妊娠1ヶ月 妊娠初期・超初期 妊婦の体ケア 妊活

なぜ妊婦は葉酸を取るのか?食べ物と葉酸サプリどちらがおすすめ?

更新日:

妊娠を意識したとたん、耳にすることが増えるキーワード【葉酸】

実はあんまりよくわからない葉酸ビギナーのあなた。知ってはいるけど選びきれないあなたへ。

葉酸て何?どうして必要?

そんな今さら聞けない基礎知識や葉酸を摂らなかった時のリスクなど、あなたの知りたい葉酸の全てについて、分かりやすくそして詳しく説明していきます。

葉酸を多く含む食べ物や手軽で安心なサプリ選びのポイントも知っておくと安心ですね。

葉酸を知って妊活期、プレママ期&育児中を安心して過ごしましょう。

葉酸とは

【葉酸】と言葉にすると何か特別な栄養素のような気がしませんか?でもそんなことはなく、葉酸は私たちにもなじみのある【ビタミンB群】の仲間なんです。

【葉酸】という名前はモロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜に多く含まれること、ほうれん草から発見されたことに由来しています。

葉酸の効能は主に3つです。

  1. 新しく細胞を作るDNAに働きかけ、体の成長をサポートする
  2. 赤血球を作り出す手助けをする
  3. 動脈硬化や心筋梗塞になるリスクを下げる効果が期待される

妊活中やプレママ期や出産後、そして働き盛りのパパにも必要な栄養素だと言えるのではないでしょうか。

妊婦が葉酸を取る理由

葉酸の効果が分かったところで、なぜ妊娠すると葉酸が必要だと言われるのでしょうか?分かりやすく解説していきます。

まずはどれくらい葉酸を摂ればいいのでしょうか。

通常時:200㎍

妊活中:400㎍

妊娠中:440㎍

授乳中:300㎍

正直、200㎍と言われてもピンとこないですよね。

200㎍の葉酸を摂取するためには、生のほうれん草1束(約200g)が必要です。約200gのほうれん草の中には420㎍の葉酸が含まれていますが、胃酸や加熱の影響で体に入る時は1/2に減っているからです。

しかも葉酸は水溶性ビタミンのため、一度に多く摂り過ぎても排泄されてしまいます。だから1度にたくさん摂るのではなく、毎日コンスタントに摂取する必要があります。

その上、妊娠中は通常時の2倍以上も必要な葉酸。そして、妊娠中だけでなく授乳中も通常時より多くの葉酸が体に必要なこともお忘れなく。

妊娠中や授乳中に多くの葉酸を必要とするのには、ちゃんと理由があります。それは葉酸の主な働きに深く関係しています。

妊娠中、特に妊娠初期は赤ちゃんの体の細胞分裂がとても活発に行われる時期です。「新しく細胞を作るDNAに働きかけ、体の成長をサポートする」という葉酸の働きが、赤ちゃんの成長に大きく関わっています。

そのほかにも妊娠中はママと赤ちゃん2人分の血を体の中で作り出すため、ママは貧血に陥りがちです。この時にも葉酸のパワーは発揮されます。

葉酸の「赤血球を作り出す手助けをする」という働きが、妊娠中のママや赤ちゃんの貧血を防ぐお手伝いをしてくれます。

ママにも赤ちゃんにも嬉しい効果ばかりですね。ママのためにも大切な赤ちゃんのためにも葉酸は積極的に摂っていきたいですね。

妊娠前から葉酸を取ったほうがいいってホント?

妊娠中や授乳中に葉酸がとっても効果的!ということは分かりましたが、妊娠が分かる前から摂取したほうがいい理由を知っていますか?

厚生労働省からも「葉酸は妊娠1か月から3か月前ほどから摂取する事が望ましい」と発表されています。

つまり妊娠を希望したその時から葉酸は積極的に摂取したほうが良いようです。

妊娠前から葉酸を摂取したほうが良い理由は、「赤ちゃんの二分脊椎症を含む神経管閉鎖障害」を高い確率で予防することができると分かったからなんです。

「二分脊椎症を含む神経管閉鎖障害」とは後遺症を伴う赤ちゃんの先天性の奇形のことです。

この神経管が作られるのは妊娠週数6週頃。だからそれまでにしっかりと葉酸を摂って、赤ちゃんへのリスクに備えることが大切になってくるんですね。

二分脊椎症って何?

