つわり

【妻のつわりを理解しサポートしたい!】夫がやるべきこと、やってはいけないNG行動とは?

更新日:

多くの妊婦さんが経験する「つわり」。「奥さんがつわりで苦しんでいるけれど、自分にできることはないだろうか…」と考える優しいパパもいるのではないでしょうか?

そこで今回はママのつわりを理解し、パパはどのようなサポートができるかを一緒に考えていきましょう★パパにつわりを理解してもらって支えてほしいというママも「旦那さんに何をしてほしいか」を考えるための参考にしてくださいね♡

つわりって何?どのくらい辛いの?

妊娠中につわりがあることは知っていても「つわりとはそもそも何なのか」「どんな症状が出るのか」「どのくらい辛いのか」といったことは知らないという人も多いでしょう。

つわりで苦しむ奥さんをよりスムーズ&スマートにサポートするためにも、まずはつわりの基本からおさえていきましょう!

つわりが起こる原因

これまで世界中で多くの妊婦さんが経験したはずのつわり。実は今に至るまで医学的にはっきりとした原因はわかっていません。びっくりですよね!

私も初めての妊娠でつわりを経験したときに「この辛さの原因は何なんだ!」と思って調べたのですが、その結果に愕然としたことを覚えています(;^_^A

ただ、つわりが起こる原因として「自律神経バランスの変化」「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンの影響」といった説が有力視されています。

特に自律神経の乱れはストレスによっても引き起こされるといわれています。パパは余計なストレスをママに与えないように注意する必要がありそうですね★

つわりの症状

つわりの症状にはさまざまな種類があり、症状の出方も人によってさまざま。症状の重さも違いますし、複数の症状が同時に出る場合があることも知っておきましょう。

主なつわりの種類とその症状には次のようなものがあります。

つわりの種類 主な症状
吐きづわり
  • 吐き気・嘔吐(おうと)
  • 嘔吐の回数が多いと脱水を起こすおそれがある
  • 重症の場合は入院するケースも
食べづわり 空腹を感じると気持ち悪くなる
眠気づわり 夜に眠れていないわけではないのに常に眠い
よだれづわり いつもより唾液の量が多くなる

これらのほかにも、食べ物の好みの変化や頭痛、情緒不安定などもつわりに含まれます。

つわり中のママの気持ちは本当に人それぞれですが、つわり中のママが考えていることの代表例をご紹介します。奥さんが同じように考えているかは別の話ですが、ママの気持ちを考えるための参考にしてくださいね♡

  • 「何を食べても吐いちゃう。赤ちゃんの栄養は大丈夫かな?
  • 「いつ嘔吐するかわからないから外出も難しいな…。」
  • 「いつまでこの吐き気が続くんだろう?先が見えなくて不安
  • 「食べてないと辛いけど体重が増えていくのも困る
  • 「仕事中は食べ物をつまみにくいからしんどいな…」
  • 「眠気がすごくて本当にしんどいんだけど、サボっているように思われそうだなぁ」
  • 「よだれを止めたいのに無意識に出るから無理!どうしたらいいのかな…?」

つわりの種類が何であれ、いずれの症状も辛いことに変わりありません。ママが感じている辛さを理解して寄り添ってあげてくださいね♡

つわりがうつることはある?

つわりは細菌やウイルスによる感染症じゃないので、風邪やインフルエンザのようなうつり方はしません。でも、つわり中の妊婦さんと同じような症状が旦那さんにも出ることがあります。これを「クーヴァード症候群」といいます。

パパにつわりのような症状が出る原因は医学的には明らかになっていません。でも、「つわり中の奥さんのことを心配するあまり同じ症状が出る」という説や「パパになるプレッシャーや不安」といった説が有力だそうです。

有力視されている説から考えると、つわりのような症状が出ているパパは奥さん思いの優しい人やパパになる心の準備を始めている人といえるかもしれませんね。1人で抱え込まず、夫婦で話し合ったりリフレッシュしたりして、前向きな気持ちになる機会を作ることが大事ですよ♡

つわりの時期

つわりの時期は人によって違います。妊娠初期から妊娠15週ごろまでに表れる人が多いのですが、必ずしもこの時期につわりがあるとは言い切れません。

なかにはお腹が大きくなってきた妊娠後期ごろにつわりが起こる人もいますし、妊娠期間中はずっとつわりに苦しんだという人もいます。

奥さんのつわりが一般的な時期とは違う時期に表れている場合でも「本当につわりなの?」「○○さんはもうつわりが終わったみたいだよ」などといった言動はNGです!

