つわり

つわりの原因は何?原因を知ってつわり対策を万全にしよう!

更新日:

妊娠したことは喜ばしいことですが、つわりは辛いですよね。

ほとんどの人が通る道とはいえ、症状はできるだけ軽いに越したことはありません。つわりの症状や原因、対策を理解して辛い時期を乗り越えましょう。

つわりはどんな状態のことをいうの?

つわりとは、妊娠した際に起こる不快症状の総称です。だいたい妊娠第5週から6週ごろから始まり、12週から16週ごろに終わるとされており、この期間最も多く見られる症状は吐き気や嘔吐、食欲不振などの胃腸症状です。「吐きつわり」と呼ばれるもので、つわりの中では最も苦しいものと言えます。

つわりにはいろいろある

【食べつわり】

食べていないと具合が悪くなってしまう「食べつわり」もあります。空腹が吐き気の引き金になる場合があるので空腹を感じないようにするのが乗り切るコツです。

【眠りつわり】

とにかく眠くなってしまう「眠りつわり」もよくあるつわりの一つです。一見楽そうに見えるかもしれませんが、何をしていても眠く、作業が全く進まないのは困りますね。

【よだれつわり】

よだれが止まらない、というつわりもあります。よだれが多く飲み込めないなどの症状があると服などを濡らしてしまったり、よだれの刺激で唇が荒れてしまったりするのです。

【匂いつわり】

特定の匂いをかぐと、具合が悪くなることもあります。妊娠中特に嫌になる代表的な匂いが「お米が炊ける時に出る匂い」です。またたばこ、お酒、香料、お風呂やトイレの匂いが苦手になる場合もあるでしょう。

お部屋にあるわずかな匂いで具合が悪くなってしまうと生活に支障が出てしまいます。苦手な匂いはとにかくかがないようにする事が大切です。

精神的に不安定になる人も

イライラするなど、精神的に不安定になってしまう場合もあるでしょう。反対に何も起こらない人もいます。つわりが辛い人からみるとうらやましく感じるかもしれませんね。

私の場合妊娠6週ごろから始まりました。吐き気や食欲不振があり、寝たきりとなったのです。切迫流産との診断も受けていたので不安も多かったのですがつわりは15週ぐらいに終わり、無事出産できました!

妊娠初期は最も辛い時期かもしれませんが、「つわりが辛い」ということは「赤ちゃんが元気である証拠」とも言われていますので赤ちゃんに会える日を楽しみに頑張りましょう。

つわりの原因についての研究ではまだ解明されていない

つわりに関してはまだわからないことが多く、そのメカニズムは解明されていません。しかしこうしている間にも研究は進み、謎が多かったつわりについて少しずつわかってきています。

研究で明かになっている原因は?

妊娠すると、hCGと呼ばれる妊娠ホルモンが分泌されエストロゲン値も上昇します。このようなホルモンバランスの変化が、様々な症状を引き起こしていると考えられています。

妊娠初期の頃は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン急激の増加します。これらのホルモンは胎盤の発達や子宮内膜の形成などに欠かせない物質ですが同時に気分の浮き沈みや消化不良を引き起こすホルモンでもあるのです。

生理中に具合が悪くなるということはほとんどの女性が経験するかと思いますが、妊娠した際は生理中以上にホルモンバランスが変化します。このような大きな変化のために、つわりが起こると言えるでしょう。

また吐き気をもよおすことによって妊婦の食事量を減らし、毒素に触れるリスクを軽減させるためにつわりを起こしている、という説があります。

この研究は2016年アメリカの医学雑誌「JAMAインターナル・メディシン」にて発表されました。論文では、つわりが引き起こす食事摂取量の減少によってインスリンの上昇を抑えたり、胎盤の成長を促したりする効果があるとしています。

つわりの原因は研究結果だけでは説明しきれない

またつわりの原因としてストレス、低血糖などが挙げられていますが、決定的な理由かどうかはわかっていません。

私のつわりで非常に特徴的な症状だったのが、「軟水は飲めないけど、硬水なら飲める」「豪華な食事を見ると気分が悪くなる」でした。当時軟水が飲めなかったため、スーパーで売られている輸入品の硬水ばかり飲むようにしていました。

また旅番組やグルメ番組の映像に出てくる豪華な料理や、定食のようなセットの食事も見るだけで具合が悪くなるので、いつもこんにゃくゼリーばかり食べていたのです。

このように「自分ならではの症状」も多いのがつわりなので、原因の解明は難しいかもしれませんね。

つわりの原因に遺伝が関係ある?