【二分脊椎症の症状や特徴】

  • 背骨の一部が開き、脊椎が外に出て損傷する
  • 他の組織と癒着する
  • 足の麻痺
  • 尿意が感じられない

症状の程度に個人差はありますが、できることならかわいいわが子には健康で生まれていてほしいと思うのが親心。

この「二分脊椎症を含む神経管閉鎖障害」を高い確率で予防できるなら、全ての妊娠を望む方に葉酸を摂取してほしいと思うのはわたしだけじゃないはずです。

葉酸がつわりに効くってホント?

妊娠で最初の難関、それは「つわり」でしょう。

つわりには個人差があります。ひどい人は何か対策がないか探しているのではないでしょうか。そのつわりに【葉酸】が効果的と感じている妊婦さんは少なくないようです。

実際のところ、葉酸がつわりに効果があるという科学的根拠はありません。

でも、 葉酸を摂ることで有害物質が軽減し、つわりが軽くなる方もいるようです。効果の出る方は2週間から3週間くらいで吐き気が軽減したという研究結果も。

つわりのあるなしにかかわらず摂ってほしい葉酸ですが、つわりにある方には少し希望の光が見える研究結果かもしれませんね。

つわりの原因として考えられるもの

  • 妊娠中のホルモンの働きによって消化管の動きが鈍くなる
  • 亜鉛不足で味覚や嗅覚が鋭くなる 
  • 妊娠中のホルモンの働きで平衡感覚をつかさどる器官が変化し、車酔いのような状態になる
  • 血糖が急激に変化しやすく、低血糖で気持ち悪くなりやすくなる
  • ビタミン不足

そのほかにも精神的、社会的、遺伝的な要因も考えられます。たくさんの原因が考えられるとは言え、まだまだ詳しいメカニズムは分かっていないつわり。

自分のつわりはどのパターンなのかが分かると対処しやすいかもしれませんね。

葉酸が多い食べ物は?

葉酸のことが分かったところで、どんな食材に多く含まれているのかも大切です。葉酸を多く含む食品100gあたりにどれくらい含まれているのかも調べていきましょう。

【野菜】

  • モロヘイヤ:250㎍(ゆでた場合67㎍)
  • パセリ:220㎍
  • ほうれん草:210㎍(ゆでた場合110㎍)

【果物】

  • ライチ:100㎍
  • いちご:90㎍

【魚介類】

  • うなぎの肝:380㎍
  • たたみいわし:300㎍

【肉類】

  • 鶏レバー:1,300㎍
  • 牛レバー:1,000㎍

【豆類、豆製品】

  • きな粉:250㎍
  • 納豆:130㎍

このように葉酸はさまざまな食品に含まれています。身近なもの、そうでないものとありますが、調理する時、食べる時に注意が必要なものも。

野菜はゆでると栄養素が激減するので、調理方法に気をつけることが大切ですね。

食品の中では葉酸がダントツに多く含まれるレバー類にも注意が必要です。それはレバー類に含まれるビタミンAの存在です。ビタミンAの摂り過ぎは赤ちゃんの奇形のリスクを高めると言われています。

何か1つの食品だけで葉酸を補うことよりも、バランスの良い食生活を送ることが大切です。

葉酸の摂取を妨げるもの

バランスの良い食生活を心がけて葉酸たっぷりの食材を選んでいたとしても、コレに気をつけないと意味がない!?葉酸が体に吸収されるのを邪魔する食材や生活習慣があるんです。

アルコール

アルコールは葉酸の吸収を阻害し、排せつを促すことが分かっています。お酒が大好きな方の断酒はキツイものがありますが、ここはグッと我慢のしどころかもしれませんね。

タバコ

タバコを吸っている人は、そうでない人に比べて葉酸不足の方が多いと指摘されています。しかし、それの原因がタバコなのか、もとから葉酸摂取量が少ないからなのかは分かっていないようです。

でも、アルコールと同じで妊娠中は控えたい喫煙習慣。妊婦の喫煙習慣は、早産や前期胎盤剥離など妊婦だけでなく大切な赤ちゃんまで命の危険にさらす可能性があります。十分注意する必要がありますね。

緑茶やコーヒー

毎日の水分補給やほっと一息リラックスタイムに、緑茶やコーヒーを楽しんでいる方も多いと思います。でも葉酸のことを考えるなら、これらは少し控えるようにしましょう。

コーヒーにはカフェインが多く含まれます。このカフェインの利尿作用で水分と水溶性ビタミンB類の葉酸は体外排出されやすくなります。

また、緑茶に含まれるカテキンは葉酸の吸収を阻害する原因になることも分かっています。

妊活中から水分補給はノンカフェインの麦茶やルイボスティー、リラックスタイムはハーブティーなどに変えて、カフェインはなるべく減らすほうが良いかもしれませんね。

タンニン

妊娠中、そして葉酸をしっかりしっかり摂りたい方は、カフェイン以外にも気をつけたい成分があります。

それはタンニン。

タンニンとは、ポリフェノールの1種でコーヒーやワインなどの渋み成分に多く含まれています。タンニンは葉酸の吸収や働きを阻害すると言われているので、こちらも控えたほうが無難でしょう。