つわりの時期にも個人差があることをしっかり覚えておきましょう。

つわりの間、夫がやるべき行動

多くの妊婦さんが辛いと感じるつわり。辛いときには優しくされたいですよね。そこで奥さんが頼りにしたいのは…そう、旦那さんです♡つわりの間は特に奥さんのことをサポートしてあげてくださいね★

では、奥さんがつわりの間、旦那さんにはどのようなことができるのでしょうか。夫としてやるべきことを3つご紹介します!

1,食事の準備や家事全般

つわり中はママも思ったように体を動かせません。また「ご飯の炊ける匂いで気持ち悪くなる」「少しでも動くと吐いてしまう」というママも多くいます。

このようにつわり中のママは家事をするのも一苦労。そんなときに旦那さんが食事の準備をしてくれたり洗濯物を干してくれたりすると本当に助かるんです!

妊娠中から産後しばらくは旦那さんの家事のサポートが大切ですが、特につわり中は妊娠による急激な体調変化でママ自身も戸惑っているため積極的に家事を手伝ってください♡

「自分も仕事があるから大変…」という人は、買い物はネットスーパーを利用したり、ご実家(特に奥さんのご両親)の力を借りたりするのもよい方法ですね★

経済的にOKであればロボット掃除機や食洗器を導入したりと、家事を効率化することを検討してみてはいかがでしょうか?ママは産後しばらくはなかなか家事に手が回りません。これを機に家事の内容を見直してもよいですね♡

2,積極的に思いやりのある言葉をかける

つわりはママの力ではどうすることもできません。つわりの症状で苦しんでいるママにはぜひ積極的に優しい言葉をかけてくださいね♡

パパがいくらママのことを心配していても、言葉に出さなければママには伝わりません。「しんどいときは休んでね」「辛そうだね、大丈夫?」というシンプルな言葉でも大丈夫。

思いやりの気持ちを言葉で表すことで、ママも安心できますし、精神的なストレスも和らぐでしょう。さらに旦那さんが積極的に家事をおこなったり、つわり中のママでも食べられる物を買ってきたりといった行動がともなえば完璧です!

多くの女性は妊娠中にしてもらったうれしいことを忘れません。妊娠中だけでなくこれからの生活にもプラスにはたらきますので、思いやりのある言動を心がけてくださいね♡

3,サポート内容を妻に直接尋ねる

家事全般の手伝いや思いやりのある言動はぜひ心がけてもらいたいポイントですが、つわり中にしてほしいことは人によって違います。

一概にコレとはいえませんので、サポートしてほしい内容を奥さんに直接尋ねてみるのもよいでしょう。「それくらい察してよ!」と言われてしまうかもしれませんが、ここはグッと我慢してくださいm(__)m

ママはつわりで体調が悪い上に、妊娠によるホルモンバランスの乱れによって感情的になりやすくなっているため、言い方に気を配れないときもあります。

「つわりで体調が悪いのはわかっていること」「色々と考えてみたけど、もしかしたらほかにもサポートできることがあるのでは?と思っていること」「しっかり休んでもらうために自分ができることを教えてほしいこと」などを真剣に伝えれば、奥さんもきっと優しく教えてくれるでしょう♡

つわりの間、注意すべき夫のNG行動

つわりのときに旦那さんがしたほうがよい行動についてご紹介しましたが、ここからはつわり中は特に避けるべき行動について見ていきましょう。

先ほど「多くの女性は妊娠中にしてもらったうれしいことを忘れません」とお伝えしましたが、同時に「嫌だったこと」も忘れません

つわり中に旦那さんにされると嫌な行動についてきちんと把握し、意識しておくことが大切ですよ!

×匂いがある物を使う・食べる

つわり中は匂いに敏感になりがち。「ご飯の炊ける匂いで吐いてしまう」という人もいれば「旦那さんの匂いが大好きだったのに、つわり中はどうしてもダメだった…」という人もいます。

どのような匂いがダメになるかは個人差がありますし、ママ本人も嗅いでみるまでわからないことも多くあります。使う物や食べる物をすべて匂いがないものにするのは難しいですが、匂いが強いものはできるだけ避けるようにしましょう★

またスーパーマーケットや電車内などに奥さんが苦手な匂いがある場合も。旦那さんが代わりにできる買い物や用事であれば、進んでお手伝いするように心がけるとよいですね♡

×サポートどころか家事を増やす

「脱いだ服を裏返したままその辺に置く」「自分が飲んだペットボトルを洗わずシンクに放置する」心あたり、ありませんか?(笑)

これらは自分の身の回りの世話であり、家事にも該当しません。ママはつわりで大変な思いをしています。パパも立派な1人の大人ですので、自分でできることは自分でするようにしてください。

また「食事の支度はするけれど片付けはしない」ということも地味にストレスがたまります。食事の準備をしてくれるのは本当に助かるのですが、シンクに積まれた洗い物をするのはママ……ということになると、ママは家事を増やされた気になることがあります。

食事の準備をする際は、せめて調理器具までは洗って片づけるようにするとよいでしょう★

「自分のことは自分で」を意識し、家事を手伝うときも新たな家事を生み出さないよう気を付けてくださいね!