つわりは遺伝や体質が原因ではないか?とする説があります。

「母親が辛いつわりを経験していると、娘のつわりも辛い」や「つわりが重くなる体質がある」と言われることがありますが、実際ところはどうでしょうか?

つわりと遺伝の因果関係は証明されていない

つわりは、遺伝とは関係がないと言われています。母親のつわりがきつかったからといって娘まで辛いとは言い切れません。また「子どもが男児だとつわりがきつく、女児だと楽」という説も医学的な根拠はありません。

働いている女性は楽?出産経験も関係ない?

また「働いている女性はつわりが楽」という説もあります。これも医学的な根拠はありませんが、妊娠しながら仕事をしていると、確かに平気そうに見える場合もありますね。

しかし仕事中は辛い姿を見せないように気を張って工夫しているから、楽そうに見えてしまうだけかもしれません。

同じ女性でも、一人目と二人目ではつわりが全く違う場合もありますし、一人目よりも二人目の方が楽、ということもありません。出産経験が豊富でもつわりが重い時は重いのです。

遺伝や体質、生活環境などとつわりの重さを関連付けることは無理があると言えるでしょう。

つわりの原因をスピリチュアル的に見ると?

妊娠とは、自分の体内に新しい命を宿すということです。つわりをスピリチュアル的に見るとどのように解釈できるのでしょうか?

スピリチュアル的には魂が関係する

つわりとは、自分とは違う魂をそれを受け入れるための儀式の一つであるという解釈があります。

妊娠初期の頃の体は、まだ赤ちゃんをしっかりと受け止めきれず、異物が侵入したかのような感覚を持っているのかもしれません。

そのような状況を乗り越えるためにつわりはあるのではないか?と考えられているのです。自分と赤ちゃんの魂が賢明に調和しようとして、肉体に負担がかかっている、ということなのでしょう。

また「自分の持っている魂と赤ちゃんの魂の性質が違うほど、つわりも重くなる」という説もあります。魂の性質が違うと、それだけ調和も難しくなるため、つわりも辛いものになりがち、というように考えられているようです。

つわりの程度で赤ちゃんの性別がわかる?

一般的に「つわりが重いと女の子、軽いと男の子」といわれますが、これも科学的に証明できるものではありません。

また「重たい食事が食べたくなったら男の子」「吐きつわりなら女の子」「甘い物が食べたくなると女の子」という説もありますが、これも噂レベルのものです。

私は男の子だったのですが、安定期にはカツ丼が無性に食べたくなりました。しかし同時に甘いイチゴミルクも飲むようになりました。ちなみに普段イチゴミルクは全く飲みません!

第一「つわりが辛い」と言っても、どの程度のつわりから辛いと感じるかは個人差があります。毎日のように吐いても「大したこと無かったよ」という人もいれば、ちょっと憂鬱になっただけで「辛かった」と感じる人もいるのです。

その人のつわりの状況は、結局本人にしかわからないので、つわりの程度で性別を判断するのはマユツバものといえるのでは?

ひどいつわりを軽減する対策とは?

