葉酸サプリ

葉酸サプリはいつからいつまで摂取すべき?葉酸の必要性や必要量・選ぶポイントまでまとめてご紹介!

更新日:

妊娠した女性は、様々な場所で葉酸摂取を勧められると思います。しかし葉酸サプリは種類も多くどれを選んだら良いのか迷ってしまいますね。そもそもなぜ葉酸サプリが必要なのか、またいつまで服用すべきかなど、葉酸サプリに関する情報をまとめました!

葉酸サプリはいつからいつまで?

葉酸サプリは、妊活中から授乳期まで必要とされています。「妊娠安定期以降、葉酸は必要ない」と考えている産婦人科医もいるようですが、葉酸は全期間中にわたって大切な働きをするので授乳期間まで摂取しましょう。

しかしこの葉酸、昔はあまり聞かれなかったような......。と思っている人もいるでしょう。実際今のおばあちゃん世代の人は意識して葉酸を摂取していなかったのではないでしょうか?

昔と今では、食生活が変化し取り入れている栄養素も変わってきましたね。それに伴って妊娠や胎児の成長に必要な栄養素が欠けてしまっている場合が多々あります!それを補うのが葉酸というわけです。

また昔は、葉酸が胎児の成長にとって有益であるという科学的な根拠も無かったため、葉酸が妊娠中に必要な栄養素であることが周知されていなかった背景があります。

「私のお母さんは、私を妊娠している時葉酸摂ってなかったらしいから大丈夫でしょ?」と考えている人もいるかもしれませんが、赤ちゃんの健やかな成長を望むなら、葉酸を摂取するようにしましょう!

葉酸が必要な理由

葉酸が、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素であることは科学的にも知られており、厚生労働省でも積極的な摂取が推奨されています。葉酸について、詳しくみていきましょうね。

【そもそも葉酸とは......】

葉酸は「プテロイルモノグルタミン酸」を主な栄養素に持つ水溶性ビタミンの一種です。そのため「ビタミンM」と呼ばれることもあります。ほうれん草から発見されたのでこの名が付きました。

細胞の分裂や増殖を助ける働きがある

葉酸には、赤ちゃんの細胞分裂をサポートする働きがあります!赤ちゃんはお母さんのおなかにいる間ずっと細胞分裂を繰り返しながら成長していくのですが、その際に行われるDNA合成に関わる物質を葉酸は含んでいるのです。赤ちゃんは成長しながらたくさんの葉酸を必要としています。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの生命に関わる脳や脊髄などの器官が形成されるので、葉酸の効能は重要と言えるでしょう。

葉酸は蓄えておけない

葉酸は蓄えておけない、というのも大きな理由です。水溶性の物質であるため、摂取してもすぐに体にとどまることはなく溶け出してしまいます。そのため妊娠している間は葉酸を絶やさないようにすることが肝要です。

食べ物から必要分の葉酸を摂取するのは難しい

妊娠していない、または妊娠を望んでいない場合は、日々の食事から摂れる葉酸だけでも足りるかもしれませんが、おなかに赤ちゃんがいる場合は足りなくなってしまう可能性があります。

葉酸は様々な食品に含まれる物質で、特にほうれん草ブロッコリーレバー海藻豆類に多く含まれています。特にレバーに多いのですが、苦手な人も多そうですね。しかもこれらの食品から摂取する葉酸(天然葉酸)は全体の50%しか体内に吸収されないので、食事だけだと葉酸不足になってしまう可能性があります。

そこで登場するのが葉酸サプリ(合成葉酸)です!

サプリなら吸収率が85%にアップするので、効率よく葉酸を吸収できますよ。妊娠したらぜひ食事とサプリの両方から葉酸を摂取しましょう。

サプリなら、毎日決められた量を飲むだけなので簡単ですし、葉酸をたくさん含む食材ばかりを選んで料理をする必要もありません。また無理なく続けられる価格のサプリが多いのも魅力です。

先天異常リスクを下げることができる

葉酸は細胞分裂に関わる栄養素であることから、先天異常を防ぐ働きがあるとされています。特に神経管閉鎖障害に効果的です。

【神経管閉鎖障害】

妊娠初期に起こる神経管の形成が上手くいかなかった場合に起こる障害です。これが起こると排泄機能障害や運動障害を起こしたり、無脳症と呼ばれる形成不全に陥り流産や死産のリスクが上がったりします。