葉酸が不足することで起こるリスク

葉酸が不足すると貧血になりやすかったり、赤ちゃんの奇形のリスクが高まったり…。それ以外にも葉酸が足りないことで考えられるリスクは存在するんです。

  • 動脈硬化のリスクが高まる

葉酸は動脈硬化の原因となるホモシステイン値を下げる働きがあります。このホモシステインという物質は、血中で過剰に作られると危険と言われています。

動脈硬化だけでなく死亡率も高まるという研究結果も出ているほどです。

  • 骨折、骨粗しょう症のリスクが高まる

ホモシステイン値は高くなると骨粗しょう症のリスクも高まることが知られています。

そして、さらにこのホモシステイン値の血中濃度が高いと、骨量が十分でも骨折しやすいということも分かっているんです。

  • うつのリスクが高まる

うつ病の4人に1人が葉酸不足だといわれていて、うつ治療にも葉酸が使われることがあるようです。

抗うつ剤と葉酸を一緒に摂取すると、うつスコアの低下が大きかったという結果もでているほどです。

不足するとさまざまなリスクを高めてしまう葉酸。妊活中やマタニティー期、産後以外、そして男性にも葉酸が必要だと感じますね。

葉酸サプリのメリット・デメリット

妊娠中の食生活で大切にするポイントは安心や安全。葉酸だってなるべくなら食事でとりたいですよね。でも、実際のところ食事だけでしっかりと葉酸を補うのは難しそうです。

葉酸をサプリメントで補うメリットとデメリットも考えていきましょう。

メリット

  • 推奨量を手軽に補える
  • 食品よりも吸収率が高く効率的に体に作用する
  • つわりで食べられない時も葉酸を摂ることができる
  • サプリによってはそのほかの美容成分も摂ることができる

手軽なだけでなく、必要な栄養を必要な分だけ摂れることがサプリメントの1番のメリットでしょう。

デメリット

  • 飲み忘れ
  • 飲みすぎ
  • そのほかの食事がおろそかになる
  • 添加物

葉酸に限らず、サプリメントは食事のサポートとして使用するものです。サプリメントだけで安心したり、自己判断で多量に飲むこともおすすめしません。

葉酸はあまりにもたくさんの量を長期に摂取し続けると、赤ちゃんの喘息のリスクが高まるといわれています。

葉酸をサプリメントで摂る場合は上限が決められていて、1日1,000㎍以上摂取すると様々なリスクが高まるとされています。

手軽だから、体に必要だからと過剰に摂取するのはやめておいてくださいね。

葉酸サプリで簡単自己管理

メリットは大きく、デメリットは手軽さゆえのものばかり、となれば葉酸サプリを活用しない手はありません。

私も3人の子供を子育て中の現在、妊娠中はつわりで、産後は自分のことは後回しで自分に気づかう暇もなしだなと切実に感じます。

そんな時にサプリメントは手軽に自己管理ができる強い味方だと思います。今、葉酸サプリはさまざまなものがあります。

葉酸だけでなくさまざまな美容成分がふくまれているものも。人気の高い葉酸サプリを比較していきましょう。

ベルタ葉酸サプリ

特徴
  • 体内に長くとどまる酵母葉酸100% 
  • 不足しやすい栄養素をバランスよく配合
  • 美容成分配合
  • リピート率85%
  • 専任のカスタマーサポートがある
価格
  • 1回購入 5,980円 
  • 定期継続購入(6回継続購入) 初回1,980円、2回目から3980円
容量 120粒(1日4粒、30日分)
葉酸含有量 400㎍
その他栄養素 ビタミン13種・ミネラル14種・アミノ酸20種・鉄分・野菜25種・ツバメの巣・コラーゲン・ヒアルロン酸・黒酢もろみ・珊瑚カルシウム
安全性 無添加製造チェックあり

ベルタ葉酸サプリの大きな特徴は、葉酸に加え美容成分が配合されていること。マタニティー期にもきれいでいたいママたちに選ばれているようですね。

はぐくみ葉酸サプリ

特徴
  • レモンから搾った葉酸(酵母葉酸も含む)
  • 定期回数の縛りなし
  • 葉酸、そのほか成分も自然由来
  • 10日間の返金保証
  • 管理栄養士サポート
価格
  • 通常価格 6,980円
  • 初回価格 1,980円 2回目以降 3,980円
容量 90粒(1日3粒、30日分)
葉酸含有量 500㎍
その他栄養素 鉄・カルシウム・ビタミンB・ビタミンCなどのビタミンミネラル20種
安全性 品質管理&安全性試験実施

