期から産後まで使うことを考えると、最低でも3~4本は購入することに。そうなるとあまりに高すぎる価格のものは続けにくいんですよね…

かといって安すぎるものは本当に効果が期待できるのか不安…という気持ちもあって当然!続けやすい価格帯で自分にとって使用感のいいものを選ぶのがおすすめです。

成分

妊娠線クリームはメーカーによって配合されている成分が違います。妊娠線予防には高保湿であることが必須!なのでできるだけ保湿成分がたっぷり入っているものを選びたいですよね。

保湿成分

  • セラミド
  • アミノ酸
  • グリセリン
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン
  • コラーゲン
  • グリコール
  • プラセンタ
  • シアバター

たくさん配合されていればいいというわけではありませんが、それぞれ違った働きをしてくれるのは事実です。3~5種類程度の保湿成分が配合されているものがおすすめですよ♪

オイルが配合されているものは、保湿力も保護力も高め!特に植物性のオイルが肌に優しいのでチェックしてほしいポイントです。保湿成分のほかにオイルが配合されているものを選ぶのもいいかもしれませんね。

オーガニック

オーガニックのものってやっぱり安心感があるんですよね。特に肌に直接触れるものは、オーガニックのほうが優しそう!

妊娠線クリームも天然由来の成分を使ったオーガニック系の商品は、敏感肌になりがちな妊婦さんに高い支持を得ています。刺激が少なく香りも優しいので、使い心地がいいものが多いんですよね~

注意してもらいたいのは、『オーガニック=無添加』ではないということ。自然の恵みを活かしたものがオーガニックといわれていますが、成分はオーガニックでも保存料や香料を添加しているアイテムはたくさんあるんですよ。

オーガニックと記載されていても、原料の項目をきちんとチェックしてくださいね♪

妊娠線クリームは自分に合ったものを選ぼう

妊娠中は自分では想像できないような体と心の変化があります。妊娠線もそのひとつ。でも妊娠線はケア次第でできにくくすることも可能!

自分に合った妊娠線クリームやオイルを使って、リラックスしながらお手入れしてみてくださいね。少しずつ大きくなるお腹を優しくマッサージしながら過ごすひと時は、とっても幸せな時間になるはずですよ♪

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊婦の体ケア
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.