「つわりは赤ちゃんが元気である証拠」と言われても、あまりひどいようならなんとかしたいですよね。つわりを少しでも和らげる対策を紹介します。

血糖値を上げ、安定させる

つわりの時期は、空腹になると具合が悪くなる場合があります。食べられないのに、空腹で具合が悪くなると、どうしたらいいかわからなくなってしまいそうですが、この場合は少しづつ食べるようにしましょう

食べられるものを一口でもいいので、食べるようにします。血糖値を安定させると、吐き気などの不快症状を抑えられるでしょう。

また朝は低血糖になりやすいので朝一番に何かを口に入れるようにします。わざわざ起き上がらなくても済むようにベッドの側にちょこっとした食べ物を置いておくと良いでしょう。

つわりで苦しんだ先輩ママたちに人気があるのは、梅干し、ゼリー、氷、かき氷、炭酸水、すいか、飲むお酢などです。全体的にさっぱりしている食品冷たい食品が人気です。

ビタミンB6を摂取する

ビタミンB6を多く含む食材は胸のむかつきや吐き気などを軽減させる作用があるため、つわりが辛い場合には試す価値があります。ビタミンB6は主に果物や魚、鶏肉、ジャガイモなどに多く含まれているので、もし食べられるようなら食べてみましょう。

またビタミンB6はサプリメントでも販売されています。「何も食べられない......。」と悩んでいる場合は取り入れてみてください。

私の場合、妊娠6週頃のつわりの時はこんにゃくゼリーばかり食べていましたが、9週ぐらいになるとパンばかり食べていました。つわりの最中は、いつも同じものを食べていれば大丈夫、ということでもないようです。

つわりを乗り切るには、以下のことを心がけてみるとよいでしょう。

・栄養バランスは気にせず、食べられそうなものを見つけておく

・時期によって食べられるものが変わるので、柔軟に対応できるようにしておく

・そして「つわりはいつか終わるのだ」と割り切る

またあまり深く考えないことも大切なことです。少し吐き気がする程度なら、気にしないようにするのも意外と効果的です。

休みをしっかり取るようにする

疲れやストレスがつわりを悪化させる可能性があるので、とにかく無理はしないことが肝要です。

つわりが辛いのは体からの「休んでサイン」かもしれません。妊娠中は体の声に素直になり、動けないときは動かないように心がけ、動けそうな時だけ動くようにしましょう。

水分補給を忘れない

嘔吐が激しい場合は脱水の危険があり、ビタミンB1やKが不足する場合もあるので、水分補給をしっかりするようにしましょう。中には水も飲めない場合もありますが、その際は氷をなめたり、炭酸水を飲んだり、経口補水液を飲んだりしましょう。

食生活だけでは解決できないようなつわりもあるので、こちらの対策も参考にしてみてくださいね。

その他のつわり対策

【匂いつわり】

最も手軽なやり方はマスクを付けることです。つわり中でも良い匂いだと感じられるアロマなどをマスクに振りかけると一層効果的でしょう。ちなみにアロマの中でも「カモミール・ラベンダー・ローズ」は妊娠初期は禁忌となっていますので注意してください。

【よだれつわり】

タオルやハンカチを常備してこまめに拭くのが基本です。あまりにもよだれが多いなら空の水筒を用意してそこに吐き出すのもいいでしょう。寝るときは枕にタオルを敷いて対応するか、洗面器を置いてよだれが出てきたらそこに吐き出すと布団を汚さずに済みます。

【ひどい眠りつわりの対処法】

仕事に支障が出てしまう場合があるのが問題ですね。眠りたいけど寝れない状況の時は、体を動かしてみたり、冷たい水を顔にかけたりするしかないようです。

眠かったら無理に起きる必要はなく、寝れるなら眠りましょう。しかし日中寝てばかりだと夜寝れなくなるなり、生活リズムも狂ってしまうのでそこだけ注意してください。

つわりの原因を知り辛い時期を乗り越えよう

つわりの症状は大きく、その原因もはっきりとわかっていません。しかし、医学的な研究やたくさんの先輩ママの経験などによって、その辛さを軽減させる方法や、乗り切り方の情報も広まっています。それらの対処法がすべてマッチする保証はありませんが、何らかの対処法が見つかるはずです。

どうしても辛くて、吐き気が止まらず体重も減少してしまうなら、ひとりで悩まずに医師に相談してくださいね。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-つわり
-, , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.