はぐくみ葉酸サプリの特徴は天然成分、自然由来の原材料。割引率の高い定期購入にしても、回数の縛りがないので気軽に始められますね。

美的ヌーボプレミアム

特徴
  • 無添加
  • 天然素材100%
  • ビタミンミネラルをバランスよく配合
  • 個包装で持ち運びやすい
価格
  • 毎月お届け基本コース(6か月継続利用)初回 2,980円 2回目以降6,912円
  • 毎月お届けライトコース(3か月継続利用)7,344円
  • 毎月お届けフリーコース(いつでも解約可能)7,776円
  • お試し5日間 980円
容量 30包(1日1包、30日)
葉酸含有量 400㎍
その他栄養素 ビタミンミネラル27種・DHA・EPA
安全性
  • 放射能セシウム検査を実施済み
  • GMP基準認証工場での製造
  • 個包装なので粒を触らず衛生的

美的ヌーボプレミアムの特徴は無添加&天然素材で、その上、個包装されていることです。妊娠中におすすめのⅮHAやEPAが含まれているのも見逃せませんね。

ララリパブリック

特徴
  • 香りを抑えた製法
  • 美容成分配合
  • 各成分の加工地明記
  • 厳しい基準をクリア
  • お届けサイクルが選べる
  • 定期購入の継続縛りなし
価格
  • 単品購入 3,980円
  • 1個定期購入 2,980円
  • 3個定期購入 7,980円(1袋当たり2,660円)
容量 120粒(1日4粒、30日分)
葉酸含有量 400㎍
その他栄養素 国産野菜ミックスパウダー・鉄・カルシウム・ツバメの巣エキス・黒酢もろみ乾燥末・発酵黒たまねぎ末・乳糖果糖オリゴ糖・ザクロ果汁
安全性 残留農薬試験、放射能実験実施

ララパブリックの特徴は美容成分が配合されている割には価格が安く設定されているところですね。こちらも定期購入に回数の縛りがないので安心して始められますね。

パティ葉酸サプリ

特徴
  • 100%無添加
  • 材料にこだわりビタミンミネラルをバランスよく配合
  • 無農薬の野菜成分配合
価格
  • 単品 5,400円
  • 3個セット 13,770円(1個当たり4,590円)
  • 毎月お届けコース(4回以上継続)3,780円
容量 120粒(1日4粒、30日分)
葉酸含有量 400㎍
その他栄養素 鉄・カルシウム ・ミネラル・ケール末・野菜混合末
安全性 GMP認可工場で製造・放射能検査

パティ葉酸サプリの特徴は無添加&無農薬。薬を固めるための添加物が使われていないので、添加物に無しにこだわりたい方におすすめ。

mitete葉酸サプリ

特徴
  • 流通コストをカットしてコストパフォーマンスが高い
  • 粒が小さく匂いにも配慮し飲みやすい
  • 開発・製造・管理を一貫して行う
価格
  • 単品価格 1,800円
  • 3個セット価格 4,800円(1個当たり1,600円)
  • 6個セット価格 8,400円(1個当たり1,400円)
容量 120粒(1日4粒、30日分)
葉酸含有量 400㎍
その他栄養素 カルシウム・鉄・ビタミン8種・ミネラル4種
安全性
  • 放射性セシウムスクリーニング検査実施
  • 試験合格証を公開

mitete葉酸サプリの特徴は何といっても低価格だということ。流通コストをカットして高品質なのに低価格を実現しています。美容成分などは入っていませんが、妊娠中に必要な栄養はしっかりと入っています。

ストレスなく葉酸が摂取できる方法を選ぼう

妊活中から積極的に摂ってほしい栄養素【葉酸】。あなたの知りたい葉酸の疑問は解決できましたか?

美容成分も摂りたい!安全安心を重視したい!手軽な価格を重視したい!あなたのさまざまなニーズにこたえてくれる葉酸サプリ。

食品からだけで全部おぎなわなくっちゃ!と気負わず、サプリメントでしっかりとお手軽に摂取してください。

葉酸は妊娠に備えた体づくり、妊娠中、授乳中の栄養補給として様々な面からあなたをサポートしてくれるはずです。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-妊娠1ヶ月, 妊娠初期・超初期, 妊婦の体ケア, 妊活
-, , , , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.