神経管閉鎖障害の中でも特に多いとされているのが「二分脊椎」と呼ばれている障害です。実はこの障害の発生率が近年増加傾向にあるために、昔よりも葉酸摂取が勧められているという背景もあります。

これらのリスクを軽減するためにも葉酸を摂取しましょうね。

貧血予防

葉酸は貧血を予防する効果もあります。妊娠中は多くの女性が貧血に悩まされるでしょう。しかし葉酸を摂取して貧血を予防すれば、快適なマタニティライフを送ることができますよ。葉酸は赤ちゃんの成長だけではなく、女性にとっても有効な物質だと言えるでしょう。

このように葉酸は、マルチな効果を持っている栄養素なので、妊娠した女性だけではなく貧血を予防したい人達の間でも多く利用されています。

葉酸サプリの時期別摂取量

実は葉酸は、妊娠時期によって摂取量が違ってきます。妊娠期間別の摂取量を見ていきましょう!

妊活中から妊娠初期

妊活中から妊娠初期までに必要な1日の量は食事から240μg、葉酸サプリから400μgです(厚生労働省推奨)。妊娠初期のころは細胞分裂が活発で、妊娠時期の中でも最も多くの量が必要とされています。

つまり葉酸が必要なのは、妊娠してすぐなのですが女性の中には妊娠に気がつかず、葉酸をほとんど摂取していない状態から妊娠生活に入ってしまうこともあります。

「妊娠するまで葉酸は摂っていなかったよ......。」と後悔しないように、妊活中から葉酸を積極的に摂りましょう。

妊娠中期から妊娠後期

妊娠中期、後期にさしかかると1日に必要な摂取量は少し減少し食事から240μg、葉酸サプリから240μgとなります。この時期は赤ちゃんは安定期に入りますが、お母さんは依然貧血などのリスクがあります。

赤ちゃんの健康はお母さんあってのものです。貧血を予防し赤ちゃんの発育を促すように心がけましょうね!

出産後授乳中

授乳中に必要な1日の葉酸は食事から240μg、葉酸サプリから100μgとされています。「出産したんだから、葉酸サプリは必要無いのでは?」と考える人もいますが、産後も葉酸は重要な役割を果たします。

まず葉酸は、お母さんの体調回復をサポートします。産後のお母さんの中には体力を消耗し、子育てどころではなくなってしまう人もいます。そんな時に葉酸を取り入れることで回復が早まるのです。

また葉酸に含まれる鉄分が血行ををよくして母乳の質をアップさせる効果もあります。母乳はたくさん出る人、少しだけ出る人など、量にも個人差があるため市販の粉ミルクを使うことも可能です。しかし母乳の方がお世話が圧倒的に楽なんですよ。

育児の負担軽減のためにも葉酸を摂取して体調を整えるようにしましょうね。

葉酸サプリの正しい選び方

2018年にゲンナイ製薬株式会社が行った葉酸に関する調査によると、妊活中、妊娠中、産後の女性のおよそ9割が「葉酸サプリの情報が多すぎて、どれが正しいのかわからない」と感じているとのことです。

厚生労働省で摂取が推奨されている葉酸サプリは、現在多くの企業が参入し種類も多く機能も多種多様となっています。葉酸だけではなく妊娠中に必要な栄養素が含まれていたり、お母さんの美容に効果があるものが含まれていたりなど、それぞれの商品に特徴があります。

必要な栄養素が入っている葉酸サプリを選ぼう

妊娠中主に必要な栄養素は以下の通りです。

  • 鉄分
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • マグネシウム

これらの栄養素は妊娠全期間を通して必要ですが妊娠初期、中期、後期では必要量が微妙に違うんですよ。なので妊娠時期別に葉酸サプリが別れているものを選ぶと良いでしょう。

葉酸サプリを選ぶ際は、本当に必要な栄養素がしっかり入っているものを選んでくださいね!