×妻を差し置いて自分だけ休日を楽しむ

つわり中のママは自分の体調と相談しながらの行動になるため、外出したり趣味を楽しんだりすることが難しくなっています。特に常に横になっていたいほどつわりがひどいママは、妊娠前のような休日の過ごし方ができずストレスをためているかもしれません。

そんなときにパパだけが休日を楽しんできたら…?ママもあまりいい気はしないでしょう。

1ヶ月に1回くらいの飲み会や趣味の集まりなど、頻度がそれほど高くなければあまり気にならないというママもいるかもしれません。

だけど、毎週末につわり中のママを置いて出かけたり趣味のことをするために自室にこもったりといったことを繰り返せば、ママに「自分ばっかり楽しんで……」と思われてしまうでしょう。

休日こそママはパパに寄り添ってほしいもの。休日は2人が楽しめるものをママの体調をみながら一緒にできるとよいですね♡

【体験談】つわり中に妻が夫に感じたこと

つわり中に旦那さんがやるべきことやNG行動についてお伝えしてきました。ここでは私が実際につわり中のママが「うれしかった」「やめてほしかった」と感じた旦那さんの行動についてご紹介します★参考になればうれしいです!

旦那の優しい行動

私の場合、上の子のときのつわりがとてもひどく、会社でも30分おきにトイレに行って嘔吐するといった激しい吐きづわりに苦しみました。特に朝目が覚めた瞬間に襲ってくる吐き気と吐くものがなくなっても吐き気が止まらない恐怖で、眠るのが怖かったと記憶しています。

夫はそんな私の様子を見て「大切な子どもをしっかりと育ててくれてありがとう」「今日は何が食べれそうかな?僕が買ってくるよ」など、いたわりの言葉や毎日変わる食べ物の好みも考慮した家事をしてくれました。

買ってきてくれたものが結局食べられなくても文句の1つも言わずにいてくれて、本当にありがたかったのを今でも覚えています。

旦那にやめてほしかった行動

こちらも私の体験談ですが、つわり中に夫にやめてほしかったこともあります。それは「つわりの状況を自分の実家(夫の両親)に伝えること」です。

私たち夫婦と夫の両親は今でも良好な関係をキープしていますが、さすがに「しんどくてご飯が作れないみたい」など、つわりの状況が逐一伝わるのはあまりいい気がしませんでした。

夫としては「それくらいしんどいんだから今はそっちに行けないよ」などということを暗に示したかったのかもしれません。ですが、夫の両親(特に夫の父)は「しんどいときでも家事は妻がすべき!」という価値観をもっている人なので次に会ったときに何を言われるかヒヤヒヤしていました(;^_^A

つわりの状況はプライベートな情報です。アドバイスを求めるときはよいかもしれませんが、特に奥さんが気を遣うような相手には奥さんの許可を得てから話すことをおすすめします!

つわりの妻にイライラしてしまったら

つわり中のママに対していろいろとサポートをしようとしているのに、心ないと感じることを言われたり八つ当たりされたりなど、奥さんにイライラしてしまうこともあるかもしれません。

つわり中のママは妊娠後の急激な体調変化に心が追いつかず、情緒不安定になりがちです。ときには心にもないことを言ってしまったり、旦那さんに気を遣えないこともあるでしょう。

つわり中のママにイライラしてしまったときは「そんな態度をとってしまうくらい追い込まれた状況にあるんだな」と発想を転換してください。また「ママが辛いことはきちんと理解しているから、安心して辛い気持ちをぶつけてもらっても大丈夫だよ」とママに伝えてあげましょう。

旦那さんの優しい言葉がけがあれば、つわり中の奥さんのストレスも軽減されます。奥さんの心に寄り添い、奥さんの不安な気持ちや辛い思いを共有することが大切です。

息抜きもしつつ、長期に渡ってサポートしましょう

つわりは2、3日で終わるものではありません。ママが辛いつわりを長期間耐えるためにもパパのサポートは必要不可欠です。

つわり中は、ママはもちろんサポートをするパパもストレスがたまりやすい状態になっています。パパも息抜きをはさみつつ、安定的にサポートし続けられるように心がけましょう♡

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-つわり
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.