原産国が記載されているかどうか

赤ちゃんに影響を及ぼす葉酸サプリですから、やはり安心、安全なものを使いたいですよね。そんな時に重要な指標となるのが原産国表示です。日本で発売されているもののほとんどは「日本で生産されている」と表示されていますが、この表示にはちょっとした落とし穴があります。

実は生産国が日本でも、原材料最終加工国が海外だったり、生産工場が海外だったりする場合もあるのです。

メーカーによっては、原材料を加工した国や工場の場所まで公開していますので、原産国が気になる場合はこのようなメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

【国民生活センターの成分調査】

2011年ごろに、国民生活センターが葉酸サプリの成分について調査をしたことがあります。調査では様々な実験が行われましたが、注目すべきは「葉酸含有量」に関する調査でした。

日本で販売されている葉酸サプリ銘柄について、表示されている含有量と実際の含有量にどの程度違いがあるのかを調査したのです。

結果、アメリカの「ネイチャーメイド」の葉酸サプリに関して、表示では「葉酸含有量は1粒500μg」と書かれていますが、実際は「1粒267μg」だったのです。他の銘柄は「多少の誤差はあれど言及するほどのものではなかった」と報告されています。

調査は2011年のものなので、現在は変わっている可能性もありますが、このようなこともあるので、信頼できるメーカーから購入するようにしましょう。

着色料があるかどうか

葉酸サプリの安全性に関して原産国とおなじぐらい気になるのは、着色料など添加物の有無です。大抵の葉酸サプリは、着色料、保存料無添加となっています。

しかし添加物には甘味料、殺菌剤、消毒剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、乳化剤、品質保持剤、防カビ剤など多種多様に存在しています。

これらすべてを添加していないサプリを探すのは難しいかもしれませんね......。添加物は無いに超したことはないと思いますが、あまり神経質にならずに探すのも良いでしょう。

第三者機関の認定を受けているかどうか

葉酸サプリを選ぶ際は、第三者機関の認定を受けていると安心です。主な第三者機関は以下の通りです。

  • cGMP(NSF-GMP):アメリカFDAが定めた食品品質の基準
  • FSSC22000:国際的な食品安全規格
  • 健康補助食品GMP:日本健康・栄養食品協会が定めた認証規格

葉酸サプリの中には、「GMP認証を受けた国内工場で生産されました」などと記載されている場合がありますが、このような第三者機関からのお墨付があると、やはり心強いですね!

葉酸サプリはお母さんと赤ちゃんの強い味方

妊娠したい女性は葉酸を積極的に摂取することは、今や常識となっていることでもあるので、多くの女性が葉酸を利用していることでしょう。しかし葉酸サプリの種類が多すぎて、どうしても決められない場合もありますね。そんな時は一人で悩まず出産経験のある女性や医師に相談してみてください。

妊娠生活は肉体的にも精神的にも不安が多いものです。そんな時に葉酸を上手に取り入れて快適に過ごせるようになるだけでも気分がちがいますよ。

プレママ人気記事

1

赤ちゃんの先天的な障害である「二分脊椎症」は、葉酸を摂ることでリスクを大きく減らすことが分かっています。でも、「二分脊椎症」ってどんな障害なの?葉酸はいつ、どのくらいの量摂ればいいの?と不安になってし ...

2

妊活中、妊娠中の人なら『葉酸』という栄養素について耳にしたことがありませんか?『葉酸』は妊娠前から積極的に摂りたい栄養素の1つです。その働きとはどのようなものでしょうか?効率的に摂るためには、どうすれ ...

3

妊活中から妊娠中に必要な栄養といえば葉酸!葉酸を効率的に摂るために葉酸サプリが人気です。葉酸サプリはたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 これから葉酸を摂りたいと思っている人のために ...

4

生理の遅れや胸の張り、これって妊娠?妊娠の心当たりがあり、体調に変化が出ている人は早い段階で症状チェックを。妊娠の早期発覚は、健康に出産する準備を行いやすくなります。この記事では、妊娠初期症状チェック ...

5

葉酸サプリメントが必要な理由 葉酸サプリは種類がたくさんあるから、価格や葉酸以外の成分なども気になるところ。でも、一番の目的は葉酸の摂取であることを忘れないようにしましょう。 葉酸はそもそもなぜ必要な ...

-葉酸サプリ
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.